中1塾なし自学英語勉強法

  • LINEで送る

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

中1の英語勉強法

さて今回は、英語勉強法です。

珍しく、中学生向けに書いていこうと思います。

 

 

中1というと、公立の場合、Be動詞から始まり、

いまは、一般動詞のところくらいでしょうか。

 

 

I am,You are,He isくらいは終わっているでしょうか?

それの疑問文や否定文はすらすらできますか?

 

まだあんまり進んでいないこともあるかもしれません。

 

基本的には学校の英語をしっかり復習しよう!

学校の英語をしっかり復習していれば、

中1であれば、問題はないと思います。

 

毎日、その日習ったところ、

ページを復習しているでしょうか?

 

 

その際にいつも疑問文と、否定文にする練習をしておくといいですね。

 

 

 

 

 

 

公立なら英語はまだ始まったばっかり、

せいぜい2ヶ月くらいしかやったことのない科目なので、

勉強の仕方がわからないかもしれません。

 

予習の方法

まず学校の先生がやってこいと言っているであろう

予習はしっかりしているでしょうか?

 

ノートは見開きを使って、

左ページに本文を書いたり、

人によってはコピーして貼って

 

 

左側に訳を書く、

 

 

ノートの下は半分くらい空けておいて、

その課、レッスンでのポイントや、

先生の板書を書く

 

そういった宿題がだされているかと思います。

 

もちろん出されていない方や、

他の出し方、熱心な先生であれば、

プリントで穴埋め形式になっているかもしれません。

 

まずはそれをやったらいいと思いますが、

予習よりも、やってほしいものが、復習です。

復習の方法:とりあえず学校の教科書を音読しよう!

 

 

まず習ったら、その日のうちに、

問題集があれば、同じ範囲の問題をやってしまいましょう。

 

 

繰り返し解きたいと言う方はノートにやってもいいし、

書き込んでしまってもいいでしょう。

 

一通りやって、丸をつけたら、すかさず音読です。

 

 

この独学受験.jpというサイトには、

「英語の専門家といってもいいレベルの元高校生」

が東京外国語大学の合格体験記を書いてくれていますが、

 

 

そんな英語のできる高校生の中には、

同じ長文(中学生なら教科書の本文だと思って下さい)

を30回~50回読んだという方もいます。

 

 

かなり優秀な成績で合格した方なので、

中1のあなたも、余裕があれば真似してみてくださいね!

 

 

とはいっても、

 

いきなり30回も音読していると、

きっと挫折してしまうとおもうので、

 

まずは家に帰ったら3回でいいので、

毎日音読してみてください。

 

 

学校の進みによっては、

3日くらい同じ範囲を音読することになるかもしれません。

 

 

記憶の定着を考えると、

実にいいことなので、

 

もうやったからいいやではなく、

ぜひぜひ脳みその中に、

英語の回路を作るような気持ちで音読に励んでみてくださいね!

 

というわけで、

 

予習の宿題が出ているなら、まずはそれを片付ける。

毎日習った範囲は音読する

 

 

をかかさずにやってみてくださいね!

 

 

特に問題集の音読は、

何度も解くのと同じ効果があるので、

オススメです!

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

オススメの参考書や、もっとまとまった中学生の勉強法はこちら

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ