源氏物語明石の姫君の入内藤裏葉品詞分解

  • LINEで送る

御参りの儀式、 「人の目おどろくばかりのことはせじ」

と思しつつめど、 おのづから世の常のさまにぞあらぬや。

限りもなくかしづきすゑたてまつりたまひて、

上は、 「 まことにあはれにうつくし」と思ひきこえたまふにつけても、

人に譲るまじう、 「まことにかかることもあらましかば」と思す。

大臣も、宰相の君も、ただこのことひとつをなむ、

「飽かぬことかな」と、思しける。

御参り 接頭語+名詞
格助詞
儀式 名詞
「人 名詞
格助詞
名詞
おどろく カ行四段活用動詞「おどろく」連体形
ばかり 副助詞
格助詞
こと 名詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
じ」 打消推量の助動詞「じ」終止形
格助詞
思しつつめ マ行四段活用動詞「思しつつむ」已然形 尊敬語 本動詞 作者→源氏 ご遠慮なさる
接続助詞
おのづから 副詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
さま 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞(係り結び)
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
や。 間投助詞
限り 名詞
係助詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
かしづき カ行四段活用動詞「かしづく」連用形
すゑ ワ行下二段活用動詞「据う」連用形
たてまつり ラ行四段活用動詞「奉る」連用形 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 -申し上げる
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者→ ~なさる
接続助詞
名詞
係助詞
「まことに 副詞
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
うつくし」 シク活用形容詞「うつくし」終止形
格助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
きこえ ヤ行下二段活用動詞「 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 本動詞 作者→紫の上 ~なさる
格助詞
つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形
接続助詞
係助詞
名詞
格助詞
譲る ラ行四段活用動詞「譲る」終止形
まじう 打消意思の助動詞「まじ」連用形「まじく」ウ音便
「まことに 副詞
かかる 連体詞副詞「かく」+ラ行変格活用動詞「あり」連体形
こと 名詞
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
ましか 反実仮想の助動詞「まし」「未然形」
ば」 接続助詞
格助詞
思す。 サ行四段活用動詞「思す」終止形 尊敬語 本動詞 作者→紫の上 お思いになる
大臣 名詞
係助詞
宰相の君 名詞
係助詞
ただ 副詞
代名詞
格助詞
こと 名詞
ひとつ 名詞
格助詞
なむ 係助詞(係り結び)
「飽か カ行四段活用動詞「飽く」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
こと 名詞
かな」 終助詞
格助詞
思し サ行四段活用動詞「思す」 尊敬語 本動詞 作者→大臣・宰相の君 お思いになる
ける。 過去の助動詞「けり」の連体形(「なむ」結び)

三日過ごしてぞ、上はまかでさせたまふ。

たち変はりて参りたまふ夜、御対面あり。

「かくおとなびたまふけぢめになむ、

年月のほども知られはべれば、

疎々し き隔ては、残るまじくや」 と、

なつかしうのたまひて、物語などしたまふ。

三日 名詞
過ごし サ行四段活用動詞「過ごす」連用形
接続助詞
係助詞(係り結び)
名詞
係助詞
まかで ダ行下二段活用動詞「まかづ」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
たまふ。 ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
たち変はり ラ行四段活用動詞「たちかはる」連用形
接続助詞
参り ラ行四段活用動詞「参る」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→明石の宮 ~なさる
名詞
御対面 接頭語+名詞
あり。 ラ行変格活用動詞「あり」終止形
「かく 副詞
おとなび バ行上二段活用動詞「おとなぶ」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~なさる
けぢめ 名詞
格助詞
なむ 係助詞(係り結びは省略されている)
年月 名詞
格助詞
ほど 名詞
係助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
自発の助動詞「る」未然形
はべれ ラ行変格活用動詞「はべる」已然形 丁寧語 補助動詞 紫の上⇒明石の君 ございます
接続助詞
疎々しき シク活用形容詞「疎疎し」連体形
隔て 名詞
係助詞
残る ラ行四段活用動詞「残る」終止形
まじく 打消推量の助動詞「まじ」連用形
や」 係助詞(係り結びは省略されている)
格助詞
なつかしう シク活用形容詞「なつかし」連用形「なつかしく」ウ音便
のたまひ ハ行四段活用動詞「のたまふ」 尊敬語 本動詞 作者→紫の上 おっしゃる
接続助詞
物語 名詞
など 副助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
たまふ。 ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる

 

これもうちとけぬる初めなめり。

ものなどうち言ひたるけはひなど、

むべこそはと、めざましう 見たまふ。

また、いと気高う盛りなる御けしきを、

かたみにめでたしと見て、

「そこらの御中にもすぐれたる御心ざしにて、

並びなきさまに定まりたまひける も、いとことわり」

と思ひ知らるるに、

これ 代名詞
係助詞
うちとけ カ行下二段活用動詞「うちとく」連用形
ぬる 完了の助動詞「ぬ」連体形
初め 名詞
断定の助動詞「なり」連体形「なる」撥音便「なん」の「ぬ」の無表記形
めり。 推量の助動詞「めり」終止形
もの 名詞
など 副助詞
うち言ひ 接頭語+ハ行四段活用動詞「いふ」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
けはひ 名詞
など 副助詞
むべ 副詞
こそ 係助詞(係り結び)
係助詞
格助詞
めざましう シク活用形容詞「めざまし」連用形「めざましく」ウ音便
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たまふ。 ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
また 接続助詞
いと 副詞
気高う ク活用形容詞「気高し」連用形「気高く」ウ音便
盛りなる ナリ活用形容動詞「盛なり」連体形
御けしき 接頭語+名詞
格助詞
かたみに 副詞
めでたし ク活用形容詞「めでたし」終止形
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
接続助詞
「そこら 代名詞
格助詞
御中 接頭語+名詞
格助詞
係助詞
すぐれ ラ行下二段活用動詞「「すぐる」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
御心ざし 接頭語+名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続助詞
並びなき ク活用形容詞「並びなし」連体形
さま 名詞
格助詞
定まり ラ行四段活用動詞「定まる」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 明石の君→紫の上 ~なさる
ける 過去の助動詞「けり」の連体形
係助詞
いと 副詞
ことわり」 ナリ活用形容動詞「ことわりなり」語幹
格助詞
思ひ知ら ラ行四段活用動詞「思ひ知る」未然形
るる 自発の助動詞「る」連体形
接続助詞

 

「 かうまで、立ち並びきこゆる契り、

おろかなりやは」と思ふものから、

出でたまふ儀式の、いとことによそほしく、

御輦車など許されたまひて、

女御の御ありさまに異ならぬを、

思ひ 比ぶるに、さすがなる身のほどなり。

「 かう 副詞
まで 副助詞
立ち並び バ行四段活用動詞「立ち並ぶ」連用形
きこゆる ヤ行下二段活用動詞「聞こゆ」連体形 謙譲語 補助動詞 作者→紫の上 ~申し上げる
契り 名詞
おろかなり ナリ活用形容動詞「おろかなり」終止形
やは」 係助詞(反語)
格助詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
ものから 接続助詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~ なさる
儀式 名詞
格助詞
いと 副詞
ことに 副詞
よそほしく シク活用形容詞「よそほし」連用形
御輦車 接頭語+名詞
など 副助詞
許さ サ行四段活用動詞「許す」未然形
受け身の助動詞「る」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
接続助詞
女御 名詞
格助詞
御ありさま 接頭語+名詞
格助詞
異なら ナリ活用形容動詞「異なり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
格助詞
思ひ比ぶる バ行下二段活用「思ひ比ぶ」連体形
接続助詞
さすがなる ナリ活用形容動詞「さすがなり」連体形
名詞
格助詞
ほど 名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

 

いとうつくしげに、雛のやうなる御ありさまを、

夢の心地して見たてま つるにも、

涙のみとどまらぬは、一つものとぞ見えざりける。

年ごろよろづに嘆き沈み、

さまざま憂き身と思ひ屈しつる命も延べまほしう、

はればれしきにつけて、まことに住吉の神もおろかならず思ひ知らる。

いと 副詞
うつくしげに ナリ活用形容動詞「美しげなり」連用形
名詞
格助詞
やうなる 比況の助動詞「やうなり」連体形
御ありさま 接頭語+名詞
格助詞
名詞
格助詞
心地 名詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
接続助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たてまつる ラ行四段活用動詞「奉る」連体形 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
格助詞
係助詞
名詞
のみ 副助詞
とどまら ラ行四段活用動詞「とどまる」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
係助詞
一つもの 名詞
格助詞
係助詞(係り結び)
見え ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」未然形
ざり 打消の助動詞「ず」連用形
ける。 詠嘆の助動詞「けり」連体形(「ぞ」結び)
年ごろ 名詞
よろづに 副詞
嘆き沈み マ行四段活用動詞「嘆き沈む」連用形
さまざま 副詞
憂き ク活用形容詞「憂し」連体形
名詞
格助詞
思ひ屈し サ行変格活用動詞「思ひ屈す」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形
名詞
係助詞
延べ バ行下二段活用「延ぶ」未然形
まほしう 願望の助動詞「まほし連用形「まほしく」ウ音便
はればれしき シク活用形容詞「はればれし」連体形
格助詞
つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形
接続助詞
まことに 副詞
住吉の神 名詞
係助詞
おろかなら ナリ活用形容動詞「おろかなり」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
思ひ知ら ラ行四段活用動詞「思ひ知る」未然形
る。 自発の助動詞「る」終止形

思ふさまにかしづききこえて、心およばぬことはた、

をさをさなき人のらうらうじさなれば、おほかたの寄せ、

おぼえよりはじめ、なべてならぬ御ありさま容貌なるに、

宮も、若き御心地に、いと心ことに思ひきこえたまへり。

思ふさまに ナリ活用形容動詞「思ふさまなり」連用形
かしづき カ行四段活用動詞「かしづく」連用形
きこえ ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
接続助詞
名詞
およば バ行四段活用動詞「及ぶ」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
こと 名詞
はた 副詞
をさをさ 副詞
なき ク活用形容詞「なし」連体形
名詞
格助詞
らうらうじさ 名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
接続助詞
おほかた 副詞
格助詞
寄せ 名詞
おぼえ 名詞
より 格助詞
はじめ マ行下二段活用動詞「はじむ」連用形
なべて 副詞
なら 断定の助動詞「なり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
御ありさま 接頭語+名詞
容貌 名詞
なる 断定の助動詞「なり」連体形
接続助詞
名詞
係助詞
若き ク活用形容詞「若し」連体形
御心地 接頭語+名詞
格助詞
いと 副詞
心ことに ナリ活用形容動詞「心ことなり」連用形
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
きこえ きこえ 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→東宮 ~なさる
り。 完了の助動詞「り」終止形

 

挑みたまへる御方々の人などは、この母君の、

かくてさぶらひたまふを、 疵に言ひなしなどすれど、

それに消たるべくもあらず。いまめかしう、並びなきことをば、

さらにもいはず、心にくくよしある御けはひを、

はかなきことにつけても、

 

挑み マ行四段活用動詞「挑む」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→御方々 ~なさる
存続の助動詞「り」連体形
御方々 接頭語+名詞
格助詞
名詞
など 副助詞
係助詞
代名詞
格助詞
母君 名詞
格助詞
かくて 副詞
さぶらひ ハ行四段活用動詞「候ふ」連用形 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→明石の君 ~なさる
格助詞
名詞
格助詞
言ひなし サ行四段活用動詞「言ひなす」連用形
など 副助詞
すれ サ行変格活用動詞「す」已然形
接続助詞
それ 代名詞
格助詞
消た タ行四段活用動詞「消つ」未然形
受け身の助動詞「る」終止形
べく 当然の助動詞「べし」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形
いまめかしう シク活用形容詞「いまめかし」連用形「いまめしく」ウ音便
並びなき ク活用形容詞「ならびなし」連体形
こと 名詞
格助詞
係助詞
さらに 副詞
係助詞
いは ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
心にくく ク活用形容詞「心憎し」連用形
よし 名詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
御けはひ 接頭語+名詞
格助詞
はかなき ク活用形容詞「はかなし」連体形
こと 名詞
格助詞
つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形
接続助詞
係助詞

あらまほしうもてなしきこえたまへれば、

殿上人なども、めづらしき挑み所にて、

とりどりにさぶらふ人びとも、心をかけたる女房の、

用意ありさまさへ、いみじくととのへなしたまへり。

あらまほしう シク活用形容詞「あらまほし」連用形「あらまほしく」ウ音便
もてなし サ行四段活用動詞「もてなす」連用形
きこえ ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」連用形 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形
存続の助動詞「り」已然形
接続助詞
殿上人 名詞
など 副助詞
係助詞
めづらしき シク活用形容詞「珍し」連体形
挑み所 名詞
にて 格助詞
とりどりに ナリ活用形容動詞「とりどりなり」連用形
さぶらふ ハ行四段活用動詞「さぶらふ」連体形 謙譲語 本動詞 作者→明石の姫君 お仕え申し上げる
人びと 名詞
係助詞
名詞
格助詞
かけ カ行下二段活用動詞「かく」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
女房 名詞
格助詞
用意 名詞
ありさま 名詞
さへ 副助詞
いみじく シク活用形容詞「いみじ」連用形
ととのへなし サ行四段活用動詞「ととのへなす」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→明石の君 ~なさる
り。 存続の助動詞「り」終止形

 

 

 

 

上も、さるべき折節には参りたまふ。

御仲らひあらまほしううちとけゆ くに、

さりとてさし過ぎもの馴れず、あなづらはしかるべきもてなし、

はた、つゆなく、あやしくあらまほしき人のありさま、心ばへなり。

名詞
係助詞
さるべき 連体詞
折節 名詞
格助詞
係助詞
参り ラ行四段活用動詞「参る」連用形 謙譲語 本動詞 作者→明石の姫君 参上する
たまふ。 ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
御仲らひ 接頭語+名詞
あらまほしう シク活用形容詞「あらまほし」連用形「あらまほしく」ウ音便
うちとけゆく 接頭語+カ行四段活用動詞「とけゆく」連体形
接続助詞
さりとて 副詞
さし過ぎ が行上二段活用動詞「さしすぐ」連用形
もの馴れ ラ行下二段活用動詞「ものなる」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
あなづらはしかる シク活用形容詞「あなづらはし」連体形
べき 当然の助動詞「べし」連体形
もてなし 名詞
はた 副詞
つゆ 副詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
あやしく シク活用形容詞「あやし」連用形
あらまほしき シク活用形容詞「あらまほし」連体形
名詞
格助詞
ありさま 名詞
心ばへ 名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

 

 

大臣も、 「長からずのみ思さるる御世のこなたに」と、

思しつる御参りかひあるさまに見たてまつりなしたまひて、

心からなれど、世に浮きたるやうにて、見苦しかりつる宰相の君も、

思ひなくめやすきさまにしづまりたまひぬれば、御心おちゐ果てたまひて、

「 今は本意も遂げなむ」と、思しなる。

大臣 名詞
係助詞
「長から ク活用形容詞「長し」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
のみ 副助詞
思さ サ行四段活用動詞「思す」未然形 尊敬語 本動詞 作者→大臣(源氏) お思いになる
るる 自発の助動詞「る」連体形
御世 接頭語+名詞
格助詞
こなた 代名詞
に」 格助詞
格助詞
思し サ行四段活用動詞「思す」連用形 尊敬語 本動詞 作者→大臣(源氏) お思いになる
つる 完了の助動詞「つ」連体形
御参り 接頭語+名詞
かひ 名詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
さま 名詞
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たてまつり ラ行四段活用動詞「奉る」連用形 謙譲語 補助動詞 作者→明石の姫君 ~申し上げる
なし サ行四段活用動詞「なす」連用形 補助動詞
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者→大臣(源氏) ~なさる
接続助詞
名詞
から 格助詞
なれ 断定の助動詞「なり」連用形已然形
接続助詞
名詞
格助詞
浮き カ行四段活用動詞「浮く」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
やうに 比況の助動詞「やうなり」の連用形
接続助詞
見苦しかり シク活用形容詞「見苦し」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形
宰相の君 名詞
係助詞
思ひ 名詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
めやすき ク活用形容詞「めやすし」連体形
さま 名詞
格助詞
しづまり ラ行四段活用動詞「静まる」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者→宰相の君(夕霧) ~なさる
ぬれ 完了の助動詞「ぬ」已然形
接続助詞
御心 接頭語+名詞
おちゐ果て タ行下二段活用動詞「おちゐ果つ」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者→大臣(源氏) ~なさる
接続助詞
「今 名詞
係助詞
本意 名詞
係助詞
遂げ ガ行下二段活用動詞「遂ぐ」連用形
強意の助動詞「ぬ」未然形
む」 意志の助動詞「む」終止形
格助詞
思しなる。 ラ行四段活用動詞「思しなる」終止形 尊敬語 本動詞 作者→大臣(源氏) お思いになる

対の上の御ありさまの、見捨てがたきにも、

「中宮おはしませば、おろかならぬ御心寄せなり。

この御方にも、世に知られたる親ざまには、

まづ思ひきこえたまふべければ、さりとも」と、思し譲りけり。

対の上 名詞
格助詞
御ありさま 接頭語+名詞
格助詞
見捨てがたき ク活用形容詞「見捨てがたし」連体形
格助詞
係助詞
「中宮 名詞
おはしませ サ行四段活用動詞「おはします」已然形 尊敬語 本動詞 作者→中宮 いらっしゃる
接続助詞
おろかなら ナリ活用形容動詞「おろかなり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
御心寄せ 接頭語+名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形
代名詞
格助詞
御方 接頭語+名詞
格助詞
係助詞
名詞
格助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
受け身の助動詞「る」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
親ざま 名詞
格助詞
係助詞
まづ 副詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
きこえ ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」連用形 謙譲語 補助動詞 作者→紫の上 ~申し上げる
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→秋好中宮 ~なさる
べけれ 推量の助動詞「べし」已然形
接続助詞
さりとも」 副詞
格助詞
思し譲り ラ行四段活用動詞「思し譲る」連用形 尊敬語 本動詞 作者→大臣(源氏) お思い任せる
けり。 過去の助動詞「けり」の終止形

夏の御方の、 時々に花やぎたまふまじきも、

「宰相のものしたまへば」 と、

皆 とりどりにうしろめたからず思しなりゆく。

夏の御方 名詞
格助詞
時々 名詞
格助詞
花やぎ ガ行四段活用動詞「花やぐ」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→夏の御方 ~なさる
まじき 打ち消し推量の助動詞「まじ」連体形
係助詞
「宰相 名詞
格助詞
ものし サ行変格活用動詞「ものす」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→宰相 ~なさる
ば」 接続助詞
格助詞
副詞
とりどりに ナリ活用形容動詞「とりどりなり」連用形
うしろめたから ク活用形容詞「うしろめたし」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
思しなりゆく。 カ行四段活用動詞「おぼしなりゆく」終止形 尊敬語 本動詞 作者→夏の御方 お考えなさるようになっていく

明けむ年、四十になりたまふ、御賀のことを、

朝廷よりはじめたてまつ りて、大きなる世のいそぎなり。

明け カ行下二段活用動詞「明く」未然形
婉曲の助動詞「む」連体形
名詞
四十 名詞
格助詞
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→大臣(源氏) ~なさる
御賀 接頭語+名詞
格助詞
こと 名詞
格助詞
朝廷 名詞
より 格助詞
はじめ マ行下二段活用動詞「はじむ」連用形
たてまつり ラ行四段活用動詞「奉る」連用形 謙譲語 補助動詞 作者→大臣(源氏) ~申し上げる
接続助詞
大きなる ナリ活用形容動詞「おおきなり」連体形
名詞
格助詞
いそぎ 名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

一ヶ月でセンター英語で40点上げて9割とった方法

古文品詞分解全訳記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ