源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞4

  • LINEで送る

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞1はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞2はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞3はこちら

このページは

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞

の4です!

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞5はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞6はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞7はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞8はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞9はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞10はこちら

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちらmurasakinosi4

風すごく吹き出でたる夕暮に、前栽見たまふとて、

脇息に寄りゐたまへ るを、院渡りて見たてまつりたまひて、

「今日は、いとよく起きゐたまふめるは。

この御前にては、こよなく御心も はればれしげなめりかし」 と聞こえたまふ。

風がぞっとするほどものさびしく吹きだした夕暮に、

紫の上は(中宮と一緒に)庭の植え込みを御覧になるといって、

脇息に寄りかかってお座りになる時に、

院=源氏が(紫の上と中宮のところに)やってきて、

(庭をご覧になる紫の上の様子を)御覧申し上げて、

院=源氏「今日はたいそう調子がよく

起きてお座りになっていらっしゃるようですね。

この中宮の御前にあっては、

この上なく(紫の上の)御気分も、晴れ晴れとするようですね。」

と(源氏は紫の上に)申し上げなさる。

 

コメント

病気で寝たきりの最愛の人が

体を起こして庭を見ることができるだけで男は嬉しいのです。

クララが立ったどころの騒ぎではないのです。

 

そして、、

 

立派になった娘の元気な姿は、母を元気にする力があります。

「体育とか疲れるんだけど~」とか言っている場合ではありません。

名詞
すごく ク活用形容詞「すごし」連用形
吹き出で ダ行下二段活用動詞「吹き出づ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
夕暮れ 名詞
に、 格助詞
前栽 名詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者⇒紫の上 ~なさる
とて、 格助詞
脇息 名詞
格助詞
寄りゐ ワ行上一段活用動詞「寄りゐる」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者⇒紫の上 ~なさる
存続の助動詞「り」連体形
格助詞
名詞
渡り ラ行四段活用動詞「渡る」連用形
接続助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
奉り ラ行四段活用動詞「奉る」連用形 謙譲語 補助動詞 作者⇒紫の上 ~申し上げる
たまひ ハ行四段活用動詞「たまふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者⇒源氏 ~なさる
て、 接続助詞
「今日 名詞
係助詞
いと 副詞
よく ク活用形容詞「よし」連用形
起きゐ ワ行上一段活用動詞「起きゐる」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「たまふ」終止形 尊敬語 補助動詞 源氏→紫の上 ~なさる
める 婉曲の助動詞「めり」連体形
は。 終助詞
代名詞
格助詞
御前 名詞 源氏→中宮
にて 格助詞
係助詞
こよなく ク活用形容詞「こよなし」連用形
御こころ 接頭語+名詞 源氏→紫の上
係助詞
はればれしげな ナリ活用形容動詞「はればれしげなり」連体形「はればれしげなる」撥音便「はればれしげなん」「ん」無表記形
めり 婉曲の助動詞「めり」終止形
かし。」 終助詞
格助詞
聞こえ 「ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒紫の上 ~申し上げる
たまふ。 ハ行四段活用動詞「たまふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者⇒源氏 ~なさる

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞1はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞2はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞3はこちら

このページは

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞

の4です!求む2

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞5はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞6はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞7はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞8はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞9はこちら

源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞10はこちら

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

2 Responses to “源氏物語御法紫上の死秋待ちつけて品詞分解全訳敬語助動詞4”

  1. まっさん より:

    誰から誰への敬意なのか、こちらケータイの画面から見ますと
    枠に入りきってないのか、

    敬 で切れていて、見ることができません

    なんとか対処していただきたいです!

    • コシャリ より:

      まっさんさん

      見てくれてありがとう。
      もし下の方に、モバイルモードとデスクトップモードがあったら、デスクトップモードでみてみてください。

      もしなければ、ちょっと対処に時間がかかりそうなので、パソコンから見てみてください。
      ご不便をお掛けします。

      コシャリ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ