源氏物語賢木野宮の別れ品詞分解現代語訳助動詞敬語10

  • LINEで送る

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

「 おほかたの秋の別れも悲しきに鳴く音な添へそ野辺の松虫 」

悔しきこと多かれど、かひなければ、明け行く空もはしたなうて、出で

給ふ。道のほどいと露けし。

女も、え心強からず、名残あはれにて眺め給ふ。

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ