源氏物語浮舟かの人の御気色品詞分解現代語訳10

  • LINEで送る

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

文系受験にオススメはこちら

源氏物語浮舟かの人の御気色品詞分解現代語訳9はこちらukihune10

まだいと粗々しきに、

網代屏風など、御覧じも知らぬしつらひにて、風 もことに障らず、垣のもとに雪むら消えつつ、今もかき曇りて降る。

 

現代語訳

(その家は)まだ、たいそう粗雑で、網代屏風など、(匂宮が)ご覧になったこともない(粗末な)調度類で、風も満足に防げず、垣の根本には雪がまだらに残っていて、(その上)今も雪は空をかき曇らせて降っている。

源氏物語浮舟かの人の御気色品詞分解現代語訳1はこちら

古文品詞分解記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ