源氏物語若菜上品詞分解現代語訳

  • LINEで送る

裏切りの戦国武将

三日がほどは、夜離れなく渡りたまふを、

年ごろさもならひたまはぬ心地に、忍ぶれど、なほものあはれなり。

御衣どもなど、いよいよ薫きしめさせたまふものから、

うち眺めてものしたまふけしき、いみじくらうたげにをかし。

現代語訳

(女三の宮と結婚した源氏は、)三日間は、

毎晩欠かさず(東の対の紫の上のもとから寝殿の女三の宮のもとへ)お通いになるので、

これまで長年の間そのようなこと(=三夜連続で源氏が隣にいないこと)にはお慣れになっていらっしゃらない紫の上のお気持ちでは、我慢しようとするものの、やはりわけもなく悲しく感じられる。

(源氏の)数々のお召し物などに、いっそう念入りに香を(女房たちに)

焚きしめさせなさりながらも、自身は物思いにとらわれている(紫の上の)ご様子は、たいそういじらしげで美しい。

 

三日 名詞
格助詞
ほど 名詞
係助詞
夜離れ 名詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
渡り ラ行四段活用動詞「渡る」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
接続助詞
年ごろ 名詞
副詞
係助詞
ならひ ハ行四段活用動詞「ならふ」連用形
たまは 尊敬語補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
心地 名詞
格助詞
忍ぶれ バ行上二段活用「忍ぶ」已然形
接続助詞
なほ 副詞
ものあはれなり。 ナリ活用形容動詞「ものあはれなり」終止形
御衣ども 名詞+接尾語
など 副助詞
いよいよ 副詞
薫きしめ マ行下二段活用動詞「たきしむ」未然形
させ 使役の助動詞「さす」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
ものから 接続助詞
うち眺め マ行下二段活用動詞「うちながむ」連用形
接続助詞
ものし サ行変格活用動詞「ものす」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
けしき 名詞
いみじく シク活用形容詞「いみじ」連用形
らうたげに ナリ活用形容動詞「らうたげなり」連用形
をかし。 シク活用形容詞「をかし」終止形

浮気がバレる男、バレない女 Forest2545新書

「などて、よろづのことありとも、また人をば並べて見るべきぞ。

あだあだしく、心弱くなりおきにけるわがおこたりに、

かかることも出で来るぞか し。

若けれど、中納言をばえ思しかけずなりぬめりしを」

 

現代語訳

どんな事情があったとしても、どうしてもう一人妻をもうけることがあろうか。

(皇女にひかれるような)好色で、(朱雀院の懇請をことわり切れなかった)情に流されやすくなってきている自分の過ちから、

このような事態(光源氏が女三の宮を迎え入れたこと)が生じたのだ。

 

(雲居の雁を一途に愛す夕霧は、自分=源氏より)若いけれど、

(朱雀院は)中納言(=夕霧)を婿にとはお考えになられずじまいだったらしいのに

 

 

「などて 副詞
よろづ 名詞
格助詞
こと 名詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」終止形
とも 接続助詞
また 副詞
名詞
格助詞
係助詞
並べ バ行下二段活用動詞「並ぶ」連用形
接続助詞
見る マ行上一段活用動詞「見る」終止形
べき 当然の助動詞「べし」連体形
ぞ。 係助詞終助詞的用法
あだあだしく シク活用形容詞「あだあだし」連用形
心弱く ク活用形容詞「心弱し」連用形
なりおき カ行四段活用動詞「なりおく」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
代名詞
格助詞
おこたり 名詞
格助詞
かかる ラ行変格活用動詞「かかり」連体形もともと副詞「かく」+ラ行変格活用動詞「あり」
こと 名詞
係助詞
出で来る カ行変格活用動詞「出で来」連体形
係助詞終助詞的用法
かし。 終助詞
若けれ ク活用形容詞「若し」已然形
接続助詞
中納言 名詞
格助詞
係助詞
副詞
思しかけ カ行下二段活用動詞「思しかく」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
完了の助動詞「ぬ」終止形
めり 推量の助動詞「めり」連用形
過去の助動詞「き」の連体形
を」 接続助詞

と、われながらつらく思し続くるに、涙ぐまれて、

「今宵ばかりは、ことわりと許したまひてむな。

これより後のとだえあらむこそ、身ながらも心づきなかるべけれ。

また、さりとて、かの院に聞こし召さむことよ」

と、思ひ乱れたまへる御心のうち、苦しげなり。

現代語訳

と我ながらついなさけなく、お思い続けられて、

ひとりでに涙ぐまれて

(三日の夜には露顕(ところあらわし)という結婚披露があり、

三日夜の餅という祝の餅を食す、最も重要な三日夜の)今夜だけは無理もないこととお許しくださいましょうね。

今日からあとに続けて、おそばを離れるようなことがあったら、それこそ

我ながら愛想が尽きることだろう。

しかしそう(おそばを離れるようなことがあったら、それこそ

我ながら愛想が尽きることだろう)かと言って、

 

(女三の宮を粗略にしたら、娘を託した)朱雀院のお耳にはいることになるのも気がかりでしてね。

と煩悶していらっしゃるご心中は、いかにも苦しそうである。なぜ男は妻よりも美しくない女性と浮気をするのか? (宝島社新書)

格助詞
われ 代名詞
ながら 接続助詞
つらく ク活用形容詞「つらし」連用形
思し続け カ行下二段活用動詞「思しつづく」未然形 尊敬語 本動詞 作者→源氏 お思い続ける
らるる 自発の助動詞「らる」連体形
接続助詞
涙ぐま マ行四段活用動詞「涙ぐむ」未然形
自発の助動詞「る」連用形
接続助詞
「今宵 名詞
ばかり 副助詞
係助詞
ことわり ナリ活用形容動詞「ことわりなり」語幹
格助詞
許し サ行四段活用動詞「許す」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 源氏⇒紫の上 ~なさる
強意の助動詞「つ」未然形
推量の助動詞「む」終止形
な。 終助詞
これ 代名詞
より 格助詞
名詞
格助詞
とだえ 名詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
仮定婉曲の助動詞「む」連体形
こそ 係助詞(係り結び)
名詞
ながら 接続助詞
係助詞
心づきなかる ク活用形容詞「こころづきなし」連体形
べけれ。 推量の助動詞「べし」已然形(「こそ」結び)
また 接続語
さり ラ行変格活用動詞「さり」終止形
格助詞
接続助詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
聞こし召さ サ行四段活用動詞「聞こし召す」 尊敬語 本動詞 源氏⇒かの院 おききになる
推量の助動詞「む」連体形
こと 名詞
よ」 間投助詞
格助詞
思ひ乱れ ラ行下二段活用動詞「思ひ乱る」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
完了の助動詞「り」連体形
御心 接頭語+名詞
格助詞
うち 名詞
苦しげなり。 ナリ活用形容動詞「苦しげなり」終止形

妻の浮気―男が知らない13の事情 (新潮新書)

すこしほほ笑みて、 「みづからの御心ながらだに、

え定めたまふまじかなるを、ましてことわり も何も、

いづこにとまるべきにか」と、いふかひなげにとりなしたまへば、

現代語訳

(紫の上は)少し微笑んで、

(今夜女三の宮の所に出かけるのが「ことわり」か、

ここにとどまって朱雀院の不興を買うか、)

「ご自分の御心でさえ決めることがおできにならないようなのに、

まして(他人の私など)道理ともなんであるかも、

どちらに決められたらよろしいのか(わかりません)。」

と(源氏が)何を言っても仕方がない様子で

おあしらいになるので

 

すこし 副詞
ほほ笑み マ行四段活用動詞「ほほ笑む」連用形
接続助詞
「みづから 代名詞
格助詞
御心 接頭語+名詞
ながら 接続助詞
だに 副助詞
副詞
定め マ行下二段活用動詞「定む」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 紫の上→源氏 ~なさる
まじか 打消推量の助動詞「まじ」連体形「まじかる」撥音便「まじかん」の「ん」無表記形
なる 断定の助動詞「なり」連体形
接続助詞
まして 副詞
ことわり 名詞
係助詞
代名詞
係助詞
いづこ 代名詞
格助詞
とまる ラ行四段活用動詞「とまる」終止形
べき 当然の助動詞「べし」連体形
断定の助動詞「なり」連用形
か」 係助詞(係り結びは省略されている)
格助詞
いふかひなげに ナリ活用形容動詞「いふかひなげなり」連用形
とりなし サ行四段活用動詞「とりなす」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
接続助詞

恥づかしうさへおぼえたまひて、 つらづゑをつきたまひて、

寄り臥したまへれば、

硯を引き寄せたまひて、

「 目に近く移れば変はる世の中を行く末遠く頼みけるかな 」

古言など書き交ぜたまふを、

現代語訳

(源氏は)きまり悪くさえお思いなって、頬杖をおつきになって、

(困ったという表情で紫の上に甘えて、

みすかされた照れ隠しに、紫の上の機嫌を取ろうとして

)寄り臥していらっしゃると、

(紫の上は源氏に背を向け、正座して)硯を引き寄せなさって

 

目の前で変わればこうも変わるあなたとの夫婦仲であるのに、行く末長くとあてにしていましたとは

(自分の心中を託す)古歌なども一緒に混ぜてお書きになるのを、

 

恥づかしう シク活用形容詞「恥づかし」連用形「恥づかしく」ウ音便
さへ 副助詞
おぼえ ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
接続助詞
つらづゑ 名詞
格助詞
つき カ行四段活用動詞「つく」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
接続助詞
寄り臥し サ行四段活用動詞「寄り臥す」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
完了の助動詞「り」已然形
接続助詞
名詞
格助詞
引き寄せ サ行四段活用動詞「引き寄す」連用形
接続助詞
「目 名詞
格助詞
近く ク活用形容詞「近し」連用形
移れ ラ行四段活用動詞「移る」已然形
接続助詞
変はる ラ行四段活用動詞「変はる」連体形
世の中 名詞
接続助詞
行く末 名詞
遠く ク活用形容詞「遠し」連用形
頼み マ行四段活用動詞「頼む」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
かな」 終助詞(詠嘆)
古言 名詞
など 副助詞
書きまぜ ザ行下二段活用動詞「書きまず」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
格助詞

 

取りて見たまひて、

はかなき言なれど、げにと、ことわりにて、

「命こそ絶ゆとも絶えめ定めなき世の常ならぬ仲の契りを 」

現代語訳

(源氏は)手にとってご覧になり、なんでもない歌であるけれども

いかにも、と道理に思って、

人の命というものは、これは絶えようとも、

この無常の人の世の常の夫婦仲と違って、

変わることのない二人の仲なのですよ

取り ラ行四段活用動詞「取る」連用形
接続助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
接続助詞
はかなき ク活用形容詞「はかなし」連体形
名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
接続助詞
げに 副詞
格助詞
ことわりに ナリ活用形容動詞「ことわりなり」連用形
接続助詞
「命 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
絶ゆ ヤ行下二段活用動詞「絶ゆ」終止形
格助詞
係助詞
絶え ヤ行下二段活用動詞「絶ゆ」未然形
推量の助動詞「む」已然形(「こそ」結び)
定めなき ク活用形容詞「定めなし」連体形
名詞
格助詞
名詞
なら 断定の助動詞「なり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
名詞
格助詞
契り 名詞
を」 間投助詞

とみにもえ渡りたまはぬを、

「いとかたはらいたきわざかな」 と、そそのかしきこえたまへば、

なよよかにをかしきほどに、えならず 匂ひて渡りたまふを、

見出だしたまふも、いとただにはあらずかし。

 

現代語訳

(紫の上のことが気がかりな源氏が)

すぐには宮の方へお出ましにならないのを

紫の上が、(自分が引き止めて遅くなったと人々に思われては、平凡なやきもち女とみられるし、源氏は朱雀院にも顔向けできず困るので、)

「ほんとにみっともないことでございますから」

とお促し申し上げなさると、

源氏が、(糊けがとれて)柔らかで優美なお召し物を着て、

(紫の上が焚きしめさせた)なんとも言えないほどよい匂いをさせて

(女三の宮の寝殿へ)お出かけになるのを

お見送りになられるにつけても、(紫の上のお心は、)まったくおだやかではいられないだろう。

 

とみに ナリ活用形容動詞「とみなり」連用形
係助詞
副詞
渡り ラ行四段活用動詞「渡る」連用形
たまは ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
打消の助動詞「ず」連体形
格助詞
「いと 「副詞
かたはらいたき ク活用形容詞「かたはらいたし」連体形
わざ 名詞
かな」 終助詞
格助詞
そそのかし サ行四段活用動詞「そそのかす」連用形
きこえ ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」 謙譲語 補助動詞 作者→源氏 ~申し上げる
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
接続助詞
なよよかに ナリ活用形容動詞「なよよかなり」連用形
をかしき シク活用形容詞「をかし」連体形
ほど 名詞
格助詞
副詞
なら ラ行四段活用動詞「なる」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
匂ひ ハ行四段活用動詞「匂ふ」連用形
接続助詞
渡り ラ行四段活用動詞「渡る」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
格助詞
見出だし サ行四段活用動詞「見出す」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→紫の上 ~なさる
係助詞
いと 副詞
ただに ナリ活用形容動詞「ただなり」連用形
係助詞
あら 補助動詞ラ行四段活用動詞「あり」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
かし。 終助詞

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ