源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳8

  • LINEで送る

 

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳7はこちら

このページは

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

の8です!

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳9はこちら

 

若紫8

助動詞:薄緑のマーカーです
敬語:緑のマーカーです
係り結び:オレンジのマーカーです。
音便:水色マーカーです

 

尼君、髪をかきなでつつ、

(尼)「けづることをうるさがりたまへど、をかしの御髪や。

いとはかなうものしたまふこそ

あはれにうしろめたけれ

 

現代語訳

尼君は(少女の)髪を撫でながら、

「髪を梳くことをおいやがりになるけれども、

きれいなお髪だこと。ほんとにたわいなくいらっしゃるのが、

かわいそうで気がかりです。

品詞分解

尼君、 名詞
名詞
格助詞
かき撫で ダ行下二段活用動詞「かき撫づ」連用形
つつ、 接続助詞
「けづる ラ行四段活用動詞「けづる」連体形
こと 名詞
格助詞
うるさがり ラ行四段活用動詞「うるさがる」連用形
たまへ 尊敬語

補助動詞

尼君⇒少女

~なさる

ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形

ど、 接続助詞
をかし シク活用形容詞「をかし」語幹
格助詞
御髪 名詞
や。 間投助詞
いと 副詞
はかなう ク活用形容詞「はかなし」連用形「はかなく」ウ音便
ものし サ行四段活用動詞「ものす」連用形
たまふ 尊敬語

補助動詞

尼君⇒少女

~なさる

ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形

こそ、 係助詞(係り結び)
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
うしろめたけれ。 ク活用形容詞「うしろめたし」已然形(「こそ」結び)

 

かばかりになれば、いとかから人もあるものを。

故姫君は、十ばかりにて殿に後れたまひほど、

いみじうものは思ひ知りたまへしぞかし。

 

現代語訳

これぐらいの年になれば、

ほんとにこんなでない人もいますのにねえ。

亡くなった姫君 (=少女の母)は、

十歳くらいで父君(=尼君の夫) に先立たれなさったころ、
たいそう物事がおわかりでしたよ。

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです!

コシャリのTwitter

品詞分解

かばかり 副詞
格助詞
なれ ラ行四段活用動詞「なる」已然形
ば、 接続助詞
いと 副詞
かから ラ行変格活用動詞「かかり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
接続は未然形
[な]ず・ざら/[に]ず・ざり/ず/ぬ・ざる/ね・ざれ/ざれ
名詞
係助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
ものを。 終助詞
故姫君 名詞
は、 係助詞
名詞
ばかり 副助詞
にて 格助詞
殿 名詞
格助詞
後れ ラ行下二段活用動詞「後る」連用形
たまひ 尊敬語

補助動詞

尼君⇒故姫君

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

過去の助動詞「き」連体形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯
ほど、 名詞
いみじう シク活用形容詞「いみじ」連用形いみじくウ音便
もの 名詞
係助詞
思ひ知り ラ行四段活用動詞「思ひ知る」連用形
たまへ 尊敬語

補助動詞

尼君⇒故姫君(少女の母)

~なさる

ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形

完了の助動詞「り」連用形
接続はサ変の未然形・四段の已然形
ら/り/り/る/れ/れ
過去の助動詞「き」連体形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯
終助詞
かし。 終助詞

 

 

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳9はこちら

このページは

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

の8です!

 

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳7はこちら

お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ