法政大学中学の合格発表と合格体験記

  • LINEで送る

こんにちは。コシャリです。

 

本当に直前期ですね。受験生の皆さん、がんばってくださいね!

今年の合格が厳しい方も、詰め込みは来年まで有効なので、しっかり最後まで戦ってくださいね。

 

さて今回は、法政大学中学校に合格した教え子の話をしようと思います。

中学受験は凄いよなぁ

 

私自身は中学受験を体験していませんし、そもそも中学受験にはそれほど賛成しているわけではありません。もちろん頑張っている受験生は本当に凄いと思いますが・・・

 

正直小学生で、あんなに睡眠時間を削る必要もないだろう。というのが私の意見です。

 

私は中学生の時も、今の小6受験生よりも睡眠時間をとっていました。中1の時は朝練に間に合わせるために8時に寝てましたからね。

 

朝は5時台に起きてましたけど。

 

附属系なんかは大学から入ったほうがどう考えても楽だよなぁとも思います。ただ、中学受験経験者は企業から地頭の良さを評価されると聞いたことがありますし、公務員試験やSPIなどの就職関連の試験でも、ほとんど中学受験と同じ問題が出るので、意味がないとも思いませんが・・・

 

初めて問題を見た時は、なんでこんなにワンパターンの問題しか日本にはないんだ?とも思いましたけどね。

 

処理能力を見る分には良いのだと思いますが、他にないのか?と思ったのも事実です。

 

 

ただ、今回の指導を通じて、かなり効率的に受験を勧める方法も実践できたのでご紹介したいと思います。

 

といっても、大学受験でいつもやっている方法をそのまま中学受験でやっただけなんですけどね。

  • 生徒にまつわるあれこれ
  • 担当時の生徒の成績や状況
    • 成績
    • 状況
  • 指導内容

の順に書いていこうと思います。

 

生徒にまつわるあれこれ

担当し始めたのは、小5の9月からでしたが、それまでも別の塾に通っていたようでした。

 

ただ、親に言われてこっちに変えたと言っていましたね。

まあまあほとんどやる気はなかったですが。

コシャリ
どうして受験しようと思ったの?
生徒
一度受験しようと言ってしまったのがすべての間違いだった。

やる気が感じられなかったので、どうして受験を始めようと思ったのか聞きましたが、「一度受験しようと言ったのがすべての間違いだった笑と言っていました。

スポーツ系の習い事をやっていて、しかも所属チームが全国レベルだったので、非常に練習もハードで、とにかく忙しかったです。肉体的な疲労も激しかったですね。

 

そんな中、集団授業も、個別授業もとっていました。よくやってましたね。

 

まあ疲れや時間のなさで宿題はあんまりやってきませんでしたが。

 

宿題をやってこなかったし、そもそも時間もないし、疲れや睡眠不足でやる気はゼロというかマイナスでしたし・・・

 

困ったもんだなぁ・・・と思ったことを覚えています。

 

担当時の生徒の成績や状況

入ってきた時は、前の塾との進度の差があったりしたので、それを埋めることがまず課題でした。

 

当然算数の成績はビリ。

 

国語や社会は出来ましたが、算数はモチベーション的にも実際の成績もきつかったですね。

 

まだまだ習い事に注力したいし、やる気もそれほどなかったので、まずは勉強時間の確保も目的でしたね。

 

ただ、ご家庭がかなり厳しくて、僕としても気の毒だなぁと常々思っていました。

 

見ていてきつそうでしたし。僕なら耐えられなかったですね。

 

お母さまはある程度配慮してくれたようですが、お父さまはかなりハードというか無理な感じでしたね。

生徒
きついし、無理
お父さま
わかったからやれ。
生徒
眠い。
お父さま
お前がやりたいといったんだろう

 

僕は結構体調管理などを重視する方で、というか僕自身睡眠時間が減ると極端にパフォーマンスが低下するので、再三ご家庭に休む時間を確保するよう連絡しました。

 

まああんまり反映されなかったようでしたが・・・

 

練習が軽めだったり、しっかり休んだ時の集中力はすごかったので、しっかり休んで、できる問題からやっていくことにしました。

 

※やっぱりスポーツをやっているとここぞという時の集中力は凄いし、直前に本当に成績が伸びますね。僕としては一番相性の良い生徒です。

 

特に成績のバランス悪く、凸凹で、ある科目はすごくよくて、ある科目は全然ダメだけど、ある点では猛烈に勝負強いみたいな偏りのある生徒と最高に相性がいいですね。

 

 

逆になんでもコツコツ頑張るみたいな生徒とはあんまり相性がよくない印象ですね。どうしても完璧主義になりがちになるので。

 

僕はとにかく合格最低点を超えればなんでも良いを信条にしていますし、完璧主義とは対局にあるので、心の底からは信用してもらえない感じがありますね。

 

毎月の成績だと、国語と社会はいい感じで伸びていたので、僕の仕事は、とにかく算数の成績を伸ばすことでしたね。

 

とはいっても、授業中も疲れていたり、普通にやる気がないと言っていたので、本当に困りましたね。

コシャリ
 やる気ある?
生徒
ないでーす
コシャリ
そうか・・・  
生徒

 

成績が上がってきた

小さな変化はまああったのかもしれませんが、大きな変化が出てきたのは、小6に上がる春休みの頃ですね。

 

習い事に余裕があったので、次回のテストで出るところだけひたすら繰り返してもらいました。

中学受験版解法暗記

といっても時間が限られているので、算数は間違えた問題をコピーして、ノートの左ページに貼り、右ページに解答を計算含めて写す。何をすればいいかのポイントも書き込むなんてことをやってもらいましたね。

算数ノート

 

この方法のいいところは、勉強というよりも、ハサミやセロテープやのりを使った作業になるので、勉強のハードルが下がるところですね。

 

時間がもったいないということもあったのですが、やる気を削がない、勉強している気にさせるというのもかなり重要なのでこんなことを積極的にやっていきましたね。特に小学生は文房具を使うだけでもかなりモチベーションが変わってきたりしますね。女の子はお気に入りのペンだけでも変わりますね。

 

ちなみに僕は、筆記のストレスには敏感なので、極太のボールペンを使ったりしますが、色なんか出れば良いという感じなので、青やオレンジ、緑や黒などその時近くにあったペンで丸をつけることが頻繁にありますが、かなり不評でしたね。笑男子は気にしないことが多いですが・・・

 

で4月に結果が出た時は、これまでダントツのビリだったのが、突然クラス2位だったか3位だったかに急上昇したので、とりあえず僕の授業をとってよかったと言っていただけたので、少し安心できました。

 

それからも僕の再三の休養申請は続いたのですが・・・

 

正直個別で教えている時間の4分3くらいひたすらグチを聞くこともあったので、本当に頑張ったなと思います。

指導内容

小6の7月まで

基本的には、塾のテキストの宿題をこなしていった感じですね。

で、出来なかった問題については、先ほどのノートを作っていきました。

 

作ったノートの見直しを宿題にしていきましたが、あんまりやってはこなかったですね。

 

それよりはノートづくりの方がモチベーションが上がったようです。

 

4月には大きく伸びた成績でしたが、学校が始まって勉強時間が確保できなくなると、また落ちてきました。

 

気温も上がって、疲労も抜けにくくなるのか、モチベーションもまた低下してきました。

 

ただ、一度成功体験を積むことが出来たので、やればできるという自信が出来たのは良かったですね。

 

その後はそこまでの大きな結果はないのですが・・・

 

で大きな大会が夏にあって、夏期講習もありましたが、ここでも習い事との兼ね合いが難しかったですね。

小6秋

秋ごろから過去問をやっていくのですが、とにかく、全然取れなくてモチベーションがあがりませんでした。

 

しかも、成城学園なんかは異様に相性が悪くて、10点台もありました。1桁もあった気がします。

結論から言うと、僕は、成城は諦めてもらいました。

 

その問題の克服に時間を使うなら、その時間を法政の対策に使った方がいいなという判断ですね。

 

いつもの選択と集中です。

 

比較的オーソドックスな問題がでる法政の方が相性が良かったですね。

前半大問1や大問2でとって、そのあとは、各問題の1だけとるようにしました。

 

とはいっても苦手な算数、目標通りは出来なかったので、どちらかと言うと「被害を最小限にする」殿(しんがり)みたいな感じでしたね。

 

国語や社会は比較的できていたので、とにかく算数と理科の点数を最低点に引っかかるようにもっていくことが課題でした。

 

ここでもやったのは、とにかく出る問題を把握、その単元を潰す。

ひたすらそれを繰り返していきました。

 

直前期

12月にようやく習い事が一段落したので、ラストスパートですね。僕としてはようやくスタートラインな感じでしたが、習い事がなくなったことで、体力的なきつさがなくなったので、しっかり進むようになってきました。

 

国語と社会がいい感じで仕上がってきたので、合格最低点の340点くらいに持っていけるように算段をしていきました。

 

国語は時に150点中130点台だったりしたのですが、毎回そんな点数を取れるわけでもないですし、120点くらいで計算し、残り220点、社会が70点で150点、理科と算数で150点取らないくてはいけないのですが、どちらも出来なかったですね。

 

算数は合格者平均よりも30点くらい低かったでしょうか。

 

1月

冬期講習が終わって、最終の仕上げで過去問をやると、やっぱり点数が足りなかったので、最後の詰めをしていきました。

 

本来は算数の授業でしたが、算数よりも理科のほうが即効性があるので、過去問でよく出る単元のピックアップと、出来なかった単元を宿題として出していきました。

 

平均高いねー、やばいやばいとか言ってましたが、しっかり決めたあたり、すごかったですね。

 

指導中継続的に行っていたこと

睡眠

お金を払っている保護者の方からしたら、冗談じゃないと思われるかもしれませんが、家で休めないようだったので、授業中にあまりにも疲れている時には一定時間寝かせました。

 

その後は結構集中力が上がったので、まあいいかなという感じです。

 

わからなかったらすぐに解答解説を見て理解

とにかく自力で解かせないことも意識していました。説明した直後はできても、時間があいてしまったら1回目や2回目でできることは少なかったので、自宅でもモチベーションが保てるよう、わからなかったらすぐに解答を写すことは徹底していきましたね。とにかく

 

解答パターンを暗記することを強調

していきました。自力では思いつかないから、とにかくパターンを暗記することを繰り返し繰り返し刷り込んでいきました。

解答を使えば、自分で進められる態勢を早ううちにととのえるのが大切ですね。

精神面のケア

習い事もあり、絶対的な時間不足だったので、受かるにしてもギリギリの戦いになることは予想できたので、本番で最大の力が発揮できるよう精神面もケアしていきました。

 

僕自身もそうでしたし、教え子とも何度も経験しているので、「スポーツを真剣にやってきた人間は必ず直前に伸びる」ということも何度も刷り込んでいきました。最後の最後まで戦えばなんとかなると思っていたんですね。途中でスピード落としたら何があっても間に合わないということですが・・・

 

普段のグチを聞くこともそうですが、普段から、「精神力がある」「ここ一番の集中力が凄い」とか、「メンタル最強」「勝負強い」「武士」なんかも頻繁に口にして意識してもらっていました。

参考:受験に使える心理学~ラベリング

教育的にレッテル張りは良くないんでしょうが、まあ僕は合格のためには使えるものは何でも使いますし、できることは何でもするので、直接的に、間接的に、積極的に何度も何度も言っていました。

 

よい目的で使えばいいかなと。

 

特に男子は単純で思い込みやすいのと、根の部分が素直な生徒ならドハマりするのでおすすめです。ご覧になった保護者の方もぜひ使ってみて欲しいなと思います。

 

 

まとめ

  • とにかく合格最低点を超えるために何をすればよいかを考える。
  • 例え苦手科目があっても、合格最低点や足切りを超えればいいので、簡単に諦めないこと
  • パフォーマンスが最大化できるよう、しっかり休養をとる。
  • 自力で解くことにこだわらずに、本番までに解ければいいから、何度も何度も復習して、一回で復習しきろうとしない
  • 精神面のケアで本番で勝負できるメンタルを準備しておく
  • 勉強のハードルを下げる

となるでしょうか。参考になれば幸いです。

 

使い終わった参考書や過去問はここで処分するといいです。

 

 

 

 

 

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ