伊勢物語梓弓あらたまの年の三年23段品詞分解

  • LINEで送る

AJG_waretachokotohana500

むかし、をとこ片田舎に住みけり。をとこ、宮仕へしにとて、

別れをしみてゆきけるままに、三年来ざりければ、

待ちわびたりけるに、いとねむごろにいひける人に、

「今宵あはむ。」と契りたりけるに、このをとこ来たりけり。

「この戸あけたまへ」とたたきけれど、

あけで、歌をなむよみて出したりける。

むかし 名詞
をとこ 名詞
片田舎 名詞
格助詞
すみ マ行四段活用動詞「住む」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
をとこ 名詞
宮仕へし サ行変格活用動詞「宮仕へす」連用形
格助詞
とて 格助詞
別れ 名詞
をしみ マ行四段活用動詞「をしむ」連用形
接続助詞
ゆき カ行四段活用動詞「
ける 過去の助動詞「けり」連体形
まま 名詞
格助詞
三年 名詞
来(こ) カ行変格活用動詞「来(く)」未然形
ざり 打消 の助動詞「ず」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
接続助詞
待ちわび バ行上二段活用動詞「待ちわぶ」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続助詞
いと 副詞
ねむごろに ナリ活用形容動詞「ねむごろなり」連用形
いひ ハ行四段活用動詞「いふ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
名詞
格助詞
「今宵 名詞
あは ハ行四段活用動詞「あふ」未然形
む」 意志の助動詞「む」終止形
格助詞
ちぎり ラ行四段活用動詞「契る」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
に、 格助詞
代名詞
格助詞
をとこ 名詞
来(き) カ行変格活用動詞「来」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
代名詞
格助詞
名詞
あけ カ行下二段活用動詞「あく」連用形
たまへ」 尊敬語補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」命令形
格助詞
たたき カ行四段活用動詞「たたく」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
接続助詞
あけ カ行下二段活用動詞「あく」未然形
接続助詞
名詞
格助詞
なむ 係助詞(係り結び)
よみ マ行四段活用動詞「読む」連用形
接続助詞
出し サ行四段活用動詞「出す」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形(「なむ」結び)

あらたまの年の三年を待ちわびてただ今宵ことにひまくらすれ

といひいだしたりければ、

梓弓真弓槻弓をへてわがせしがごとうるはしみせよ

といひて、去なむとしければ、女、

あらたま 名詞
格助詞
名詞
格助詞
三年 名詞
格助詞
待ちわび バ行上二段活用動詞待ちわぶ」連用形
接続助詞
ただ 副詞
今宵 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
にひまくら 名詞
すれ サ行変格活用動詞「す」已然形(「こそ」結び)
格助詞
いひいだし サ行四段活用動詞「いひ出だす」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
梓弓 名詞
真弓 名詞
槻弓 名詞
名詞
格助詞
ハ行下二段活用動詞「経(ふ)」連用形
接続助詞
代名詞
格助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
過去の助動詞「き」連体形
格助詞
ごと 比況の助動詞「ごとし」語幹
うるはしみ 名詞
せよ サ行変格活用動詞「す」命令形
格助詞
いひ ハ行四段活用動詞「いふ」連用形
接続助詞
去な ナ行変格活用動詞「去ぬ」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
女、 名詞

梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを

といひけれど、をとこかへりにけり。

女、いとかなしくて、しりにたちてをひゆけど、えをひつかで、

清水のある所に伏しにけり。そこなりける岩に、およびの血して

書きつけける。

梓弓 名詞
引け カ行四段活用動詞「引く」已然形
接続助詞
引か カ行四段活用動詞「引く」未然形
打消 の助動詞「ず」已然形
接続助詞
名詞
より 格助詞
名詞
係助詞
名詞
格助詞
より ラ行四段活用動詞「よる」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
ものを 接続助詞
格助詞
いひ ハ行四段活用動詞「いふ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
接続助詞
をとこ 名詞
かへり ラ行四段活用動詞「かへる」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
女、 名詞
いと 副詞
かなしく シク活用形容詞「かなし」連用形
接続助詞
しり 名詞
格助詞
たち タ行四段活用動詞「たつ」連用形
接続助詞
をひゆけ カ行四段活用動詞「をひゆく」已然形
接続助詞
副詞
をひつか ガ行四段活用動詞「をひつく」未然形
接続助詞
清水 名詞
格助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
名詞
格助詞
伏し サ行四段活用動詞「伏す」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
そこ 代名詞
なり 断定の助動詞「なり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
名詞
格助詞
および 名詞
格助詞
名詞
して 格助詞
書きつけ カ行下二段活用動詞「書きつく」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形

あひ思はで離れぬる人をとどめかね

わが見は今ぞ消えはてぬめる

と書きて、そこにいたづらになりにけり。

あひ思は ハ行四段活用動詞「あひ思ふ」未然形
接続助詞
離(か)れ ラ行下二段活用動詞「離(か)る」連用形
ぬる 完了の助動詞「ぬ」連体形
名詞
格助詞
とどめかね ナ行下二段活用動詞「とどめかぬ」連用形
代名詞
格助詞
名詞
係助詞
名詞
係助詞(係り結び)
消えはて タ行下二段活用動詞「消えはつ」連用形
完了の助動詞「ぬ」終止形
める 推量の助動詞「めり」連体形(「ぞ」結び)
格助詞
書き カ行四段活用動詞「書く」連用形
て、 接続助詞
そこ 代名詞
格助詞
いたづらに ナリ活用形容動詞「いたづらなり」連用形
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

古文全訳品詞分解記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ