伊勢物語小野の雪83段品詞分解

  • LINEで送る

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-02-PAK26_yukigatumoru20140209500-thumb-1000xauto-4180

昔、水無瀬にかよひ給ひし惟喬の親王、

例の狩しにおはします供に、馬の頭なる翁つかうまつれり。

日ごろへて、宮にかへり給うけり。御送りして、とくいなむと思ふに、

大御酒たまひ、碌たまはむとて、つかはさざりけり。

この馬の頭心もとながりて、

枕とて草ひき結ぶこともせじ秋の夜と

だにたのまれなくに

 むかし 名詞
水無瀬 名詞
格助詞
かよひ ハ行四段活用動詞「かよふ」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 ~なさる
過去の助動詞「き」連体形
惟喬の親王 名詞
名詞
格助詞
名詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
格助詞
おはします サ行四段活用動詞「おはします」連体形 尊敬語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (行く)いらっしゃる
名詞
格助詞
馬の頭 名詞
なる 断定の助動詞「なり」連体形
名詞
つかうまつれ ラ行四段活用動詞「仕へまつる」已然形「仕へまつれ」ウ音便 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (仕ふ)お仕え申し上げる
り。 完了の助動詞「り」終止形
日ごろ 副詞
ハ行下二段活用動詞「経(ふ)」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
かへり ラ行四段活用動詞「かへる」連用形
給う ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形「給ひ」ウ音便 尊敬語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 ~なさる
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
御送り 接頭語+名詞 作者⇒惟喬の親王
サ行変格活用動詞「す」連用形
て、 接続助詞
とく ク活用形容詞「とし」連用形
いな ナ行変格活用動詞「去ぬ」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
接続助詞
大御酒 名詞
たまひ ハ行四段活用動詞「給ふハ行四段活用動詞「たまふ」連用形 尊敬語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (与ふ)お与えになる
名詞
たまは ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形 尊敬語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (与ふ)お与えになる
意志の助動詞「む」終止形
とて、 格助詞
つかはさ サ行四段活用動詞「つかはす」未然形 尊敬語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (遣る)お遣わしになる。ここでは、「お返しになる」
ざり 打消 の助動詞「ず」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
代名詞
格助詞
馬の頭 名詞
心もとながり ラ行四段活用動詞「心もとながる」連用形
て、 格助詞
名詞
とて 格助詞
ひき結ぶ バ行四段活用動詞「ひき結ぶ」連体形
こと 名詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
打消意志の助動詞「じ」終止形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
だに 副助詞
たのま マ行四段活用動詞「たのむ」未然形
可能の助動詞「る」未然形
なく 打消 の助動詞「ず」未然形(古い用法)+接尾語(名詞化の「く」、ク語法)
終助詞

とよみける。時はやよひのつごもりなりけり。

親王おほとのごもらで明かし給うてけり。

かくしつつまうでつかうまつりけるを、思ひのほかに、

御髪おろし給うてけり。

格助詞
よみ マ行四段活用動詞「よむ」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形
名詞
係助詞
やよひ 名詞
格助詞
つごもり 名詞
なり 断定の助動詞「なり」連用形
けり。 詠嘆の助動詞「けり」終止形
親王 名詞
おほとのごもら ラ行四段活用動詞「おほとのごもる」未然形 尊敬語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (寝)お休みになる
接続助詞
あかし サ行四段活用動詞「あかす」連用形
給う ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形「たまひ」ウ音便 尊敬語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 ~なさる
完了の助動詞「つ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
かく 副詞
サ行四段活用動詞「す」連用形
つつ 接続助詞
まうで ダ行下二段活用動詞「まうづ」連用形
つかうまつり ラ行四段活用動詞「つかへまつる」連用形「つかへまつり」ウ音便 謙譲語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 (仕ふ)お仕えする
ける 過去の助動詞「けり」連体形
を、 接続助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
格助詞
ほか 名詞
に、 格助詞
御髪 名詞 作者⇒惟喬の親王
おろし サ行四段活用動詞「おろす」連用形
給う ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形「給ひ」ウ音便 尊敬語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 ~なさる
完了の助動詞「つ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

む月にをがみたてまつらむとて、小野にまうでたるに、

比叡の山の麓なれば、雪いと高し。

しひて御室にまうでてをがみたてまつるに、

つれづれといと物がなしくておはしましければ、

やや久しくさぶらひて、いにしへのことなど思い出で聞こえけり。

 

む月 名詞
格助詞
をがみ マ行四段活用動詞「をがむ」連用形
たてまつら ラ行四段活用動詞「奉る」未然形 謙譲語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 ~申し上げる
意志の助動詞「む」終止形
とて 格助詞
小野 名詞
格助詞
まうで ダ行下二段活用動詞「まうづ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (行く)参上する
たる 完了の助動詞「たり」連体形
に、 接続助詞
比叡の山 名詞
格助詞
名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
ば、 接続助詞
名詞
いと 副詞
高し。 ク活用形容詞「高し」終止形
しひて 副詞
御室 接頭語+名詞 作者⇒惟喬の親王
格助詞
まうで ダ行下二段活用動詞「まうづ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (行く)参上する
接続助詞
をがみ マ行四段活用動詞「をがむ」連用形
たてまつる 謙譲語補助動詞ラ行四段活用動詞「奉る」連体形 謙譲語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 ~申し上げる
に、 接続助詞
つれづれと 副詞
いと 副詞
物がなしく シク活用形容詞「物がなし」連用形
接続助詞
おはしまし サ行四段活用動詞「おはします」連用形 尊敬語 補助動詞 作者⇒惟喬の親王 いらっしゃる
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
やや 副詞
久しく シク活用形容詞「ひさし」連用形
さぶらひ ハ行四段活用動詞「さぶらふ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 お仕え申し上げる
接続助詞
いにしへ 名詞
格助詞
こと 名詞
など 副助詞
思い出で ダ行下二段活用動詞「思ひ出づ」連用形
聞こえ ヤ行下二段活用動詞「聞こゆ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 (言ふ)申し上げる
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

さても侍ひてしがなと思へど、公事どもありければ、

え侍はで、夕暮れにかへるとて、

忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや

雪ふみわけて君を見むとは

とてなむ泣く泣く来にける。

さても 副詞
侍ひ ハ行四段活用動詞「侍ふ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 お仕え申し上げる
完了の助動詞「つ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
がな 終助詞
格助詞
思へ ハ行四段活用動詞「思ふ」已然形
接続助詞
公事ども 名詞+接尾語
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
副詞
侍は ハ行四段活用動詞「侍ふ」未然形 謙譲語 本動詞 作者⇒惟喬の親王 お仕え申し上げる
接続助詞
夕暮れ 名詞
格助詞
かへる ラ行四段活用動詞「かへる」終止形
とて、 格助詞
忘れ ラ行下二段活用動詞「忘る」連用形
接続助詞
係助詞
名詞
係助詞
格助詞
係助詞(係り結び)
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形(「ぞ」結び)
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
過去の助動詞「き」終止形
係助詞反語
名詞
ふみわけ カ行下二段活用動詞「ふみわく」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」未然形
推量の助動詞「む」終止形
格助詞
係助詞
とて 格助詞
なむ 係助詞(係り結び)
泣く泣く 副詞
来(き) カ行変格活用動詞「来」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形(「なむ」結び)

古文全訳品詞分解記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ