伊勢物語つひに行く道125段品詞分解現代語訳

  • LINEで送る

こんにちは、コシャリです。

 

高貴で優秀な将来有望なboys&girlsのみなさん

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

昔、男、わづらひて、心地死ぬべく覚えければ、

つひにゆく道とはかねてききしかど

きのふ今日とは思はざりしを

現代語訳

昔、ある男が病気になって、自分がこれから死ぬのだろうと

自然と思われたので、(辞世の句を詠んだ)

 

死は、最後には必ず行き着く避けられない道だということは

以前から聞いていたが、昨日、今日というように(間近に)

迫ってくるとは思わなかったなあ死の壁(新潮新書)

 昔 名詞
名詞
わづらひ ハ行四段活用動詞「わづらふ」
接続助詞
心地 名詞
死ぬ ナ行変格活用動詞「死ぬ」終止形
べく 推量の助動詞「べし」連用形
覚え ヤ行下二段活用動詞「覚ゆ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
つひに 副詞
ゆく カ行四段活用動詞「ゆく」連体形
名詞
格助詞
係助詞
かねて 副詞
聞き カ行四段活用動詞「聞く」連用形
しか 過去の助動詞「き」已然形
接続助詞
きのふ 名詞
今日 名詞
格助詞
係助詞
思は ハ行四段活用動詞「思ふ」未然形
ざり 打消の助動詞「ず」連用形
過去の助動詞「き」連体形
接続助詞

 

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ