建礼門院右京大夫集またの年の春品詞分解

  • LINEで送る

またの年の春ぞ、まことにこの世のほかに聞き果てにし。

しそのほどのことは、まして何とかは言はん。

皆かねて思ひしことなれど、ただほれぼれとのみおぼゆ。

あまりに堰きやらぬ涙も、かつは見る人もつつましければ、

何とか人も思ふらめど、「心地のわびしき。」とて引き被き、

寝暮らしてのみぞ、心のままに泣き過ぐす。忘れられない (マーガレットコミックス)

またの年 名詞
格助詞
名詞
係助詞(係り結び)
まことに 副詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
ほか 名詞
格助詞
聞き果て タ行下二段活用動詞「聞き果つ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
し。 過去の助動詞「き」連体形(「ぞ」結び)
代名詞
格助詞
ほど 名詞
格助詞
こと 名詞
係助詞
まして 副詞
何と 副詞
かは 係助詞(係り結び)
言は ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形
ん。 意志の助動詞「む」連体形(かは」結び)
副詞
かねて 副詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
こと 名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
接続助詞
ただ 副詞
ほれぼれと 副詞
のみ 副助詞
おぼゆ。 ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」終止形
あまりに ナリ活用形容動詞「あまりなり」連用形
堰きやら ラ行四段活用動詞「堰きやる」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
名詞
係助詞
かつは 副詞
見る マ行上一段活用動詞「見る」連体形
名詞
係助詞
つつましけれ シク活用形容詞「つつまし」已然形
接続助詞
何と 副詞
係助詞
名詞
係助詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」終止形
らめ 現在推量の助動詞「らむ」已然形
接続助詞
「心地 名詞
格助詞
わびしき。」 シク活用形容詞「わびし」連体形
格助詞
接続助詞
引き被き カ行四段活用動詞「引き被く」連用形
寝暮らし サ行四段活用動詞「寝暮らす」連用形
接続助詞
のみ 副助詞
係助詞(係り結び)
名詞
格助詞
まま 名詞
格助詞
泣き カ行四段活用動詞「なく」連用形
過ぐす。 サ行四段活用動詞「過ぐす」終止形

 

いかでものをも忘れんと思へど、あやにくに、

面影は身に添ひ、言の葉ごとに聞く心地して、身を責めて、

悲しきこと、言ひ尽くすべき方なし。

ただ、限りある命にて、はかなくなど聞きしことをだにこそ、

かなしきことに言ひ思へ、これは、何をか例にせんと、

返す返すおぼえて、忘れられない (マーガレットコミックス)

いかで 副詞
もの 名詞
格助詞
係助詞
忘れ ラ行下二段活用動詞「忘る」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
思へ ハ行四段活用動詞「思ふ」已然形
接続助詞
あやにくに ナリ活用形容動詞「あやにくなり」連用形
面影 名詞
係助詞
名詞
格助詞
添ひ ハ行四段活用動詞「添ふ」連用形
言の葉ごと 名詞+接尾語
格助詞
聞く カ行四段活用動詞「聞く」連体形
心地 名詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
責め マ行下二段活用動詞「責む」連用形
接続助詞
悲しき シク活用形容詞「かなし」連体形
こと 名詞
言ひ尽くす サ行四段活用動詞「言ひ尽くす」終止形
べき 可能の助動詞「べし」連体形
名詞
なし。 ク活用形容詞「なし」終止形
ただ 副詞
限り 名詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続助詞
はかなく ク活用形容詞「はかなし」連用形
など 副助詞
聞き カ行四段活用動詞「聞く」連用形
過去の助動詞「き」連体形
こと 名詞
格助詞
だに 副助詞
こそ 係助詞(係り結び)
かなしき シク活用形容詞「かなし」連体形
こと 名詞
格助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
思へ ハ行四段活用動詞「思ふ」已然形(「こそ」結び)
これ 代名詞
係助詞
名詞
格助詞
係助詞(係り結び)
名詞
格助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
適当の助動詞「む」連体形(「か」結び)
格助詞
返す返す 副詞
おぼえ ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」連用形
接続助詞

なべて世のはかなきことを悲しとはかかる夢見ぬ人や言ひけん

 

ほど経て、人のもとより、「さても、このあはれ、いかばかりか。」

と言ひたれば、なべてのことのやうにおぼえて、

 

かなしともまたあはれとも世の常に言ふべきことにあらばこそあらめ

なべて 副詞
名詞
格助詞
はかなき ク活用形容詞「はかなし」連体形
こと 名詞
格助詞
悲し シク活用形容詞「かなし」終止形
格助詞
係助詞
かかる ラ行変格活用動詞「かかり」連体形
名詞
マ行上一段活用「見る」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
名詞
係助詞(係り結び)
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
けん 過去推量の助動詞「けむ」連体形(「や」結び)
ほど 名詞
経(へ) ハ行下二段活用動詞「経(ふ)」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
もと 名詞
より 格助詞
「さても 感動詞
代名詞
格助詞
あはれ 名詞
いかばかり 副詞
か。」 係助詞
格助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
たれ 完了の助動詞「たり」已然形
接続助詞
なべて 副詞
格助詞
こと 名詞
格助詞
やう 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
おぼえ ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」連用形
接続助詞
かなし シク活用形容詞「かなし」終止形
格助詞
係助詞
また 接尾語
あはれ ナリ活用形容動詞「あはれなり」語幹
格助詞
係助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」終止形
べき 可能の助動詞「べし」連用形
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
あら 補助動詞ラ行変格活用動詞「あり」未然形
接続助詞
こそ 係助詞(係り結び)
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
推量の助動詞「む」已然形(「こそ」結び)

さても、げに、ながらふる世の習ひ心憂く、

明けぬ暮れぬとしつつ、さすがに現し心も交じり、

ものをとかく思ひ続くるままに、悲しさもなほまさる心地す。

はかなくあはれなりける契りのほども、

わが身ひとつのことにはあらず。同じゆかりの夢見る人は、

知るも知らぬもさすが多くこそなれど、

さしあたりて、例なくのみおぼゆ。忘れられない (マーガレットコミックス)

さても 接尾語
げに 副詞
ながらふる ハ行下二段活用動詞「長らふ」連体形
名詞
格助詞
習ひ 名詞
心憂く ク活用形容詞「心憂し」連用形
明け カ行下二段活用動詞「明く」連用形
完了の助動詞「ぬ」終止形
暮れ ラ行下二段活用動詞「暮る」連用形
完了の助動詞「ぬ」終止形
格助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
つつ 接続助詞
さすがに 副詞
現し心 名詞
係助詞
交じり ラ行四段活用動詞「交じる」連用形
もの 名詞
格助詞
とかく 副詞
思ひ続くる カ行下二段活用動詞「思ひ続く」連体形
まま 名詞
格助詞
悲しさ 名詞
係助詞
なほ 副詞
まさる ラ行四段活用動詞「まさる」連体形
心地 名詞
す。 サ行変格活用動詞「す」終止形
はかなく ク活用形容詞「はかなし」連用形
あはれなり ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
契り 名詞
格助詞
ほど 名詞
係助詞
代名詞
格助詞
名詞
ひとつ 名詞
格助詞
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞
あら 補助動詞ラ行変格活用動詞「あり」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形
同じ シク活用形容詞「同じ」連体形
ゆかり 名詞
格助詞
名詞
見る マ行上一段活用「見る」連体形
名詞
係助詞
知る ラ行四段活用動詞「知る」連体形
係助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
係助詞
さすが 副詞
多く ク活用形容詞「多し」連用形
こそ 係助詞(係り結び)
なれ 断定の助動詞「なり」已然形(「こそ」結び)
接続助詞
さしあたり ラ行四段活用動詞「さしあたる」連用形
接続助詞
名詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
のみ 副助詞
おぼゆ。 ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」終止形。

 

むかしも今もただのどかなる限りある別れこそあれ、

かく憂きことは、いつかはありけるとのみ思ふもさることにて、

ただ、とかく、さすが思ひ馴れにしことのみ忘れがたさ、

いかでいかで、今は忘れんとのみ思へぢ、かなはぬ、悲しくて、

 

例なきかかるわかれになほとまる面影ばかり身に添ふぞ憂き忘れられない (マーガレットコミックス)

むかし 名詞
係助詞
名詞
係助詞
ただ 副詞
のどかなる ナリ活用形容動詞「のどかなり」連体形
限り 名詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
別れ 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
あれ ラ行変格活用動詞「あり」已然形(「こそ」結び)
かく 副詞
憂き ク活用形容詞「憂し」連体形
こと 名詞
係助詞
いつ 名詞
かは 係助詞(係り結び)
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
格助詞
のみ 副助詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
係助詞
さる 連体詞
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続助詞
ただ 副詞
とかく 副詞
さすが 副詞
思ひ馴れ ラ行下二段活用動詞「思ひ馴る」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
こと 名詞
のみ 副助詞
忘れがたさ 名詞
いかで 副詞
いかで 副詞
名詞
係助詞
忘れ ラ行下二段活用動詞「忘る」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
のみ 副助詞
思へ ハ行四段活用動詞「思ふ」已然形
接続助詞
かなは ハ行四段活用動詞「かなふ」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
悲しく シク活用形容詞「かなし」連用形
接続助詞
名詞
なき ク活用形容詞「なし」連体形
かかる ラ行変格活用動詞「かかり」連体形もともと副詞「かく」+ラ行変格活用動詞「あり」連体形
わかれ 名詞
格助詞
なほ 副詞
とまる ラ行四段活用動詞「とまる」連体形
面影 名詞
ばかり 副助詞
名詞
格助詞
添ふ ハ行四段活用動詞「添ふ」連体形
係助詞(係り結び)
憂き ク活用形容詞「憂し」連体形

いかで今は効なきことを嘆かずてもの忘れする心にもがな

 

わすれんと思ひてもまた立ち返り名残なからんことぞ悲しき

いかで 副詞
名詞
係助詞
効なき ク活用形容詞「効なし」連体形
こと 名詞
格助詞
嘆か カ行四段活用動詞「嘆く」未然形
打消の助動詞「ず」「連用形
接続助詞
もの忘れ 名詞
する サ行変格活用動詞「す」連体形
名詞
格助詞
もがな 終助詞
わすれ ラ行下二段活用動詞「忘る」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
接続助詞
係助詞
また 副詞
立ち返り ラ行四段活用動詞「立ち返る」連用形
名残 名詞
なから ク活用形容詞「なし」未然形
仮定婉曲の助動詞「む」連体形
こと 名詞
係助詞(係り結び)
悲しき シク活用形容詞「かなし」連体形(「ぞ」結び)

 

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ