木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞その6

  • LINEで送る

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞その5はこちら

今井四郎、馬より飛び降り、主の馬の口に取りついて申しけるは、

今井四郎兼平

「弓矢取りは、年ごろ日ごろいかなる高名候へども、最後の時不覚しつれば、長き疵にて候ふなり。

御身は疲れさせたまひて候ふ。続く勢は候はず。

敵に押し隔てられ、言ふかひなき人の郎等に組み落とされさせたまひて、討たれさせたまひなば、

『さばかり日本国に聞こえさせたまひつる木曾殿をば、

それがしが郎等の討ちたてまつたる』なんど申さんことこそ口惜しう候へ。

ただあの松原へ入らせたまへ」

 

と申しければ、木曾、

木曽殿
「さらば」

とて、粟津の松原へぞ駆けたまふ。

現代語訳

今井四郎は、馬から飛び降りて、主の馬の口に取りついて申しあげたことは、

今井四郎兼平

「武士たる者は、常日頃どのような功名がございましても、最後の時に失敗をしてしまうと、長い間疵となるものです。

殿のお体はお疲れになっております。後続の軍勢はございません。

敵に押し隔てられて、つまらない人の郎等に組み落とされなさって、討たれなさったら、

『(一時期京の都を席巻した)あれほど日本国にその名が聞こえなさっていた木曾殿を、

誰々の郎等が討ち申し上げた。』などと申されることは残念でございます。

ただあの松原へお入りなさいませ。」

と申しあげると、木曾殿は、

木曽殿
「其れならば」

といって、粟津の松原へ駆けなさる。

ポイント

先ほど、義仲に「御身もいまだ疲れさせ給はず」と元気づけていた今井が「御身は疲れさせたまひて候ふ。」と言っているのはなぜか?

→最期の決意を促すため。

品詞分解

 

今井四郎 名詞
名詞
より 格助詞
飛び降り ラ行下二段活用動詞「飛び降る」連用形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
取りつい カ行四段活用動詞「取り付く」連用形「取りつき」イ音便
接続助詞
申し サ行四段活用動詞「申す」連用形謙譲語本動詞作者→木曽殿申し上げる
ける 過去の助動詞「けり」連体形
係助詞
「弓矢取り 名詞
係助詞
年ごろ 名詞
日ごろ 名詞
いかなる ナリ活用形容動詞「いかなり」連体形
高名 名詞
候へ ハ行四段活用動詞「候ふ」已然形

丁寧語本動詞今井四郎兼平→木曽殿ございます

ども 接続助詞
最後 名詞
格助詞
名詞
不覚し サ行変格活用動詞「不覚す」連用形
つれ 完了の助動詞「つ」已然形
接続助詞
長き ク活用形容詞「長し」連体形
名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続助詞
候ふ 丁寧語ハ行四段活用補助動詞今井四郎兼平→木曽殿ございます
なり。 断定の助動詞「なり」終止形
御身 接頭語+名詞
係助詞
疲れ ラ行下二段活用動詞「疲る」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形

今井四郎兼平→木曽殿なさる

たまひ ハ行四段活用動詞「たまふ」連用形尊敬語補助動詞今井四郎兼平→木曽殿なさる
接続助詞
候ふ。 丁寧語ハ行四段活用補助動詞今井四郎兼平→木曽殿ございます。
続く カ行四段活用動詞「続く」連体形
名詞
係助詞
候は ハ行四段活用動詞「候ふ」未然形

丁寧語本動詞今井四郎兼平→木曽殿

ございます

ず。 打消の助動詞「ず」終止形。
名詞
格助詞
押し隔て タ行下二段活用動詞「押し隔つ」未然形
られ 受け身の助動詞「らる」の連用形
言ふかひなき ク活用形容詞「言ふかひなし」連体形
名詞
格助詞
郎等 名詞
格助詞
組み落とさ サ行四段活用動詞「組み落とす」未然形
受け身の助動詞「る」の未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形

今井四郎兼平→木曽殿なさる

たまひ ハ行四段活用動詞「たまふ」連用形尊敬語補助動詞今井四郎兼平→木曽殿なさる
接続助詞
討た タ行四段活用動詞「討つ」未然形
受け身の助動詞「る」の未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形

今井四郎兼平→木曽殿 なさる

たまひ ハ行四段活用動詞「たまふ」連用形尊敬語補助動詞今井四郎兼平→木曽殿なさる
完了の助動詞「ぬ」未然形
接続助詞
『さばかり 副詞
日本国 名詞
格助詞
聞こえ ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形

世間→木曽殿 なさる

たまひ ハ行四段活用動詞「たまふ」連用形尊敬語補助動詞世間→木曽殿なさる
つる 完了の助動詞「つ」連体形
木曾殿 名詞
格助詞
接続助詞
それがし 代名詞
格助詞
郎等 名詞
格助詞
討ち タ行四段活用動詞「討つ」連用形
たてまつ 謙譲語補助動詞ラ行四段活用動詞「奉る」連用形「奉り」促音便
たる』 完了の助動詞「たり」連体形』
なんど 副助詞
申さ サ行四段活用動詞「申す」未然形

謙譲語本動詞→木曽殿

申し上げます

推量の助動詞「む」連体形
こと 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
口惜しう ク活用形容詞「口惜し」連用形「口惜しく」ウ音便
候へ。 ハ行四段活用動詞「候ふ」已然形(「こそ」結び)

丁寧語補助動詞今井四郎兼平→木曽殿

ございます

ただ 副詞
代名詞
格助詞
松原 名詞
格助詞
入ら ラ行四段活用動詞「入る」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形

今井四郎兼平→木曽殿

なさる

たまへ。」 ハ行四段活用動詞「たまふ」命令形

尊敬語補助動詞今井四郎兼平→木曽殿

なさる

格助詞
申し サ行四段活用動詞「申す」連用形謙譲語本動詞作者→木曽殿申し上げる
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
接続助詞
木曾 名詞
「さらば」 接続語
とて 格助詞
粟津 名詞
格助詞
松原 名詞
格助詞
係助詞(係り結び)
駆け カ行下二段活用動詞「駆く」連用形
たまふ。 ハ行四段活用動詞「たまふ」終止形

尊敬語補助動詞作者→木曽殿

なさる

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞その7はこちら

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ