木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞その8

  • LINEで送る

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞その7はこちら

原文

死生は知らず、やにはに敵八騎射落とす。

その後、打物抜いてあれに馳せ合ひ、これに馳せ合ひ、切つて回るに、面を合はする者ぞなき。

分捕りあまたしたりけり。ただ、

「射取れや」

とて、中に取りこめ、雨の降るやうに射けれども、鎧よければ裏かかず、あき間を射ねば手も負はず。

現代語訳

(今井四郎に射られた敵の)死生はわからないが、その場で敵八騎を射落とす。

その後、太刀を抜いてあちらの敵向かったかとおもうと、こちらの敵に向かい、斬って回るが、まともに相手をする者がいない。

多くの敵を殺傷した。敵はただ、

「射取れや」

といって、軍勢の中に取り囲んで、まるで雨が降るように(矢を)射ったけれども、(今井四郎の)鎧が良いので裏まで貫通せずに、鎧の隙間を射ないので傷も負はない。

ポイント

  • ぞなき 係り結びです。オレンジのマーカーです
  • 切つ  促音便 水色のマーカーです。
  • 今井四郎がたった一騎で五十騎の中に突撃しているが、それは何のためか?
  • →木曽殿の自害を援助するため

品詞分解

死生 名詞
係助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
やにはに 副詞
敵八騎 名詞
射落とす。 サ行四段活用動詞「射落とす」終止形
代名詞
格助詞
名詞
打ち物 名詞
抜い カ行四段活用動詞「抜く」連用形「抜き」イ音便
接続助詞
あれ 代名詞
格助詞
馳せ合ひ ハ行四段活用動詞「馳せ合ふ」連用形
これ 代名詞
格助詞
馳せ合ひ ハ行四段活用動詞「馳せ合ふ」連用形
切つ ラ行四段活用動詞「切る」連用形「切り」促音便
接続助詞
回る ラ行四段活用動詞「回る」連体形
接続助詞
名詞
格助詞
合はする ラ行下二段活用動詞「合はす」連体形
名詞
係助詞(係り結び)
なき。 ク活用形容詞「なし」連体形(「ぞ」結び)
分捕り 名詞
あまた 副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連体形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。
ただ 副詞
「射取れ ラ行四段活用動詞「射取る」命令形
や」 間投助詞
とて 格助詞
名詞
格助詞
取りこめ マ行下二段活用動詞「取り込む」連用形
名詞
格助詞
降る ラ行四段活用動詞「降る」連体形
やうに 比況の助動詞「やうなり」連用形
ラ行上一段活用動詞「射る」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ども 接続助詞
名詞
よけれ ク活用形容詞「よし」已然形
接続助詞
名詞
かか カ行四段活用動詞「かく」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
あき間 名詞
格助詞
ラ行上一段活用動詞「射る」未然形
打消の助動詞「ず」已然形
接続助詞
名詞
係助詞
負は ハ行四段活用動詞「負ふ」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞その9はこちら

古文品詞分解全訳記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ