早稲田が第一志望でMARCHを確保したい時の最適な受験方法は?全学部日程、一般、それともセンター?

  • LINEで送る

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。記事をご覧頂きありがとうございます。

 

さて今回は、早稲田を第一志望にしていて、絶対に早稲田に合格したい!でも成績には不安がある場合の対処法について書きたいと思います。ちなみに僕がもっとも得意とするパターンです。

ここではとにかく早稲田に行きたいので、MARCHについては、はっきり言ってどこでもいい!MARCHの中ならなんでもいい。という場合を想定します。

 

もちろん、立教と法政では印象が違うと思いますし、実際ネームバリューにも、雰囲気にも違いはあると思います。場所も違いますしね。特に八王子の法政と池袋の立教の場合は、大学生活もかなり違ったものになるでしょう。

 

全学部、一般、センター利用、どれにするべき?

一口にMARCHを確保と言っても、その入試形態は様々です。そして、日程も様々で、志望校によっては、同じ形態でも、〇〇日程なんかもあって、とにかく複雑な形になっています。

早稲田や慶應など、いわゆる上位の学校ほど、入試形態がシンプルなように思います。受験生が多いので何度も何度も受験させなくても、しっかり利益を出せているんですね。

 

結論から言うと、全学部、一般、センターの形態なら、受験するのは「一般のみ」が良いと僕は考えています。理由は一番難易度が低くて、対策に時間がかからないからですね。

僕が指導するときには、徹底的にやることを絞って、第一志望で必要な事は可能な限りすべてやってもらいます。真剣に対策をすると、やることを絞らないと時間がいくらあっても足りないんですよね。

おそらく、塾でも、学校でも、あるいは、お母さまにも?かなりの数の大学だったり、学部だったりを受けるよう勧められると思います。幅広く受ける方が安心する気もしますしね。

それぞれの入試形態で受験するべき人とはどんな人なのでしょうか?僕なりの視点で考えてみたいと思います。

 

全学部日程で受けるべきな受験生は?

早稲田を第一志望にしているなら、全学部日程でうける必要はないと思っているのですが、それでも全学部日程で受けたい場合は、以下の条件を満たしているか確認すると良いと思います。

 

  1. 成績的に、ある程度自信があること
  2. そのMARCHの大学に行きたい学部が複数あること
  3. その上でお得に受験したいこと

一つ一つ確認していきますね。

まず、成績にある程度自信があることが大切です。実際、一般入試と比較して考えると合格最低点は10点くらい違うこともあり、とにかく難易度は全学部の方が高いです。

ですので、一般で受けるよりも高度な学力が必要になります。つまり、一般で受けるよりもしっかりとした準備が必要になり、対策に時間がかかるということですね。

 

そのMARCHの大学に行きたい学部が複数あること

まあ、これについては言うまでもないかもしれません。一つしかないなら、一般で受けた方がいいですね。その方が簡単ですし、時間もかからないですからね。

 

お得に受験したいこと

これもそのまですね。1回の入試でいろいろ受けられるわけですので。受験料的にも一般×学部数よりは、かなりお得ですね。

 

センター利用で受けるべき受験生は?

早稲田が第一志望で、わざわざセンター試験を受ける必要はないと思っていますが、ひょっとしたら、中にはセンター試験も受けておいたほうが良いと考える方もいるかもしれません。

センター試験は基本的に国立受験生のためのものだということを確認しておいたほうが良いですね。英語や歴史なんかは、対策の問題集や参考書もかなり豊富にありますし、確かに一一考の余地はあるかもしれません。

しかし、時間制限を考慮すると、求められる情報処理能力は正直センター試験のほうがMARCHの大学よりも高いのではないかと僕は思っています。特に国語はかなり厳しい気がします。古文や漢文もかなり文章が長い気がしますし。

東大や一橋を受けるような受験生がライバルになるから、というのもありますが、もちろんそれも含めて対策です。やはり国立受験生と伍してセンター対策をしていくとなると、一定時間以上の訓練が必要になってきます。

 

ですので、もしセンター利用で受けるとしたら・・・うーん受験回数を稼いでアピールしたい人となるでしょうか。

 

一般で受けるべき受験生は?

最初に結論を言ってしまったのですが、すべての受験生はやはり一般で受かるように対策をしっかり行うのが良いと思っています。

もともと僕は、かなりやることを絞って、その範囲は必ずとるという方針で教えています。だから逆転も可能になるのです。

ある程度実力があるのは当然ですが、しっかりと過去問も最低1冊は分析・研究し、出る形式や制限時間、配点を確認するだけでなく、出やすいパターン、点に絡む要素をしっかりと抑えていく事が必要です。

そうすると、全学部やセンター利用とくらべて難易度も低いMARCHの一般試験といえども、一定以上時間はかかるものです。

 

特に、早稲田に受かるような実力がまだついていないというのであれば、MARCHの対策は最小限、最短時間でクリアして、早稲田の対策に時間をかけたいところです。

 

結論。早稲田第一志望ならMARCHは一般で最小限の対策時間でこなすべし

そんなわけで、とにかく早稲田に受かりたいなら、MARCHの対策は最小限の時間で済ませて、とにかく時間を早稲田対策に回すべし!というのが僕の考えです。

まあ、受験回数を増やしたくなる気持ちもわかりますけどね。ここはぐっとこらえていきましょう。

 

応援しています。

『逆転合格メーカー』コシャリ

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ