仁王が天鳳に勝った~『鮫島、最後の十五日』から学ぶこと

  • LINEで送る

こんにちは、コシャリです。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、箸休め的な記事です。

 

 

僕が最近読む漫画

僕は普段特にコミックを好んで読む方ではないのですが、

いくつか必ず読むものがあります。

 

プロフィールでも紹介しましたが、

スラムダンクは大好きです。

 

といってもこの頃は読んでいませんが、、、、

 

 

この頃読んでいるのは、

週刊少年チャンピオンです。

 

じつは、

毎週木曜が楽しみでしかたがなかったりします。

 

主に読むのは、

 

相撲の漫画の「鮫島、最後の十五日」

自転車漫画の「弱虫ペダル」

格闘技漫画の「刃牙道」

不良?ヤンキー?漫画の「クローバー」

 

ですね。

 

3月5日発売のチャンピオン

今週の木曜、つまり本日3月5日発売の

チャンピオンは、

 

 

僕の好きな「鮫島、最後の十五日」と

「刃牙道」が表紙でしたね。

 

「鮫島、最後の十五日」では、

 

主人公鮫島鯉太郎の所属する

空流部屋の、兄弟子に当たる仁王が、

 

 

外国人力士、大関の天鳳に勝つシーンでした。

 

ちょっと感動して、3度読みしてしまいましたね。

 

先週の「鮫島、最後の十五日」では、

親方がこんなことをいっていました。

 

「骨格だったり、体格だったり、、、

人種や民族を言い訳にして、、

 

勝つことをあきらめてしまう。

 

そんな風潮がおれは大嫌いなんだ」

 

僕はここに著者の言いたいことがあるのかな

なんて思っていましたが、

 

今週それがついに実現しました。

 

 

「外国人力士の力相撲にたいして、

力でねじ伏せてしまう。

 

そんな夢を俺はこいつ(仁王)に見ちまっているんだ。」

 

 

なんてことも言っていました。

 

それが今回実現したわけです。

 

仁王の勝利から学べること

 

僕はこの漫画の、、

 

ダイナミックな絵と努力する姿や、ものすごい根性、

男の背中、生き様みたいな男臭い部分が大好きなんですが、

 

(何しろ昭和生まれですからね笑)

 

この漫画を読んでいると、

いつも背筋が伸びる気がするんですよね。

 

本当に実現したい目標があるなら、

周りがなんと言おうと、「やる」

 

敵がどんなに強そうに見えても「やる」

 

目標を達成するために、あらゆる手を尽くす

 

 

スピードや、効率が求められる時代だけど、、、

 

自分がこれをやりたいと思うものがあるなら、、

「貫き通す」

 

いつも「鮫島最後の十五日間」にはエネルギーをもらってます。

 

 

 

さて、、

 

ここから、このブログの主な読者である受験生にとって

役だつ部分をあげてみると・・・

 

「今は浪人してまで大学に行く時代じゃないから・・・」

「自分の学校から、〇〇大学に行った人はいないから・・・」

 

「自分なんてこんなものだから・・・」

「学校の先生に言われたから・・・」

 

「一年やって成果がでなかったから・・・」

「自分は頭がよくないから・・・」

 

色々理由はあると思いますが、

何か理由をつけて、、

 

本当に行きたい大学をあきらめていませんか?

 

 

本当にやりたいなら、やり通してほしいなと思います。

 

できること、すべてやってみたでしょうか?

 

あるいは、、、

 

すべてやってみる覚悟はできていますか?

 

さてと、、

僕も本当に第一志望大学に行きたい人のサポートを頑張ろうと思います。

 

本日3月6日が発売日なんですね!

鮫島、最後の十五日 1 (少年チャンピオン・コミックス)
佐藤タカヒロ
秋田書店 (2015-03-06)
売り上げランキング: 384

 

 

 

 

 

 

 

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ