徒然草花は盛りに137段品詞分解

  • LINEで送る

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

助動詞:薄緑のマーカーです
敬語:緑のマーカーです
係り結び:オレンジのマーカーです。
音便:水色マーカーです

 

高貴で優秀な、将来が嘱望されるボーイズ・アンド・ガールズのみなさま

こんにちは、コシャリです。

 

NAT77_sakuranosanka500

 

本文

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。

雨に向かひて月を恋ひ、垂れ籠めて春の行くへ知らも、

なほ、あはれに情け深し。

咲きぬべきほどの梢、散り萎れたる庭などこそ、見どころ多けれ。

品詞分解

名詞
係助詞
盛り 名詞
に、 格助詞
名詞
係助詞
隈なき ク活用形容詞「隈なし」連体形
格助詞
のみ 副助詞
見る マ行上一段活用動詞「見る」連体形
もの 名詞
かは。 終助詞
名詞
格助詞
向かひ ハ行四段活用動詞「向かふ」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
恋ひ、 ハ行上二段活用動詞「恋ふ」連用形
垂れ籠め マ行下二段活用動詞「垂れ籠む」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
行くへ 名詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
打消 の助動詞「ず」連体形
も、 係助詞
なほ 副詞
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
情け 名詞
深し。 ク活用形容詞「深し」終止形
咲き カ行四段活用動詞「咲く」連用形
強意の助動詞ぬ終止形
べき 推量の助動詞「べし」連体形
ほど 名詞
格助詞
名詞
散り萎れ タ行下二段活用動詞「散り萎る」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
名詞
など 副助詞
こそ 係助詞(係り結び)
見どころ 名詞
多けれ。 ク活用形容詞「多し」已然形(「こそ」結び)

本文

歌の詞書にも

「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ」とも、

「障ることありてまからで」なども書けは、

「花を見て」と言へに劣れことかは。

花の散り、月の傾くを慕ふ習ひは、さることなれど、

ことに頑ななる人ぞ、

「この枝、かの枝散りにけり。今は見どころなし。」などは言ふめる。

品詞分解

名詞
格助詞
詞書き 名詞
格助詞
係助詞
「花見 名詞
格助詞
まかれ ラ行四段活用動詞「まかる」已然形
完了の助動詞「り」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
に、 接続助詞
早く 副詞
散り過ぎ ガ行上二段活用動詞「散り過ぐ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば」 接続助詞
格助詞
も、 係助詞
「障る ラ行四段活用動詞「障る」連体形
こと 名詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
接続助詞
まから ラ行四段活用動詞「まかる」未然形
で」 接続助詞
など 副助詞
係助詞
書け カ行四段活用動詞「書く」已然形
存続の助動詞「り」連体形
は、 係助詞
「花 名詞
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
て」 接続助詞
格助詞
言へ ハ行四段活用動詞「言ふ」已然形
存続の助動詞「り」連体形
格助詞
劣れ ラ行四段活用動詞「劣る」已然形
存続の助動詞「り」連体形
こと 名詞
かは。 終助詞
名詞
格助詞
散り ラ行四段活用動詞「散る」連用形
名詞
格助詞
傾く カ行四段活用動詞「傾く」連体形
格助詞
慕ふ ハ行四段活用動詞「慕ふ」連体形
習ひ 名詞
は、 係助詞
さる 連体詞ラ行変格活用動詞「さり」連体形「さる」が変化した語←副詞「さ」+ラ行変格活用動詞「あり」
 こと 名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
ど、 接続助詞
ことに 副詞
かたくななる ナリ活用形容動詞「かたくななり」連体形
名詞
ぞ、 係助詞(係り結び)
「こ 代名詞
格助詞
枝、 名詞
代名詞
格助詞
名詞
散り ラ行四段活用動詞「散る」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
名詞
係助詞
見どころ 名詞
なし。」 ク活用形容詞「なし」終止形
など 副助詞
係助詞
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」終止形
める。 推定の助動詞「めり」連体形(「ぞ」結び)

本文

よろづのことも、初め終はりこそをかしけれ。

男・女の情けも、ひとへにあひ見るをばいふものかは。

あはでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲居を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとは言はめ。

品詞分解

よろづ 名詞
格助詞
こと 名詞
係助詞
初め 名詞
終はり 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
をかしけれ。 シク活用形容詞「をかし」已然形(「こそ」結び)
名詞
名詞
格助詞
情け 名詞
係助詞
ひとへに 副詞
逢い見る マ行上一段活用動詞「逢い見る」連体形
格助詞
係助詞
いふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
もの 名詞
かは。 終助詞
逢は ハ行四段活用動詞「逢ふ」未然形
接続助詞
やみ マ行四段活用動詞「やむ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
憂さ 名詞
格助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
あだなる ナリ活用形容動詞「あだなり」連体形
契り 名詞
格助詞
かこち、 タ行四段活用動詞連用形
長き ク活用形容詞「長し」連体形
名詞
名詞
一人 名詞
明かし、 サ行四段活用動詞「明かす」連用形
遠き ク活用形容詞「遠し」連体形
雲居 名詞
格助詞
思ひやり、 ラ行四段活用動詞「思ひやる」連用形
浅茅 名詞
格助詞
宿 名詞
格助詞
名詞
格助詞
偲ぶ バ行四段活用動詞「偲ぶ」連体形
こそ、 係助詞(係り結び)
名詞
好む マ行四段活用動詞「好む」終止形
格助詞
係助詞
いは ハ行四段活用動詞「いふ」未然形
め。 推量の助動詞「む」已然形(「こそ」結び)

本文

望月のくまなきを千里のほかまで眺めたるよりも、

暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、
深き山の杉の梢に見えたる木の間の影、

うちしぐれたるむら雲隠れのほど、またなくあはれなり。

品詞分解

望月 名詞
格助詞
隈なき ク活用形容詞「隈なし」連体形
格助詞
千里 名詞
格助詞
ほか 名詞
まで 副助詞
眺め マ行下二段活用動詞「眺む」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
より 終助詞
も、 係助詞
名詞
近く ク活用形容詞「近し」連用形
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
接続助詞
待ち出で ダ行下二段活用動詞「待ち出づ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
が、 格助詞
いと 副詞
心深う ク活用形容詞「心深し」連用形「心深く」ウ音便
青み マ行四段活用動詞「青む」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
やうに 比況の助動詞「やうなり」連用形
て、 接続助詞
深き ク活用形容詞「深し」連体形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
見え マ行下二段活用動詞「見ゆ」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
木の間 名詞
格助詞
名詞
うち時雨れ 接頭語+ラ行下二段活用動詞「時雨る」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
群雲隠れ 名詞
格助詞
ほど、 名詞
またなく ク活用形容詞「またなし」連用形
あはれなり。 ナリ活用形容動詞「あはれなり」終止形

本文

椎柴・白樫などの濡れたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、

身に染みて、こころあらん友もがなと、都恋しうおぼゆれ。

椎柴・ 名詞
白樫 名詞
など 副助詞
格助詞
濡れ ラ行下二段活用動詞「濡る」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
やうなる 比況の助動詞「やうなり」連体形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
きらめき カ行四段活用動詞「きらめく」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
こそ、 係助詞(係り結び)
名詞
格助詞
染み マ行四段活用動詞「染む」連用形
て、 接続助詞
名詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
婉曲の助動詞「む」連体形
名詞
もがな 終助詞
と、 格助詞
名詞
恋しう シク活用形容詞「恋し」連用形「恋しく」ウ音便
おぼゆれ。 ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」已然形(「こそ」結び)

本文

すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。

春は家を立ち去らでも、月の夜は、閨の内ながらも思へこそ、

いと頼もしうをかしけれ。

品詞分解

すべて 副詞
月・花 名詞
格助詞
ば、 係助詞
副詞
のみ 副助詞
名詞
にて 格助詞
見る マ行上一段活用動詞「見る」
もの 名詞
かは。 終助詞
名詞
係助詞
名詞
格助詞
立ち去ら ラ行四段活用動詞「立ち去る」未然形
接続助詞
も、 係助詞
名詞
格助詞
名詞
係助詞
名詞
格助詞
名詞
ながら 接続助詞
係助詞
思へ ハ行四段活用動詞「思ふ」已然形
存続の助動詞「り」連体形
こそ 係助詞(係り結び)
いと 副詞
頼もしう シク活用形容詞「頼もし」連用形「頼もしく」ウ音便
をかしけれ。 シク活用形容詞「をかし」已然形(「こそ」結び)

本文

よき人は、ひとへに好けさまにも見えず、

興ずるさまもなほざりなり。

品詞分解

よき ク活用形容詞「よし」連体形
名詞
は、 係助詞
ひとへに 副詞
好け カ行四段活用動詞「好く」已然形
存続の助動詞「り」連体形
さま 名詞
格助詞
係助詞
見え ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」未然形
ず、 打消 の助動詞「ず」連用形
興ずる サ行変格活用動詞「興ず」連体形
さま 名詞
係助詞
なほざりなり。 ナリ活用形容動詞「なほざりなり」終止形

本文

片田舎の人こそ、色濃くよろづはもて興ずれ。

花のもとには、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて、

酒飲み、連歌して、果ては、大きなる枝、心なく折り取りぬ。

泉には手足さし浸して、雪には下り立ちて跡つけなど、

よろづのもの、よそながら見ることなし。

品詞分解

片田舎 名詞
格助詞
名詞
こそ、 係助詞(係り結び)
色濃く ク活用形容詞「色濃し」連用形
よろづ 名詞
係助詞
もて興ずれ。 接頭語+サ行変格活用動詞「興ずる」已然形(「こそ」結び)
名詞
格助詞
もと 名詞
格助詞
係助詞
ねぢ寄り ラ行四段活用動詞「ねぢ寄る」連用形
立ちより、 ラ行四段活用動詞「立ち寄る」連用形
あからめ 名詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
打消 の助動詞「ず」連用形
まもり ラ行四段活用動詞「まもる」連用形
て、 接続助詞
名詞
飲み マ行四段活用動詞「飲む」連用形
連歌し サ行変格活用動詞「連歌す」連用形
て、 接続助詞
果て 名詞
係助詞
大きなる ナリ活用形容動詞「大きなり」連体形
枝、 名詞
心なく ク活用形容詞「心なし」連用形
折り取り ラ行四段活用動詞「折り取る」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形
名詞
格助詞
係助詞
手足 名詞
さし浸し 接頭語+サ行四段活用動詞「浸す」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
係助詞
下り立ち タ行四段活用動詞「下り立つ」連用形
接続助詞
名詞
つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形
など、 副助詞
よろづ 名詞
格助詞
もの、 名詞
よそながら 副詞
見る マ行上一段活用動詞「見る」連体形
こと 名詞
なし。 ク活用形容詞「なし」終止形

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ