宇治拾遺絵仏師良秀品詞分解現代語訳敬語助動詞その1

  • LINEで送る

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

今回は芸術家の執念についてのお話です。

 

自分の家事で家が焼けて、家族がまだ家の中にいても、「この火事のおかげで炎の描き方がわかったぜ、ラッキー!!」といえる精神はすさまじいぜ!

できる芸術家ってのはこういうもんなのか!すげーな!

 

というお話です。

 

これをご覧のあなたもきっと、何があっても動じない強い精神力をお持ちのことでしょう。

私も欲しいです。

助動詞:薄緑のマーカーです

敬語:緑のマーカーです

係り結び:オレンジのマーカーです。

原文

これも今は昔、絵仏師良秀(よしひで)といふありけり。家の隣より火出で来て、風おしおほひてせめければ、逃げ出でて大路へ出でにけり

人の書かする仏もおはしけり。また、衣着妻子なども、さながら内にありけり

それも知ら、ただ逃げ出でたるをことにして、向かひのつらに立て

 

見れば、すでにわが家に移りて、けぶり・炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちてながめければ、

人ども
 「あさましきこと。」 
とて、人ども来とぶらひけれど、騒がず。

現代語訳

これも今となっては昔のことだが、絵仏師良秀という者がいた。隣の家から出火し、風が(火に)覆い被さって、(火が自分の家に)押し寄せてきたので、(絵仏師良秀は自分の家から)逃げ出して、大通りに出てきてしまった。

(お客さんである)人が(仏の絵かきである自分に注文して)描かせていた仏(の絵)も(燃えている自分の家には)いらっしゃった。

また、(火事に驚きあわてふためいて)衣服を身に着けていない妻子なども、(まだ外に逃げ出さずに)そのまま家の中にいた。

そんなこと(クライアントの注文品や妻子が火の迫る家の中にいること)にもかかわらず、良秀は自分が(危険な)家から脱出したことをいいことに、(安全な)家の向こう側に立っていた。

 

見ると、すでの自分の家に(火は)移って、煙や炎がくすぶり、(家屋が燃え上がる)まで、(良秀は動揺することもなく)大半を、自分の家の向いで立って、(燃え上がる自分の家を)眺めていたので、

人ども
 「驚き呆れるほどたいへんなことでしたね。」 
といって、人々が火事の見舞いに訪れたけれども、良秀は、騒がず。

感想

いやー凄いですね。矢島金太郎とは違いますね。

品詞分解

これ 代名詞
係助詞
名詞
係助詞
昔、 名詞
絵仏師良秀 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
名詞
格助詞
名詞
より 格助詞
名詞
出で来 カ行変格活用動詞「出で来」連用形
て、 接続助詞
名詞
おしおほひ ハ行四段活用動詞「おしおほふ」連用形
接続助詞
せめ マ行下二段活用動詞「せむ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
逃げ出で ダ行下二段活用動詞「逃げ出づ」連用形
て、 接続助詞
大路 名詞
格助詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
名詞
格助詞
かか カ行四段活用動詞「かく」未然形
する 使役の助動詞「す」連体形
名詞
係助詞
おはし 尊敬語本動詞

サ行変格活用動詞「おはす」連用形

作者⇒仏 いらっしゃる

けり。 過去の助動詞「けり」終止形
また、 接続詞
名詞
カ行上一段活用動詞「着る」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
妻子 名詞
など 副助詞
も、 係助詞
さながら 副詞
名詞
格助詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
それ 代名詞
係助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
ず、 打消の助動詞「ず」連用形
ただ 副詞
逃げ出で ダ行下二段活用動詞「逃げ出づ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
格助詞
こと 名詞
格助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
て、 接続助詞
向かひ 名詞
格助詞
つら 名詞
格助詞
立て タ行四段活用動詞「立つ」命令形
り。 存続の助動詞「り」終止形
見れ マ行上一段活用動詞「」已然形
ば、 接続助詞
すでに 副詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
移り ラ行四段活用動詞「移る」連用形
て、 接続助詞
けぶり 名詞
名詞
くゆり ラ行四段活用動詞「くゆる」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
まで、 副助詞
おほかた、 副詞
向かひ 名詞
格助詞
つら 名詞
格助詞
立ち タ行四段活用動詞「立つ」連用形
接続助詞
ながめ マ行下二段活用動詞「眺む」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
「あさましき シク活用形容詞「あさまし」連体形
こと。」 名詞
とて、 格助詞
人ども 名詞
カ行変格活用動詞「来(く)」連用形
とぶらひ ハ行四段活用動詞「とぶらふ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ど、 接続助詞
騒が ガ行四段活用動詞「騒ぐ」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ