源氏物語浮舟かの人の御気色品詞分解現代語訳8

  • LINEで送る

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

文系受験にオススメはこちら

ukihune8

「年経とも変はらむものか橘の小島の崎に契る心は」

女も、めづらしからむ道のやうにおぼえて、

「 橘の小島の色は変はらじをこの浮舟ぞ行方知られぬ 」

現代語訳

匂宮「千年も持ちそうな緑の深さを誇る、
この橘の小島の崎であなたとちぎる私の心は、
年月が経っても永遠に変わらない」

(と匂宮がおっしゃっると)

女=浮舟も(毎朝毎夕見慣れた川なのに)はじめての(旅の)道中のような気持ちがして、

「橘の小島のあの深い緑色=あなたがお約束してくださることは、
永遠に変わらないのでしょうけれど、

薫さまとあなたに同時に求められて
どちらに身を寄せていいのか揺れ動く、
今まさに乗っている小舟のように頼りない、
浮舟のようなこの私は、いったいどこへ行ってしまうのでしょうか。

コメント

これを見た高貴な女性の皆さん!!
心配する必要はないと思いますが・・・

花火大会でオーガに告白すると宣言する狩生さんのように
強く生きましょう!!

でも私『逆転合格メーカー』コシャリは、オーガっていうと

ついつい地球最強の生物の方を

思い浮かべちゃうんですよね

源氏物語浮舟かの人の御気色品詞分解現代語訳9はこちら

古文品詞分解記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ