早稲田大学商学部対策講座1~合格最低点を知る

  • LINEで送る

 

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

さて、今回は早稲田大学の商学部の対策講座として、

全体像を把握していきたいと思います。

 

全体像を把握していくのですが、まずはゴール地点の把握ですね。コレがないとしっかりと方向が定まりませんし、自分の勉強が正しく進んでいるのかも把握できません。

したがって、全体像を把握しないで闇雲に進むのは、地図を持たずに旅に出るようなものですし、それではあまりにも非効率的な事になってしまいます。

 

学校の延長上に早稲田はないと思ったほうがいい

最初に言っておきたいのは、必ずしも学校の勉強の延長に早稲田の入試問題があるわけではないということです。

 

学校で習う基礎は確かに聞かれることもありますが、学校で聞かれるような形で聞かれる事はほとんどありません。

 

形を変えて聞かれる事がほとんどですね。で、結局覚えていなければいけないことというのは学校の基礎だったり、ということはもちろんありますが・・・

 

「まずは、学校の勉強が終わってから」とか「学校の勉強もできないのに合格できるはずがない」という人もいるし、ひょっとしたらこの記事を見ていただいているあなたも、そう思うかもしれません。

 

しかし、そんなことはありませんし、「学校の勉強ができないと受からない」とか、「学校の勉強もしないで受験勉強なんてできるわけがない」というのは、学校の先生の都合ですね。

はっきり言って、学校の先生で、生徒の志望校の入試科目で何が聞かれるか、しっかり把握している人はほとんどいません。

 

外語大関係のビデオでもお話しましたが、学校の先生は入試問題を見ていません。また、自分たちが教えている知識がそのまま受験で聞かれると思っています。ですが多くの場合、そのままの形では出てきません。いわゆる難関校と言われる学校ほど、その傾向があります。

 

それを、世間では難しいと言うのかもしれませんが、それは難しいのではなくて、形式に慣れていない、あるいは、学校の勉強が入試に即していない、もしくは、学校の勉強が入試に役立つためではなく、学校の勉強のために行われているためです。要は、学校の先生の大きな(そしてめんどくさいであろう)仕事の一つである「生徒の評価」をするためです。

 

テスト前になると、定期テストの対策で学校のテキストやプリントを見る機会がありますが、あんまりでないよなぁという問題が多いですね。もちろん一定の範囲の項目の理解度を測るのが目的なので、いいかもしれませんが、こういう問題をやる意味があるのかなぁと疑問に思うこともしばしばです。

 

話がそれましたが、本題です。

早稲田大学商学部の配点と時間

まず商学部の配点と時間を確認すると・・・

科目 配点 時間(分)
英語 80 90
国語 60 60
世界史・日本史・政治経済・数学から一つ 60 60

 

とまあ、こんな感じになっています。では合格最低点は?

 

早稲田大学商学部の合格最低点

手元にある教学社の赤本には2010年から2014年の合格最低点が載っていますが、早稲田の商学部の合格最低点は、だいたい126点から129点の間で推移しています。

 

過去問を無料で済まそうとする方が一定数いらっしゃると思いますが、ここはケチるところではありませんよ。最新版でなくても、古本でも構いませんから、ブックオフやアマゾンでもいいので、必ず赤本は購入してくださいね。

早稲田大学商学部2016

ここでは一応130点を想定してお話します。なお世界史・日本史・政治経済・数学は以下世界史として書いていきますので、ご自分の入試科目に読み替えてくださいね。

 

130/200点なので、65%取れればまずまず合格するわけです。

合格最低点が分かったら・・・

 

さてここからが勝負です。あなたはどのように合格の作戦を立てますか?

英語、国語、世界史を均等に65%とったとすると・・・

 

英語(80点満点) 国語(60点満点) 世界史(60点満点) 合計
65% 52点 39点 39点 130点

 

学校では、均等に勉強することになれているので、これでいいと思うかもしれませんし、もちろんこの記事をよんでくれているあなたの得意不得意にも左右されますが、正直世界史を39点獲るのはあんまり効率的ではないと思います。

 

で、僕が教えるなら、どうするか?あくまで本人の得意不得意や各科目の仕上がり具合にもよりますが、こんな感じに考えますね。

まずは各科目の点数の割合を出してみます。

英語80点満点 国語60点満点 世界史60点満点
9割  72点 54点  54点
8割  64点 48点  48点
7割5分  60点 45点  45点
7割  56点 42点  42点
6割5分  52点 39点  39点
6割  48点 36点  36点
5割  40点 30点  30点

 

 

早稲田大学商学部の英語で65%の52点は低すぎ

英語はもっと取りましょう。まず65%はひくすぎですね。8割くらい狙っていってもいいと思います。まあ64点はちょっときついとしても、60点くらいいきたいところです。60点取れれば75%ですね。もっと取りに行きたいですが。英語は科目の性質上というか、日本の受験の性質上底が浅いので、ガンガン取りにいきたいですね。

 

もちろん仕上がり具合によるので、すべての受験生にこうやれと言うつもりはありません。ただ、英語で獲るほうがどう考えても楽だと思います。

 

ここでは仮に60点を目標にしてみます。そうすると、合計の130点から60点を引いて、残り70点ですね。

 

70点をどう振り分ける?

さて残りの70点をどう振り分けましょうか?国語と世界史を35点ずつとりますか?それもいいかもしれませんが、早稲田の国語ってからくりがわかると結構点が取れるというのが、僕の実感です。ここで点数を確認すると、もし9割とれたら54点、8割なら48点、7割なら42点でしたね。

さすがに9割を獲る見込みを立てるのはちょっとリスキーなので、7割の42点をとったとすると、世界史は28点で済みます。これ、半分取らなくてもいいんですよね。

必要以上に「早稲田が難しい」と思い込んでいると、「早稲田なんだから、世界史も細かいところまで覚えなきゃいけない」となって、膨大な時間を世界史の細かい暗記に費やすことになります。このパターン多いですよ。結構な割合で死ぬと思います。棺桶にまっしぐらってところでしょうか?

もちろん、もう2月で残り一週間しかないとなれば、世界史に時間を費やすのは賢明な判断といえるかも知れませんが、恐らく早稲田は細かい年号の暗記を求めているわけではないと思います。

※ただ覚えれば点になる部分もあるので覚えているに越したことはないですが、優先順位を考えたいところです。

 

というわけで、ある程度英語が取れる、7割5分の60点取れるなら、国語で42点とれば世界史は28点で済みますね。

オススメのプランは?

僕なりのプランを紹介してみます。まず科目の性質と点をとる際の難易度から見てみます。あくまで僕の視点です。他にもいろいろ意見があっていいと思います。そのあたりはご自身の得意不得意や先生など、信頼の置ける方の意見にしたがってくださいね。

☆:最高◎:理想的 ◯:このくらい取りたい △:しのぐパターン ✕:無理ないし非効率

英語80点満点 国語60点満点 世界史60点満点
9割  72点 54点  54点✕
8割  64点☆ 48点☆  48点✕
7割5分  60点◎ 45点◎  45点✕
7割  56点◯ 42点◯  42点
6割5分  52点 39点  39点
6割  48点 36点  36点◎
5割  40点 30点  30点◯
4割  32点  24点  24点△

 

最後にオススメのプランを3つほど紹介します。

プラン1 英語&国語75%で世界史をしのぐパターン

英語 国語 世界史
プラン1 60点 46点 24点

恐らく総合的には一番時間がかからない気がします。ある程度国語が得意でないと、46点は難しいかもしれません。

プラン2 英語70%国語75%で頑張るパターン

英語 国語 世界史
プラン2 56点 46点 28点

このパターンも国語が強い人向けですね。英語でもうちょっと取りたいですが、英語が苦手で国語が得意なら、このパターンで良さそうです。

 

プラン3 英語70%国語70%で世界史を頑張るパターン

英語 国語 世界史
プラン3 56点 46点 32点

あんまり世界史に時間をかけるのはおすすめしないのですが、やや世界史を頑張るパターンです。

 

早稲田大学商学部得点シミュレーションの結論

僕のプランをみて、もっと世界史をとった方がいいと思う方もきっといると思います。ただ問題を見てみると、何となく歴史だけできる人は要らないよって言っている気がするんですよね。英語ができないから世界史を頑張るとか国語を頑張ると言う方もいると思います。もちろんそれも立派な戦略だと思います。

ただ、過去問を見て、どんな人を早稲田は求めているのかは常に考えなくてはいけないのではないかと思います。

 

問題を見る限り、僕は世界史や日本史よりも、英語ができる受験生や国語ができる受験生の方が求められているように感じます。というか、その方が効率的に感じますね。

というわけで、英語→国語→世界史の順に傾斜配分した方がいいですね。

 

参考になれば幸いです。

『逆転合格メーカー』コシャリ

 

※自分でコントロールできないので、ここでは得点調整・成績標準化は考慮に入れていません。

センター英語1ヶ月で63点あげて194点とった方法

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

2 Responses to “早稲田大学商学部対策講座1~合格最低点を知る”

  1. 無知 より:

    あんた成績標準化って知ってるか。

    • コシャリ より:

      コメントありがとうございます。得点調整じゃなくて成績標準化ってかけばよかったですね。ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ