どうもコシャリです。今回は、YouTubeのコメントから頂いたご質問にお答えしました。

生徒さん
慶應の文学部と外大のフランス語だと、コロナも鑑みてどちらの方が充実した大学生活になると思いますか?
コメントでは以下のようにお答えしました。
充実した大学生活は熱中した時間や、 投下した時間、仲間と過ごした時間 によるところが大きいと思いますので、
どれだけご自身が熱中できるか、 忙しくできるかにかかっています。
時間やエネルギーを必要とする順番に、 書いていきます。
語学面では外大ですが、フランス語以外に学びたいことが決まっていて、
それがフランスの歴史、文化、経済、社会問題等幅広く学びたい、
ならどちらでもOKですが、
心理学、社会学等別のジャンルに興味がある、
または移る可能性があるなら慶應という感じですね。
慶應はその点2年生から専攻に分かれるはずですので、
まだ選択までに時間があります。
授業はおそらく外大の方が小規模で 対面が多いのではないかと推測されるので、
外大の方が充実感は得やすいかなあ。
小規模授業が多い分、所属している感覚は得やすいので、
その点も外大に軍配が上がりますが、
体育会系サークル、部活等に入る可能性があるなら
どちらかといえば、慶應かな。
ガチガチの体育会系サークル、部活の場合、
かなり時間やエネルギーを投下しますので、
相当な充実感が得られます。
慶應の体育会系であれば、
脈々と続いた歴史もありますので、
かなり所属している感覚も得られるように思います。
外大にも歴史のある部活等があるかもしれませんが、 あまりききません。
(知らないだけの可能性が大いにあります)
2020年の学園祭はどちらもオンラインになってしまい、
外語祭の魅力が大幅減なので、
充実した生活という点では外大はやや不利になったでしょうか。
ご質問の趣旨とは離れるかもしれませんが、
おそらく就職活動は慶應の方が忙しくする雰囲気がありますので、
その点は慶應の方が充実すると思います。
ものすごーく大雑把にまとめると、
授業  外大>慶應
所属感 外大>慶應
部活等 外大≦慶應
学習の拡張性 外大<慶應
学園祭 外大≧慶應 (通常実施なら外大>慶應)
就職の汎用性 外大<<慶應 といったところでしょうか。
とはいえ、 どちらに行っても大学生活を充実させるか、させないかは結局自分次第です!! よい大学生活を!