上智大学 受かるには

上智

 

こんにちは、コシャリです。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

今日は、今年上智大学に合格した教え子の話をしようと思います。

 

生徒の受験が終わると、すぐに次(来年)のことを考えることが多いので、

今までは過去を振り返ることはほとんどなかったのですが、

 

 

せっかくブログを訪れてくれる方もかなり増えたので、

記録に残しておこうと思います。

何かのお役に立てれば幸いです。

 

 

  • 生徒にまつわるあれこれ
  • 担当時の 生徒の成績や状況
    • 成績
    • 状況
  • 指導内容
    • 英語
    • 国語
    • 世界史
  • センターの思い出
  • まとめ

 

 

の順に書いていきますので、

もし、ご自身に当てはまる要素があれば、

参考にしてみてくださいね。

 

 生徒にまつわるあれこれ

僕の所属する塾は、高校生をメインターゲットにする塾ではないので、

基本的には小中学生を教えることが多いです。

 

 

しかも、、、

 

 

 

一番教えているのは、数学や算数だったりします(泣)

明らかに言語系の方が強いのに、、、、

 

まあいいや。

 

 

その生徒を担当したのは10月ごろだったのですが、

それまで、その生徒は東京外国語大学の後期を狙っていて、

(最初は前期でした)

別の先生がセンター数学の対策をしていました。

 

 

 

しかしまあ、全くできないので、

これは、完全に私立に絞ったほうがいいな

 

 

 

ということで、科目を数学→英語に変更して

僕が担当することになったのでした。

 

初めて担当することになった日、

話しながら、不思議な子だなと思ったことを覚えています。

 

というのも、

 

 

どういうわけかその生徒は、僕の話が終わる前にかぶせて話してくるので、

「なんだこいつは!?人の話を聞かんやつなのか!」

 

と思ったのでした。

 

 

まあ、よくよく話してみると、けっして悪い子ではないんですけどね。

 

でも、、、

 

なかなかアクの強い子だなと思ったことを覚えています。