多読用教材The City Mouse and the Country Mouseあらすじ

  • LINEで送る

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
Folk & Fairy Tale Easy Readers: The City Mouse And The Country Mouse

 

あらすじ

昔々、小さなネズミがいました。彼は田舎で暮らしていました。

ある日、彼の街の友だちが彼のもとを訪れました。

「ようこそ」

田舎ネズミは言いました。

「ここに来れて嬉しいよ。

街ネズミは言いました。

二匹のネズミは楽しく過ごしました。

鬼ごっこをし、木登りをし、ハイキングにも出かけました。

こうして彼らはおなかがペコペコになりました。

そこで涸れたは、畑に行って、トウモロコシや豆をポリポリかじり始めました。

しかし、しばらくすると、街ネズミは鼻にしわを寄せました。=顔をしかめました。

「この食べ物にはうんざりだ。街では、僕は最高の肉やチーズやパイを食べるんだ。

僕と一緒に街に来たいかい?」

街ネズミは聞きました。

田舎ネズミは舌なめずりをし、「行きたい!」と言いました。

翌日、二匹のネズミは、汽車に飛び乗り街に向かいました。

彼らは高いビルまで歩き、足がすくむような最上階までエレベーターに乗りました。

その家は王様に相応しいものでした。それは大きく、とても手が込んでいました。

「ようこそ」街ネズミは言いました。

「ここに来れて嬉しいよ。」田舎ネズミはいいました。

二匹のネズミは楽しく過ごしました。

彼らは音楽を聴き、ゲームをし、部屋から部屋へと走り回りました。

こうして彼らはおなかがペコペコになりました。

そこで彼らは、ダイニングルームに行きました。

そこには、肉やチーズ、ホールチェリーパイでいっぱいのテーブルがありました!

「うんうん」街ネズミは言いました。

「うんうん」田舎ネズミは言いました。

しかし、彼らが食べ物にかじりだしたところ・・・・

猫が入ってきました。犬も入ってきました。

ヒトも入ってきました。

「必死に逃げろ!」街ネズミは言いました。

一瞬でネズミたちはテーブルから飛び降り、小さな穴に逃げ込みました。

田舎ネズミはこんなに怖い思いをしたことはありませんでした。

「僕は家に帰るよ」彼は言いました。

「君は本当にこの素敵なご飯をすべて置いていってしまいたいのかい?」

街ネズミは聞きました。

「街は素敵さ、でもとうもろこしと安全な方が、チェリーパイと危険よりも良いさ。」

田舎ネズミは言いました。

二匹のネズミはお別れの抱擁をしました。

そして田舎ネズミは汽車に飛び乗り、田舎に帰りました。

「どこに出かけてみても、やっぱり家みたいな場所はないな」

彼は言いました。

 

参考になれば幸いです。

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ