8月21日今日何があった?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このメールは
将来留学や就職等で
海外でバリバリ活躍するような、
日本の代表になるような方に
お送りしています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本史世界史復習ポイント

アフガニスタンの話

ばかりをすると、
日本史の方は、

やや退屈でしょうか。

今日は日本史の方にも、
世界史の方にも
復習のきっかけになるような
ことを書いていこうと思います。

世界史受験の方も、
日本史は関係ないからなあ
と言わず、

これから世界に出ていくときに、
知らないと恥ずかしいでしょうから、

へーそーなんだーくらいには
前半部分を読み流してください笑

日本史の方は、

最後の部分を読んでみると

モチベーションが上がると思います。

==============

8月21日、今日何があったのか、
日本史編

==============

文久2年、8月21日、
西暦にすると、
1862年9月14日になりますが、

イギリスの商人ら4人が、
武蔵国生麦村で
島津久光の行列を横切り、
薩摩藩士に斬られました。

【生麦事件】ですね。

対外関係、
外交関係は外大によく出るので、
攘夷関連の事件を
整理してみましょうか。

攘夷関連の事件は他に、

1860年【ハリス】の通訳だった
【オランダ人ヒュースケン】が
江戸で薩摩藩の浪士にやられ、

1861年高輪東禅寺の
イギリス仮公使館が
水戸脱藩士の
襲撃を受けた
【東禅寺事件】

1862年の【生麦事件】を挟んで、

1862年の暮れに
品川御殿山に建築中の
イギリス公使館が

高杉晋作、
井上馨、
伊藤博文らに

襲撃され
全焼した

【イギリス公使館焼き討ち事件】
などがありました。

 

生麦事件の後、
薩摩藩は鹿児島湾に侵入してきた
イギリス軍艦の砲火を浴びて、
攘夷が不可能なことを悟りました。

1863年の【薩英戦争】
につながったんでしたね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

国内の問題は、
対外関係と比べると
重要度は下がりますが、

明治10年1877年8月21日には、
【第1回内国勧業博覧会】が、

東京上野公園で開催されました。
内務省の国産奨励政策の一環でした。

明治38年1898年8月21日には、
尾崎行雄文相が、
帝国教育会での演説で、

拝金主義を排撃し、
共和政治に言及しました。

 

【共和演説事件】

これって何内閣でしたっけ?

→第一次大隈内閣(隈板内閣)

首相は大隈重信、内相は板垣退助、

陸海軍領大臣以外、すべての閣僚が憲政党出身。

==============

8月21日、今日何があったのか、
世界史編

==============

ハワイが合衆国50番目の州となる。

1900年6月14日に
正式にアメリカ領になって以来、
(併合は1898年)
約60年間準州だったハワイですが、

1959年の8月21日
ようやく50番目の州になりました。

アメリカの各州、
地域の獲得過程、
大丈夫でしょうか?

ハワイは1778年に
イギリス人J・クックが「発見」

18-19世紀には
【カメハメハ】王朝の支配下にありました。

カメハメハ大王は昔外大で出ていたような。

正答率、高くなかっただろうなあ。

探検家って他にだれいましたっけ?

アフリカはイギリスのリヴィングストン、アメリカのスタンリー
北極点に到達したアメリカのピアリ
南極はノルウェーのアムンゼン

スピマスに小さく載ってます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1911年の8月21には、
『モナ・リザ』がパリの
ルーブル美術館から盗まれました。
誰が描いたか、
大丈夫ですよね?

犯人は、イタリア生まれで、
ナポレオン時代に
フランスに奪われた『モナ・リザ』を
祖国に取り返したかったのが
動機だったようです。

ちょっと韓国に
仏像取り返しに
行ってきます!笑

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

重要度は下がりますが、

1983年8月21日
フィリピン野党の
ベニグノ・アキノ元上院議員が
暗◯されました。

この事件はまず出ない
と思われますが、

彼が対抗していた
【マルコス大統領】が

アメリカ等自由主義国から
支持を失い

反マルコスの象徴だった
妻の【コラソン・アキノ】が

1986年2月の
大統領選挙に勝って、
新政権を樹立したのは

覚えておいても
いいかと思います。

東南アジアの
他の国のリーダーと
混同しないように
したいですね。

歴史、特に日本史の勉強でなかなか覚えられずに面倒だなあと思ったあなたへ、

最近見た広告で気に入った文を載せておきます。

「知識は力なり」と哲学者のフランシス・ベーコンはいいました。現代では様々な知識が本やネットで手に入ります。しかし、どんな知識よりも「自国の歴史の知識」ほど力になる事はないのではないでしょうか。

仕事のやり方など技術的な知識を得れば、その人の能力が上がって給料が上がるかもしれません。しかし、自分の国の歴史を知らなければ、その人間は、確固たる信念や価値観、軸を持てず、漂流してしまうでしょう。どんなに仕事が上手くいったとしても、どんなにカネを稼いだとしてもです。

自分の祖先の歴史を知ることで、自分自身が何者か気づくことができ、確固たるアイデンティティや信念を持つことができます。そして、「自立した人間」になれるでしょう。
アメリカを始めとした連合国は戦後、われわれ日本人の祖国の歴史への誇り、故郷や同胞への愛着、そして私たちの精神的な強さをとても恐れていました。2度と強い日本を見たくないと思い、私たちの思考を破壊し、精神を打ち砕くべく、私たちから「日本人のための歴史」を奪いました。

「祖先の歴史を知ることは、力なり」です。
われわれは今、1人も残さず、過去の先人たちの想像を絶するような努力と献身の上で、生活しています。誰1人例外なく、その恩恵を受けていない人はいません。それを知らぬ存ぜぬでは無責任ですし、何より恥ずかしいではありませんか。
ぜひ、この歴史講座から、あなたの祖先の話、お爺ちゃん、お婆ちゃんたちの本当の話を聞いてください

 

今日の日本史の勉強も、過去の先人たちの想像を絶するような努力と献身につながっています。

そう思うとちょっと力が湧いてきませんか?

では、

今日もガンガンいきましょう!!

コシャリ

今日、何があった?日本史世界史復習ポイントが届きます