高2全統模試の英語で192点を取るためにやってもらったこと

  • LINEで送る

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

 

  • 5月システム英単語を集中的に覚える 入門英文解釈の技術70
  • 6月入門英文解釈の技術70
  • 7月レベル別英語長文4
  • 8月ハイパートレーニング2 英熟語を集中的に覚える
  • 9月センター過去問
  • 10月センター過去問

各月にやったこと

システム英単語 (駿台受験シリーズ)
刀祢 雅彦 霜 康司
駿台文庫
売り上げランキング: 305

5月から始めて、まずいつものように、単語を詰め込んでもらいました。

といっても、もともと一度仕上げたことがあったようなので、

かなり暗記もスムーズにいった印象でした。

 

早い段階でメンテナンスに移行したように思います。

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
桑原 信淑
桐原書店
売り上げランキング: 3,118

単語がある程度入っているので、5月6月と入門英文解釈の技術70をこなしてもらいました。

こちらも一度やったことがあったようでしたが、

だいぶ時間が空いていたので、もう一回やってもらいました。

英語長文レベル別問題集 4中級編 (レベル別問題集シリーズ)
安河内 哲也 大岩 秀樹
ナガセ
売り上げランキング: 4,284

定期テスト等を挟んで、

レベル別長文問題集の4をやってもらいました。

30回は読んでもらったと思います。

 

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編
安河内 哲也
桐原書店
売り上げランキング: 3,183

 

速読英熟語

速読英熟語

posted with amazlet at 18.02.13
岡田 賢三
Z会出版 (2000-03-15)
売り上げランキング: 1,251
単語熟語、構文把握もできるようになって、
センターレベルの長文問題集もこなしてもらったので、
9月と10月でセンターの過去問の長文部分をやってもらいました。
  • 11月イチから鍛える500
  • 12月イチから鍛える500・700 センター文法と4択系
  • 1月イチから鍛える700 センター文法と4択系
  • 2月11日の河合全統模試で192点
  • 第1問 6/14 第2問44/44 第3問41/41 第4問35/35 第5問30/30 第6問36/36

192/200

イチから鍛える英語長文500 (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))
内川 貴司 武藤 一也
学研マーケティング
売り上げランキング: 17,444

11月から本格的にセンターレベル以上の長文問題集に入っていきました。

ちなみにこの頃、高3や浪人生に混じって受けたセンター模試の点数は170点台でした。

500語レベルの長文問題集はやはり難しいですね。

イチから鍛える英語長文700 (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))
内川 貴司 武藤 一也
学研マーケティング
売り上げランキング: 66,571

12月はイチから鍛えるの500とその復習イチから鍛えるの700をやりつつ、

センター同日模試に向けて、あんまり対策していなかった文法の対策を、

センターの2番と4択系文法問題集(ネクステやVINTAGEなど)を使って詰めていきました。

 

1月はイチから鍛えるの700でしたね。やっぱり700まで来ると相当難しいですね。

引き続きセンターの文法対策は行っていました。

 

1月のセンター同日模試は体調面も長文の復習も調整に失敗したそうなので、150点台と調子が出ませんでしたが、

2月の模試ではあんまり対策していなかった第1問で8点落とした以外は、

各大問全問正解の192点という素晴らしい結果になりました。

 

ちなみに1月に行われた進研模試も英語の偏差値は75.8でした。

 

1月に行われた進研模試の成績 英語75.8

進研模試は160点でした。S2ランクですね。ちなみに高1は67点のA2ランクなのでかなり上がっていますね

 

 

気をつけたいこと

  • 大きな復習は1冊終わったタイミングと次の参考書が終わったタイミング
  • 大きな復習で以後の復習をスムーズにできるように付箋等をつけておく
  • 読解は基本1長文30回は音読・黙読・Listeningしながら目で追う
 勉強=復習といってもいいくらい復習あるのみですが、1冊まるごと復習する大きな復習としては、
1冊が終わったタイミングにやってもらうのと、次の参考書を終えたタイミングでやってもらいました。
※その日の復習や特に翌日の復習はしてもらっています。
そう考えると30回以上読んでいる気がしますが、
そのあたりに神経質になるより身についているかどうかに神経を遣った方がいいでしょう。
また、大きな復習では、付箋を貼ったり、印を付けたりして、
折を見て復習できるよう効率化を図っていきました。
長文は基本的に1つの長文はトータル30回は音読するなり、
黙読するなり、CDを聞きながら目で追ってもらったりしていました。
いきなり30回と言われるときついですが、
色々工夫してトータル30回は読んでいきましょう。

まとめ

いつも言っていることですが、単語、熟語、構文把握を終えて、長文問題集を挟んだら、どんどんセンターの過去問を読んでいきましょう。
またセンターの過去問をやったらすぐに結果が出る場合とそうでない場合がありますので、
その時は焦らずにどんどん難しい長文に挑戦していくと、後から点数が追いついてくるかと思いますので、
センターの過去問をやったのに点数が上がってこないという場合はどんどん先のレベルまで行ってしまいましょう。
ただし、解説が理解できない等の場合は状況が変わってきますのでご注意ください。

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ