暮らしとごみ

  • LINEで送る

こんにちは。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

中学受験社会第2弾として、
今回は生活とごみについて書いていきます。

早速質問です!
私たちの家庭からは毎日どのくらいのごみが出ているでしょうか?

家庭からは、1日で一人当たり約1キロのごみをだしています。
それが合わさって、1年間におよそ4600万トンのごみが出ます。

これって、東京ドーム約123杯分なんですね!

しかし、こうした家庭ごみよりも、
会社や工場から出されるごみは8-9倍も多いんですね。

会社や工場から出されるごみのことを
産業廃棄物といいます。

とにかくごみがおおくて問題になっています。

一口にごみといっても、全てのごみを
一緒に捨ててはいけません。
ごみの種類ごとに分けてから捨てるのですね。
分けて捨てることを分別(ぶんべつ)といいます。

まったく同じ漢字を書いて、
ふんべつと読むとまた意味が変わってきますので、
気をつけてくださいね。

物事の善悪や道理を区別してわきまえる
考えること
世間的な経験や見識等から出る考えや判断

なんて意味になってしまいますからね。

では、ごみにはどのような種類があるのでしょうか。

可燃ごみ
これはおなじみですね。具体的には、
紙くず、生ごみ、木くず、てんぷら油等ですね。
前の記事で、
油をそのまま流してしまうと
きれいにするのに大量の水が必要になる
と書きましたが、油は燃えるごみで出すのですね。

可燃ごみは清掃工場(クリーンセンター)で燃やされます。
燃やされた後の灰は埋め立て地で最終処分されます。

ここでごみを燃やす理由を考えてみましょう。

4つ挙げられますか?

1ごみの体積を減らす。
2においやバイ菌をなくす
3熱を発電や温水プールに利用する
4燃やした後の灰からスラグという砂をつくり、
道路のほそうや建築に使うことができる。

うーん、3と4は厳密には理由というよりは、
ついでの利用方法といった感じですね。

さて可燃ごみがあるということは、
不燃ごみも有りますよね。

不燃ごみとは具体的には、金属やガラス・陶器などが
あたりますでしょうか。

不燃ごみは資源として利用できるものは回収し、
細かく砕いて埋め立て地にいきます。

資源つながりで、資源ごみもありますね。
びん・かん・ペットボトル・古紙などですね。

資源ごみはリサイクルされます。
新たな商品に生まれ変わるのです。

文具などにも、この商品はペットボトルで
つくられましたなどと目にすることも多くなりましたね。

他には、粗大ごみが有りますね。
家具やそうじ機、自転車、ストーブなどでしょうか。

粗大ごみも同様に使える資源は回収し、燃やせる部分は
燃やして量を減らし、埋め立て地行きです。

薄型を含むテレビや、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機
は法律でリサイクルが義務付けられています。

その法律とは?

家電リサイクル法ですね!

不要になったテレビなどは、家電販売店に持っていきましょう。
引き取ってもらうのに、お金を払う必要があります。

先ほど分別と書きましたが、分別するのは、
ごみの回収にかかる費用を少なくするためだけでは有りません。

実は我々の健康にも関わってくるんですね。
ダイオキシンという悪性物質の発生を防ぐことができます。

ダイオキシンとは、塩化ビニルを含むプラスチックを
低温で燃やすと発生するもので、
がんになるリスクが高まるといわれています。

 

また容器包装リサイクル法で商品には分別のためのマークがついています。

こんなのですね。

youkihousou

さて、冒頭にも述べましたが、
ごみがおおくて困っているんですよね。
毎年毎年東京ドーム123杯たまっていったら
日本中がゴミだらけになってしまいます。

もちろんだから燃やしたりするのですが。

ゴミだらけにならないようにするために、
我々は何をするべきなのでしょうか。

ごみを減らし、使えるものはなるべく使う社会が必要ですね。
こうしたじゅん環型社会が必要です。

じゅん環型社会にための「3R
スリーアールと言ったり、さんあーると読みます。

リデュース(Reduce)ごみを減らす
リユース(Reuse)もう一回使う
リサイクル(Recycle)ごみを原料として、再生する

全部Rで始まっているので3Rと言われます。

これにリフューズ(Refuse)レジ袋などいらないものを断ること
を加えて4Rと言ったりもしますね。

では具体的にできることを考えてみましょう。

買物をするときにエコバッグ(マイバッグ)をもって
レジ袋をリフューズすれば、ごみをリデュースできますね。

また、びんや洗剤、シャンプーのボトルを中身を詰め替えて
使えば、ボトルはリユースできますし、
出るはずだったボトルのごみが
詰め替えパックになる分ごみはリデュースできますね。

ほかにもフリーマーケット
いらなくなったものを売ってもいいでしょう。

今は中古市場も賑わっていますので、
ハードオフなどに売ってもいいですね。

先ほどちらっと触れましたが、
ペットボトルは衣類や文具にリサイクルされます。
古紙は再生紙に生ごみは肥料に生まれ変わりますね。

生ごみを肥料にするにはこれが便利ですね。
なんという名前でしょう?

環境ラベル

kannkyouraberu

もっと詳しく中学入試の勉強法について知りたい方はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ