上智大学 受かるには

一ヶ月で40点あげてセンター英語で9割達成、
たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、
残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

今回は、上智大学の対策です。

世界史の2014年の2月9日の問題を分析してみて、

これからどういったことをやっていかなくてはいけないかについて考えてみました。

自分がアドバイスするときのメモ帳代わりなのですが。

 

受ける方は参考にしてみてくださいね。

特にアクションプランのところでまだご自身がやっていないことがあればぜひぜひ見てみてください。

上智大学世界史2014年2月9日第1問

問題番号 形式 答えになったキーワード・情報 想起・関連ワード・ついでに覚えておいても良いこと 何に書いてある? アクションプラン
1 穴埋め選択 セルジューク  十字軍全般を復習
2 穴埋め選択 小アジア
3 穴埋め選択 1099年 イェルサレム王国建設
4 穴埋め選択 (イェルサレム)王国 1099年イェルサレム第一回十字軍  王国、公国、帝国、共和国などでひっかけるパターン。正確に覚える
5 穴埋め選択 (ヴェネツィア)共和国 ヴェネツィア  同上
6 穴埋め選択 (ラテン)帝国 第4階十字軍 同上
7 穴埋め選択 香辛料 東方貿易
8 穴埋め選択 1291年 アッコン陥落・十字軍失敗
問2A 間違い探し 第一回十字軍は海路でなく陸路 教科書地図(細かい) 地図は見た方が良いけど、そこまでやってられないから捨てて良いのでは?
フランス諸侯騎士の参加多い 用語集  選択肢は用語集から作られるんですね
兵士が十字の印つけてた 用語集  用語集全部やっていると時間無くなりそう。
十字軍内でフランス・ドイツ対立 用語集
ビザンツ皇帝アレクシオス1世と協調できず 用語集
問2B 間違い探し 神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世のイタリア施策で国内の諸侯の自立化が進んだ  フリードリヒⅠ世について整理
シュタウフェン朝の皇帝で最盛期
イタリア遠征は成功しそうだったけど、1176年ロンバルディア同盟軍に負けた
十字軍の途中でキリキアのサレフ川で溺れ死ぬ
バルバロッサの赤髭王
問2C 間違い探し はじめて三部会を招集したのはフィリップ2世ではない。フィリップ4世 フィリップ2世がやったことを整理する

コメントを残す

*