手帳を使って自分の時間の主になる~4、週間ページにノルマを書き込む

  • LINEで送る

こんにちは。

これまで、手帳を使って勉強に使える時間を計算し、
科目の目標とそれを達成するための手段を考え、
自分を駆り立てるごほうびを用意することをお伝えしてきました。

今回は、そうして準備した大きな計画を
日々の生活に落とし込む段階に入ります。

まず、今週のテーマを決めます。
これは、科目の目標を達成するための
手段のうち、特に集中したいものを書きましょう。

先週の反省やご自身が弱いなと思っているところでも
いいでしょう。

できれば何時から何時までに
何問解くのようにより具体的にノルマを
書くことができればいいですね。

しかし、なかなかうまくはいかないものです。
私は計画を立てようとすると
つい願望的な計画にしてしまうことが多いので
それを達成できない自分にがっかりしてしまったものです。

ですので、午前中に長文を2題とか、
数学を6題とか、おおざっぱでいいですね。

それより早く進むことができれば、
達成感も自信もついてきますね。

ここからが大切なのですが、
日々の達成度を図っていきましょう。

2題をノルマにしていたのに、
3題できたのであれば、150%、
1題なら50%ですね。

前に睡眠時間や就寝時間、起床時間を記録して、
体調をコントロールしてみようというような
趣旨のことを書きましたが、

いつも計測していると、
各科目の勉強にかかる時間が
だんだんわかってきます。

すると、計画の精度も当然ながら
上がってきますよね。

さて、ノルマの達成率を書きこんだら、
次に、反省点と対処法を考えてみましょう。

例えば、英語の長文読解をノルマに挙げていて、
1つしかできなかったのであれば、
なぜ1つしかできなかったのか考えてみます。

そもそも2題というのが無謀なノルマだったのか?
一題に時間がかかりすぎたからなのか?

時間がかかりすぎたなら、
その原因は?

わからない単語が多すぎて
いちいち単語を辞書で引いていたから。

じゃあ対処法としては、長文読解問題を解くよりも
先に単語や熟語を覚えるのを優先しよう。
となりますよね。

また、正答率が低かったのであれば、
文法のこの項目で失点が多いな、など
次にやるべき対策も見えてきます。

翌日以降は、文法の該当項目
の復習をノルマに挙げていきましょう。

こういった感じで、原因と結果を検証し、
それを改善していくと、
より目標に近づいていけます。

毎日その日を振り返る時間があると、
だいぶ時間の使い方も変わってきますよ。

一週間が終わったら、そうした反省点を
まとめてみます。

今後も再発する可能性があったり、
深刻なものを書いておきます。

起きるのが遅すぎて全く時間がなかったなど、
一見「怠けただけ」「気合いが足りない」など
で片づけてしまいがちですが、
その原因と結果も探っていきましょう。

その後はそれを防ぐ対策を考えればいいですね。

起きられなかった原因が、
ツイッターを見ていて寝るのが遅かった
であれば、

アプリを消す、後ろの方に持っていく
通知設定をオフにする

等などいろいろ対策はとれると思います。
そうした反省と対策を翌週に持ちこんでみましょう。

反省と対処法を書いていくとなると
どうしてもダメな部分に注目してしまいます。

それだけだと、気が滅入ってきますので、
進歩した点も忘れずに記入しておきます。

前にも『ドラゴン桜』で触れましたが、
この部分が後々自分の自信になってきます。

前進している感じが大事です。

参考になれば幸いです。

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ