センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

現役生の方は、
そろそろ新学期の授業担当の先生や、
授業の進み方に慣れてきた頃でしょうか。

さて、

先日僕のところに来てくれた
浪人生と面談しながら

これまでどんな勉強をしてきたか、
お話を伺っていたんですね。

その浪人生は
地元の小規模な予備校に5月から
通っていたそうなのですが、

志望校はおろか、
滑り止めにも、
滑り止めの滑り止めにも合格できず、

浪人することになってしまったといいます。

お話した感じだと、
マジメな感じがするし、

事実、
予備校の先生の言う通りに
やってきたといいます。

確かに、素直そうだし、
言われたことはしっかりやっていそう。

もう少しうまく行きそうなのになぁ

と不思議に思っていました。

で、

詳しく聞いてみたんですね。

お話を伺ってみた感想としては、

一言、

これはヤバイ。

小規模予備校の、
上位のクラスではない事例なので、
一概には言えないですし、

その予備校のすべてがダメ
とはいいません。

ついでにいうと、
あんまり他者の批判も
したくないのですが、

このカリキュラムで合格できたら
まじで天才だろ

というようなカリキュラムでした。

【受かりようのないカリキュラム】

その予備校は

『基礎をとても大事にするカリキュラム』と
『対話による授業』

を売りにしていましたが、

対話による授業で質問できるよう、
予習をしっかりみっちりやってくることを
受講生に課していたようでした。

何をもって基礎とするかには
議論が必要かもしれませんが、

僕自身、
英単語、英熟語、構文解釈のような
基礎を重視することには賛成ですし、

対話によって
生徒のわかっていない部分が
明らかになることもあるので、

それらを否定するつもりはありません。

しかし、

予習に時間を使えば使うほど、
復習で基礎事項を身につけ、
暗記し、点数につなげるための時間は
少なくなってしまうんですよね。

まあ私は身をもって体験しています。

参考:落ちる勉強法

で、

極めつけは
『12月に終わる英文法』

でした。

基礎を重視するカリキュラムなので、
当然文法が終わっていないのに
英語長文に入るわけにも行かず、

長文を読んだのは、
夏期講習、冬期講習の数時間と、
直前のセンター6セットだけだったそうです。

うーん、罪深いですね。

【カリキュラムを確認すべし!】

『コシャリ通信』の読者さんは、

高1や高2から情報収集に熱心だったり、
いわゆる上位層の方が
読んでくださっていることが多いですし、

そうでなかったとしても、
めちゃくちゃ行動力がある方だったりする事が多いです。

実際、文法なんかとっくに終えました
という方も多いんじゃないかと思います。

ご覧のあなたもきっとそうですよね?

ですので、
あんまり心配はしていないのですが、

もし、
あなたが予備校に行っていたり、
これから予備校に行こうとしているなら、

ぜひぜひカリキュラムを
確認してみてください。

文法の授業を取るのであれば、
それがいつ終わるのか、

もちろん
どのくらいの大学の問題を想定しているのか、

復習の回数はどのくらい確保できそうか。

英語長文の授業がどのくらいあって、
講義期間中、復習の問題も合わせて、
何題くらいの問題をこなせるのか

そしてそれらは、
志望校の過去問をこなすのに
十分な力をつけられるものなのか、

もし足りないなら、
どんな要素をどんな教材で
補っておかなければいけないのか。

もちろん、

これから受験勉強を進める
受験生が一人で判断するのは
難しいこともあると思います。

予備校の職員は
当然志望校にも対応出来るというはずですので、

大学受験を経験した先輩だったり、
ご兄弟だったり、
とにかく第三者に相談してみてください。

あんまり他者の批判はしたくないのですが、
せめて僕の情報に触れている方には
お伝えしなくてはいけないと思いましたのでお送りしました。

参考になれば幸です。

PS
早慶、MARCH志望の方、
慶應経済に合格した縁起のいい参考書がこちらです↓

慶應経済&MARCHに合格した縁起のいい参考書譲ります
https://xn--uort9ofmvtz9a.jp/sankousho-chuuko-7538

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます