センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

国際教養大 英検準1級

国際教養大は英検準1級があれば合格できるのでしょうか

そんな検索履歴がありましたので、
僕の考えを書いてみようと思います。
結論からいうと、英検準1級で足りる部分と足りない部分があります。

英語資格等保持者への特例措置

※英検準1級をもっているとセンター試験の英語の点数が満点に換算されますが、
それだけでは実力的に厳しいと思われます。
国際教養大 英検準1級
国際教養大の英語資格等保持者の優遇措置特例措置
TOEFL iBT 72点以上
TOEFL PBT 530点以上
TOEIC (LR+SW) 1200点以上
GTEC (CBTタイプのみ)1200点以上
TEAP 360点以上
IELTS バンド6.5以上
だとセンター試験が満点換算されます。2020年実施の入試の場合。

大前提 まず共通テストで9割取れるようになる 一般選抜450/500

おそらくこれが最大の関門だと思います。

 

 

実際に、大抵の受験生はここでふるいにかけられることになってしまうでしょう。

 

英語、数学1A、地歴公民から1つ、国語、理科の合計500点ですが、

国語で9割は結構大変な気がします。

 

読解は英検準1級レベルでほぼOK

A日程はB日程の場合は、英語の長文がありますが、準1級レベルの英語長文のレベルが読めればほぼほぼOKです。

正直そこまではいらないのではないかと思います。

受験でいうと、早慶のような英文読解力は必要ではないように思いますね。

 

 

 

英検準1級だと作文の語数が足りないので、ふくらませる練習をする

英検準1級の英作文は120ー150語ですが、

国際教養大は300語以上書かなくてはいけません。

 

意見表明、それをサポートする理由、結論

のうち、サポートする理由が英検準1級だと2つ

英検1級でも3つですが、

 

4つくらいないと、300語書くのは大変ですね。

 

 

 

語数的にはトフルの英作文とおなじくらい

過去問の最初の傾向と対策のページにも書いてありますが、

300語というのは、他の英語関連の試験だとトフルとおなじくらいになります。

 

量を体感するなら、トフル関係の参考書も見てみるといいかもしれませんね。

 

 

トピックはトフルよりも英検と重なることが多い

ただ、トピック、お題については、トフルよりも英検のほうが近いのかなと思います。

僕自身はトフルについてそこまで真剣に研究したわけではありませんが、

Z会のトフルのライティングの参考書を見る限りだと、

トフルのほうが扱う問題がやや小さいのかなという印象です。

 

※トフルは研究不足ですので、間違いがあれば、

教えていただけたら幸いです。

 

 

 

背景知識がないと理由が思いつかない

300語はわかった。じゃあどうすればいいのかという話ですが、

サポートの部分、bodyの部分は、背景知識がないと思いつきません。

日本語、英語に限らず、インプットが必要です。

 

具体的に何をしていけばいいのか

小論文の参考書で主要なトピックと代表的な意見を整理する

A日程、B日程で受験する場合は小論文があると思いますので、

しっかり主要なトピックを整理しておきましょう。

 

時事的なトピックも出るので1-2年のニュースをチェック

各年の話題になったトピックがちょいちょい出題されることがあります。

全ての出題がそうなっているわけではないですが、

ご自身が受験する年の1-2年前の話題は抑えておいたほうがいいでしょう。

 

政治経済や現代社会の近年の出来事をまとめたものや、

◯◯年を振り返る特集などは各新聞社等が記事を出していると思いますので、

日本語、英語に関わらず抑えておきましょう。

 

 

 

読解は通常の勉強を

英語の読解については、しっかり一般的な受験勉強をしていきましょう。

英作文しかないから読解はそこそこでいいやという姿勢だと、

おそらく共通テスト9割の壁は超えられません。

 

一般的な国立大学で出されるレベルやMARCHレベルの英文は確実に読めるようになっておく必要があります。

 

よほどハイレベルな英語塾で良い成績をとっていたとか、

海外経験があるとか、そういった特殊?な背景がないと、

大量のインプットなしに英文を書くのは困難です。

 

読解がある程度できてきたら、

簡単な英文を大量に書く練習をしてみましょう。

おそらく国際教養大を目指す方は英文を書く練習は出来ていると思いますが。

 

個人的にはこの本が好きです

エッセイの型に慣れる、英作文ハイパートレーニングの自由英作文編

ある程度日本語で思いついたことを英語で書けるようになったら、

自由英作文の型、エッセイの型を学んでいきましょう。

Z会の英作文のトレーニングの自由英作文でもなんでもOKです。

実際に手を動かして、紙に写してみるのがいいと思います。

過去問の写経(理由がいまいちなのもけっこうある)

エッセイの型、自由英作文の型を学んだら、いよいよ過去問の解答を見ていきましょう。

まじか、300語ってこんなに量があるのかと感じると思いますが、

ここでは「自分には無理無理無理」ではなく、「どうしたら、この解答に近づけられるか」

「この解答はどういうときに使えるか」などと、

「自分が今できるか」では決してなく、どう活かすかという視点が大切です。

ちなみに、解答を見てみると、これ、理由になっているのか?

なんてものもあります。

僕が読んで面白かったのは、

理由1,2でネガティブな要素に言及し、

理由の3つめで1,2,でネガティブなことがわかっているのだからそれでも賛成する理由があるだろうか

というbodyの書き方でした。

正直理由の3つめは理由になっていないような気がしますが、

ここでだめだこの解答使えねえとなるのではなく、

問題を前にして理由が思いつかないときにはこういうふうに字数を稼ぐ方法があるのか!

とポジティブに技を盗んでいきましょう。

写経にはそんな意味があります。

自力でいきなり解いてもほぼ書けないと思いますので

まずは写経が大切です。

英検のトピックで理由を思いつけるよう練習をする(構想メモ)

さて、一通り過去問の写経が終わったら、

過去問でもいいですし、英検1級のトピックでもいいですので、

お題に対しての構想メモを書く練習をしていきましょう。

余裕があれば、英語で書いてみましょう。

こちらも、いきなり英語を書かずとも、
まずは写経していくことをオススメします。

よく出るトピック、出そうなトピック、

まずは潰しておきたいトピッくについてはレポートを書こうかと思います。

完成したらご案内しますので、ご興味があればこちらにご登録ください。

国際教養大対策レポートを希望するかたはこちら

https://my37p.com/p/r/KthYJVan