センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

今年も4ヶ月で上智大学外国語合格していただきました。
いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。
先日ありがたいことに
質問者さん
初めまして。
A県に住んでいる高3です。
いつも動画を拝見させていただいています。
今年の受験はセンター試験の点数が足りなかったのですが、浪人覚悟で第一志望の大学のみに出願しました。
今年1年受験勉強するつもりでいます。
そこで、コシャリさんの個別指導に興味があるのですが、語学系への進学がメインなように感じました。
私は国立の薬学部志望なのですが、国公立の理系でも対応されていますか?

と頂いたのですが、

残念ながら私は国立理系、しかも薬学部の中でもかなり難しい千葉大への対応は私にはちょっと厳しいですので
コシャリ
こんばんは。
お問い合わせありがとうございます。
個別指導にご興味をお持ちいただきありがとうございます。
残念ながら国立理系については対応できておりません。
お役に立てず申し訳ありません。
質問者さまの合格、応援しています
とお送りしたところ、
質問者さん
そうなんですね。
個人にあわせて計画を立てていただける点や過去問研究など、すごく自分に合っていると思っていたのでとても残念です。
そこで、過去問研究の仕方と計画の立て方について教えていただきたいです
といただきましたので、
コシャリ
ではせっかくお問い合わせ頂いたのでカンタンにお伝えしますね。

 

と思っていたのですが、調べながらやっていたら、
相当細かくなってしまいましたね。
修正して今度記事にしてみようと思います笑
ということで、
千葉大の薬学部を目指すとしたらどのように作戦をたてるかここではモデルケースの一つとして考えてみようと思います。

千葉大薬学部を目指す計画の立て方

まずゴールを決めます。

千葉大薬学部の合格最低点を調べる

過去問を買ってきて、
合格最低点を調べればOKです。
旺文社のサイトの
2年分しか見ていませんが、(過去問をもっている場合はもっと遡ってきめましょう)
ここでは総合600点にしましょうか。

国立の場合はセンターの目標点数と2次の目標点数を分けて考える

で国立の場合はちょっと面倒なのですが、
総合点、センターの最低点(ボーダー)、合格者平均点等をみて、
センターと2次の目標点数を決めます。
年度によって、センターの難易度は多少変化するので、
大雑把で大丈夫です。
まあ計画通りにいくとは限りませんので、
そこまで神経質になることもありません。

まず適当にセンターと2次の点数を割り振ってみる

過去問をみていないので
適当に
センター400(90%)
2次200(50%)
にしてみましょうか。
うーんセンターが高いですね。

ボーダーを参考に点数を割り振ってみる

では旺文社のボーダーの84%を超えて85%くらいだと
センター383(約85%)
2次217(54.25%)
こんくらいでいいですかね
自分の得意不得意によって変えていいですが、
ボーダーは切らないほうがいいですね。

目標点を各科目に振り分ける

目標点数がきまったら、
今度は各科目にその点数を割り振っていきます。

まずパーセンテージで一律に割り振る

基本は、合格最低点の総得点に対する割合
センター85%なら全科目85%にそろえてから、
自分の得意不得意、科目の特性などから
それぞれの科目を微調整します。

まず85%に揃える

  • 英語85点(もっと取れる)
  • 国語85点(厳しいから下げる)
  • 数学1A42.5点(もっと取れる)
  • 数学2B42.5点(理系ならもっと取る?)
  • 物理(生物)42.5点(わからないっすm(_ _)m)
  • 化学42.5点(2次でもあるからもっと取る?)
  • 地歴公民42.5点(こんなもんかな)

適当に変えてみます

  • 英語90点
  • 国語74.5点
  • 数学1A48点(満点狙いたい)
  • 地歴公民42.5点
下の科目、私はわからんのでご自分と相談ですね。
  • 数学2B42.5点(理系ならもっと取る?)
  • 物理(生物)42.5点(わからないっすm(_ _)m)
  • 化学42.5点(2次でもあるからもっと取る?)
科目の特性で気をつけるべきなのは、
  • 国語はよほど得意でない限り上限8割くらいで考えること
安定しやすい古文漢文を攻めに行く
※ただし、理系だと古文はけっこうきついかも。
  • 英語は比較的カンタンなので、理系でもガッツリ取りに行くこと
千葉大の場合は2次でも英語の配点が数学と同じ150点で、
理科の100点よりたかいので頑張りたいですね。
  • 理系でも数2Bは油断せずにしっかり対策しないとけっこう痛い目にあう

ことくらいかな。

物理化学か化学生物かわからないですが、
それぞれに点数を配分していきます。
  • 2次があるからセンター化学は高めがいいかな。
上で適当に私がやってみましたが、
このへんは数字あそびみたいな感じです。
 

次に期限を決めます。

今の点数と目標点をもとに
目標点数を達成するために
どの参考書をいつまでにやるか
期限を決めます。
といってもこれもなかなか
そう予定通りには行かないものなのですが。
浪人なら心配ないと思いますが、
過去問⇔参考書の往復に入る前に
過去問の解説が理解できるくらいには基礎の知識を入れる
作業をしていきます。
ポイントは薄めの参考書をひたすら繰り返すことですね。
例えば世界史ならスピードマスター世界史などです。
それを各科目ごとに考えていきます。
  • 英語:英単語・英熟語・構文把握⇒過去問・予想問
  • 国語:古文単語・漢文句法⇒(古文読解系)⇒過去問
現代文はいきなり過去問でもいいかも。
必要に応じてキーワード集など
  • 地歴公民:スピマス⇒センター分野別⇒センター過去問・予想問
理系科目はちょっとわかりませんので、
困ったら和田秀樹先生の参考書ファイルなどで調べましょう。
  • 数学:(基礎系問題集)⇒センター過去問・予想問⇒青チャート等⇔過去問(必要に応じてもっと難しいもの?)
  • 物理(生物)
  • 化学
次の過去問分析とも関わってきますが、
僕の指導で特徴的なのは、
とにかく参考書を完成させるよりも過去問を潰すことを中心に考えます。
ただしセンター前の基礎のインプットは徹底的にやりますが。
過去問で出る問題、出る分野から潰していきます
過去問を分析する中で必要なら参考書の該当ページを読む
くらいに、全部を勉強するのではなく、
過去問ででるところから潰していきます。
やりながら覚えるくらいでOKです。
※積み上げ科目の数学は多少キツイかもしれません。

過去問分析

上でのべましたが、
過去問ででるところから潰していきます。

 

過去問を扱うときの注意点

で、その際に重要なのは、
過去問を実力だめしに使わないということです。

 

復習してできるようになればOK

解けなければいけないのは
本番だけなので、
とにかく解説が理解できるなら
あとはそれを復習して身につけていけばOKです。
英語、古文漢文は、なんだったら先に全訳を読んでもOKです。
解説を読みながら解答の根拠を過去問に書き込んでいきましょう。
長文の該当箇所をマークしていきます。
知識問題は覚えるべき知識を書き込んでおけばOKです
なんども読んで復習していきます

 

解説がわからない時に参考書を使う

文系科目の場合は覚えれば済むので
あんまり問題ないのですが、
過去問をやっていて
どうしてそうなるかわからないとか、
そもそも解説が理解できない場合は
初めて参考書でインプットしていきます。
※一応初期のインプットは済んでいることが前提です。
※ただし目標点を考えて、
本番で本当にその問題を解けなければいけないかは
多少考えてもいいですね。
もちろんわかるなら復習してできるようにしましょう。
初学者ではないと思うので、
今、自分で解くことはできなくても、
過去問の解説が理解できないことは少ないと思います。

 

過去問を分解していく

理系科目の場合は、
過去問を何冊か、できれば4冊くらいかな
(手に入るならたくさんあったほうがいいですね。)
※課程が変わる場合は注意が必要
過去問の解説を見ながら一つ一つみていって、
  • どの知識があれば解けるか?
  • 参考書のどの部分の組み合わせか?
を考えていきます。
化学はちょっとわかりませんが、
数学なら青チャートなど定評ある参考書に
類題があるはずです。
例えば、過去問でベクトルが出ているとしたら、
青チャートなら青チャートのベクトルのどの例題を覚えていればいいのか、
あるいはどの例題とどの例題の組み合わせなのか、
なんてことを調べてから、
青チャートのベクトルの部分を暗記していってもいいですね。
コシャリ
青チャートを完璧にしてから過去問
ではなく、
過去問で〇〇の分野の問題が繰り返し出ている
⇒青チャートの〇〇の分野を潰しておこう
って感じですね。
あとは過去問見て出てる分野を特定する⇒参考書で潰す
を年度を遡って繰り返していく、
千葉大の過去問が終わってしまったら、
別の大学に移ってもいいし、
もう一回繰り返してもいいですね。
ちょっと長くなりましたがこんな感じですね。
浪人覚悟かもしれませんが、
あと1週間でこのメールで書いたことを1つでも消化できるよう、
過去問と参考書を往復してみてください。
コシャリ
参考になれば幸いです
早慶上智、計画から過去問分析までコシャリと一緒にやってみませんか?
個別指導はこちらから