センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。」

 

そろそろ学校の夏期講習の申し込みがあるころかと思います。

 

この動画では学校の夏期講習は受けたほうがいいのかどうかについてお話しています。

 

以前から僕のコンテンツを見てくださっている方はすぐに答えが浮かぶかもしれませんが、

基本は不要です。

 

というのも

学校の夏期講習はたいていの場合、

センター試験の劣化版を解かせて終わりな場合が多く、

其の時間で自分でやったほうが速かったり、

解説も答えを配って終わりだったり、

書いてある解答をそのまま読むようなものになりがちだからです。

 

もし科目を変更して、

新たに学ぶ科目だったりした場合は、

受ける意味もあるかもしれませんが、

 

それも参考書でやったほうが速いことも多いですね。

 

しかも、参考書でやったほうが量をこなせます。

 

 

ですので基本的には学校の夏期講習は不要です。

まあ受けるなら、

休み期間中のだらけ防止だったり、

外に出て日光を浴びる習慣づけだったり

そのくらいでしょうか。

 

学校の先生がご自身の入試科目について詳しいことは

殆どないと思いますが、

 

もし万が一そういう珍しい先生に教わる機会があるのでしたら、

参加するのも良いかもしれもしれません。

 

といっても、

もう過去問ができるレベルなら、

自分で10年分、20年分くらいやってみたら良いんですよね。

 

そうしたら

ここは出るなと言うのが自分で判断できますので。

 

ということで

結局、学校の夏期講習は、

よほどのメリットがない限りでなくてOKという結論になります。

 

もちろん、

これは、ご自身でガンガンやっている人向けのお話ですよ。