センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

 

受験勉強で一番きついのは最初の単語・熟語暗記

 

今回は、受験勉強で一番きつい部分について

お話しています。

 

結論から言うと、

受験勉強で一番きついのは、

最初の単語熟語の暗記です。

 

 

僕から年間計画をもらっている方、

外大合格計画に参加されている方や、

一部の方にご案内した「早稲田大学合格計画」に参加されている方は、

 

計画の一番最初に、単語の暗記や、熟語の暗記を

「集中的に覚える」と赤い色付きで設定されていると思います。

 

一番きついことを、

一番最初のもってきているのですが、

もちろん、挫折を狙っているわけではありません。

 

 

僕自身、

英語、フランス語、アラビア語、ペルシャ語、トルコ語、

ラテン語、朝鮮語、中国語、ウズベク語、ロシア語、ドイツ語、イタリア語等々、

 

かじっただけの言語も多々ありますが、

それらを学ぶ中で、一番効率がいいなと思うのが、

最初に単語や熟語を突っ込むことなのです。

 

最初の単語を突っ込んでおかないと、

もっとも配点の高い英語長文をやるにしても、

いちいち単語や熟語を確認するために辞書で調べなくてはいけませんし、

「辞書で調べる」という単なる作業も

派生語等々を見るなかで知的好奇心が刺激されて、

なんだかんだで勉強した気になってしまうからです。

 

「辞書で調べる」のは、勉強ではなく、

実際は単なる作業で、

暗記し、使いこなせるようになる、

つまり、

必要な時に、引き出せるレベルにもってこないと、

残念ながら、それは勉強したことにはなりません。

 

 

もちろん、

知らない単語や熟語が全くなくなるということは、

ありえません。

 

どんなに勉強していても、

知らない単語、知らない熟語、知らない表現は出てきます。

 

 

しかし、

多くの場合それは、

点には絡まないので関係ありません。

 

 

とは言っても、

 

試験はスピード勝負ですし、

近年は特に、読む量が増加し続けているので、

知っている単語を可能な限り増やして、

すばやく解けるようにしなければいけません。

 

ですので、

 

今後の勉強をより効率的に進めるためにも、

単語の暗記は我慢のしどころ、

踏ん張りどころですので、

頑張っていきましょう!

 

 

センター英語だとゼロから130点くらいが一番きついです。

これまで、1ヶ月で40点あげたり、

63点上げたり、73点上げたり、

 

まあ73点上げた方はちょっと違いますが、

彼らが1ヶ月で爆発的?な伸びをしたのは、

土台があったからなんです。

 

 

実際、単語や熟語の暗記が済んでない状態で、

そこまで伸ばすのは、

正直きついです。

 

河合の模試が返ってきて、

意気消沈している方がいるかもしれませんが、

今やっているところを抜けると、

かなり楽になってきますので、

どうか、ここは踏ん張って欲しいなと思います。

参考になれば幸いです。