こんにちは、コシャリです。

 

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

多読って重要?

 

 

重要です。

語学の習得を考えるときに、
多読の効用はいくら強調しても
強調しすぎることはないと思います。

 

というのも語学は結局かけた時間と、

読んだ量で決まるからです。

 

 

もちろん、受験なら効率のいい方法もありますが。。。

 

 

かけた時間と量で決まるのは変わらないですね

 

我々がほしいのは、効率ではなくて、効果ですからね。

 

そんなわけで

今回は英語の多読用教材をご紹介します。

 

多読系の参考書や読み物を読むときに注意すること

すべて英語のみで書かれた本、

 

いわゆる洋書を手にすると、

なんとなく英語ができるようになった気がしますよね。

 

英語ができるようになった気がするのですが、

5ページも読むと、そろそろ飽きてくることもあると思います。

 

 

特に、辞書を引きまくって、

英語のテストに備えるような読み方をしていると、、、

 

 

確実に挫折します。

 

 

挫折しないためには?

 

 

ではそうした挫折を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ズバリ、適当に読む、これしかありません。笑

半分くらいわかればいいかな-という感じですね。

 

ざっと見てわかるところだけつなげて読んでいく

 

そんな気楽な気持ちでどんどん読んで
行くのがいいと思います。

 

 

もちろん、辞書を引きひき正確に読んでいくことが
できるならもちろんそれがいいのですが、

 

それをやっているとほぼ100%待っているのは、

 

挫折です。

 

 

 

それなら、わからないところはすっ飛ばして

 

分かる部分だけ読んでいき

全体としての量を増やした方がいいですね。

今回紹介するのは、マクミランリーダーズの
Mike EsplenのMarcoという本ですね

 

マクミランリーダーズのマルコとは?

イタリアの農村に住むマルコは、
刺激のない田舎の生活に飽き飽きしていた。

ある暑い金曜の午後、桃の収穫を終えたマルコは、
翌日退屈な農村をでて都会に出ることを決意する。

翌朝着替えと少しばかりのお金を持って出発するが、、、、、
待っていたのはトラブルの連続だった。

結局慣れ親しんだ村に帰って来たくてしょうがなくなる

そんなお話です。

 

 

さてこの本は30ページにわたって英文が書かれていますが、
ページの半分は絵になっています。

 

絵だけ見ても内容は類推できますので、
気軽に読めると思います。

マルコで使われている文法事項

文法項目としては、

〈BE〉動詞と一般動詞の過去形
比較

が出てきます。
一般動詞の過去形は不規則変化をするものも出てますね。

公立の中学校であれば、
中学2年生の後半になるでしょうか。

一応ストーリーがあるので、読みやすいですね。
書店や図書館などで見かけたらぜひパラパラめくってみてくださいね。