受験情報を集めるということ~情報への感度を上げるべし!

  • LINEで送る

 

20130613_686400

こんにちは。コシャリです。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は情報を集める大切さについてお話します。

 

合格後の面談をしてきました

 

この時期になると、合格した生徒の保護者さまから、

お礼の電話をいただいたり、

 

あるいは、、、、

 

ぜひご挨拶したいとのことで、

面談をしたり、、、

 

 

といったことがあるのですが、

先日、僕が担当していた生徒のお母さまと面談しました。

 

その生徒というのは、以前このブログでもご紹介した、、

44点アップの戦国大好きな中3彼ですね。

 

 

参考:44点アップの秘密と中三の夏にやるべきこと

 

英語が全くダメで、英語2からスタートし、

志望校に合格したので大変喜んでいただけました。

 

ちなみに彼は、

高校3年間で英語を得意科目にするそうです。

 

 

英語がダメダメで大っ嫌いだった自分が、

 

「英語を得意科目にする宣言」

 

 

をするようになるなんて、

信じられないと言ってましたが、、、

 

 

まあ、、

僕がいる間に得意科目にしますけどね。笑

 

そのお母さまとの面談は大変楽しかったですね。

 

というのも、、

 

 

共通の興味関心があることがわかって、

大変盛り上がったからでした。

 

 

様々な本をお読みになっていることがうかがえました。

 

やはり、

知的な女性とお話するのは楽しいですね。

 

 

大変勉強になりましたし。

 

合格する生徒の保護者のある側面とは?

このお母様のすごいところは、、、

 

 

情報を集める大切さをご存知で、

集めて、処理するその量が極めて膨大だということです。

 

 

受験校選びのために、何冊もの受験情報誌を購入し、

メリット、デメリットを比較検討なさっていらっしゃいましたね。

 

もちろん私もお力になりましたが、、、

 

 

※その陰で生徒本人から、

「ハロウィンだから渋谷に仮装しに行った」と聞いたときは、

本気でぶっとばしてやろうと思いましたけどね。 笑

 

受験前に可能な限り情報を集めるべし!

とはいっても、、、、

 

本来情報収集は、受験生本人がやるべきことだと思います。

 

受験するのは自分ですし、

 

 

合格したら、高校なら3年間、大学なら4年、

あるいはそれ以上通うことになるのですから。

 

まずは過去問を見てください。

 

古本でもなんでもいいですから、

とにかく過去問を見てください・・・

 

自分の志望校はどんな問題をだして、

その問題を解くには、どんな力が必要になるのか、、、

 

 

その対策のためには、どんな問題集や参考書、

あるいは、講義を受ければいいのか?

 

しっかり把握していますか?

 

 

たしか、『ドラゴン桜』で

 

「情報を知らないことは恐ろしいことだ」

 

という趣旨のことが書いてありましたが、

その通りですね。

 

その時点で大きく差がついています。

 

このサイトも実は、、、

 

地方の受験生など、情報が少ない方への

情報提供が目的の一つだったりします。

 

 

 

「身近に相談できる人がいないので、

大変ありがたいです」

 

 

とのコメントやメールをよくいただきます。

 

 

僕も、自分が受験するときに、

多少は検索しましたが、ほとんどなかったですね。

 

 

外大生はPC関係に強くない人が多いというのも

関係していると思いますが、、、、

 

 

比較的受験の記憶が残っている1・2年は、

専攻語の勉強がかなり忙しいので、

 

「情報発信している暇なんてない」

 

というのもありますね。

 

地方の受験生ほど意識して情報感度を上げるべし!

さて、、

 

このサイトは、全国各地、全ての都道府県の方に、

ご覧いただいています、、、

 

まあ一番多いのは源氏物語の記事ですが、、、

 

 

参考:源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳

結構面白いと感じていただけたようで光栄です。

 

 

いつのまにかTwitterで拡散されていたようですね。

本当に、いつもありがとうございます。

 

戻りますが、、

 

情報を集める必要性をしっかりと認識しているのは

やはり、、、

 

大都市の方が中心だったりします。。。

 

 

もちろん、、、

 

地方でも優秀な受験生は、

意識が高いので、少しでも情報を集めようと、

 

僕に相談してくれたりします。。

※別に僕じゃなくても全く問題ないです

 

過去問をみて助言してくれるなら、

なんでも使いましょう。

 

主役はあなたです。

使えるものは何でも使ったらいいのです。

 

参考:センター英語長文の勉強法~

6割しかとれない私に外大なんてムリ?長文での失点の原因と対策

 

 

良く知らないからいいや?とか

面倒だし、こんなもんだろ?とか

 

調べるのを後回しにしていませんか?

 

 

受験情報誌を買うお金をケチって、

なんとか無料で済まそうとしていませんか?

 

 

もちろん、立ち読みで十分なこともあるとおもいます。

 

 

ですが、、、、

 

 

情報を集める姿勢や、必要な情報にお金を払う習慣がないと、

かなり損をすることを知っておいてください。

 

結局情報を集めることに使う時間やお金以上に

損をします。

 

結局浪人してしまったりね。

 

例えば、、、、

 

このブログを御覧になるあなたには

関係ないことだと願いたいですが、

 

 

このブログには、ついこの間の2月に、

明らかに漢文を全く勉強してこなかったんだな

 

と一目でわかる検索キーワードで来る受験生が

複数いました。

 

 

少なくとも2桁でしたね。

 

 

必死になる姿勢はいいですが、、、

しっかり調べようよ。。

 

と思わずにはいられませんでしたね。

 

 

彼らも合格していればいいのですが、、、

 

 昨日2015年03月08日2016年外大受験生のコンサルティング(カウンセリング?)してきました

2月は、外大にかぎらず、大学受験の直前期で、

試験に出そうな記事を書いていたのですが、

 

参考:東京外国語大学2015年世界史の問題はここが出る!?

~過去問解答、出題者とテーマ予想、時代指定の解除について

 

2015年02月11日くらいだったと思いますが、

かなり熱心なお母さまから相談や指導の依頼を受けていました。

 

現在高2のお嬢様が来年外語大を受験するとのことで、

何通かメールのやり取りがあったのですが、、、

 

自分の生徒の受験も終わっていなかったので、

待っていただいていたのでした・・・

 

昨日はじめてお会いしたのですが、、、

このお母様も凄いですね、、、

 

 

メールをいただいた時点で、

かなりお調べになっていて、

 

 

塾の候補もピックアップしていたそうなのですが、、、

僕のアドバイスも参考にして、

 

さらに追加の情報収集をなさっていました。

 

その徹底ぶりがすごかったです。。

 

 

入らないと決めていた?予備校にも、

先輩に合格者がいるからと、

 

受講した講義、スケジュール、

その数、時期などなど、

 

教科の細かい点や、全体像を把握するために、

ファイル1個分の厚さは余裕で超える量の資料をお持ちでした。

 

 

とにかくその量がすさまじい感じでしたね。

 

こういった情報は、

 

一つの予備校の受講案内を見るだけでは、

全体像が見えないので、

 

必ず複数見る必要があったりします。

※地方だと選択肢そのものがなかったりしますね。

私の実家の千葉のド田舎も全くないです。ゼロです。

 

だから、、、

自分で考えて合格した結果をシェアしています。

 

こんな方法もあるぞ!ってね。

 

 

どうやら、同期なんかに聞いた感じだと、

外大生はこんな風に考えながら受験してきた人はほぼいなかったので、

僕の方がマイナーなんだと思いますが、、、、

 

僕自身も、

僕からだけでなく、ほかの場所からも

しっかり情報を集めるようにおすすめしたのですが、

 

ここまでやるとは、、、

 

ところで、、、

 

 

私は、勉強はして当たり前、

何か目的を達成したいなら、

 

 

多少のお金は払うべきだし、

 

1年や2年、自分の時間やエネルギーを注ぐなんて

当然のことだと思っています。

 

 

僕も自分の勉強にはかなりお金をかけてます。

 

 

というか、

基本的に自由になるお金の8割は本です。

 

その部分をクリアしている方には、

惜しみなくアドバイスをしています。

 

きっと、やる気のある生徒しか来ないというのも

そのあたりに関係があるんだと思います。

 

参考:上智大学に受かった教え子の話

 

また、、

 

僕は、受験も数ある選択肢の一つだと思っています。

 

※現実には受験→就職一択しかないように見えますが、

そうでもないですね。

 

例えば、メジャーアーティストになりたいといわれれば、

その方法を一緒に調べたり、

 

 

成功の条件を要素に分解して、、

 

どんな勉強をすればいいのか?

どんなトレーニングをすればよさそうか?

どんな情報を集めなくてはいけないか?

 

 

 

話をしながら、そんなアドバイスをしたこともあります。

それも中3の戦国好きにですが、、、

 

 

※生徒本人から、

「バレンタインだから14日は遊びに行く」と聞いたときは、

オー、ジーザス・・・なんて思いましたけどね。 笑

 

しつこいかな・・・笑

 

 

戻りますが、、、、

 

 

当日は、模試の結果を見て、足りない部分のアドバイスをして、

(あんまり足りないところがなかったのですが・・・)

 

通っている塾のお話と通う予定の塾のお話をききながら、

さらに具体的なアドバイスをしていきました。

 

その際には、、、、

 

 

今作成中の『外語大攻略大全』(もうちょっとかっこいい名前にしたい笑)

『完全tufsマニュアル』?(かっこいいの思いついた方!ぜひ教えてください)

 

の全体像の部分と必要な力の分析と対策本などのマップをお渡しして、

外語大の受験に必要な力の分析と対策、仕上げるべき問題集のスケジュールの目安

 

などもお話ししました。

 

 

これで、ほぼ死角がなくなったんじゃないでしょうかね。

 

まとめ

 

というわけで、、、

 

特に地方在住の方!!!

情報に対する感度を高めていきましょう!!

 

 

それから、、、、

 

2016年外大のドイツ語を受けるみなさん!!!

言語文化か国際社会かわからないけど、、、、

 

驚くべき情報量で圧倒的な勝利を手にしそうな外大受験生がいますよ。

※彼女はすでに英検準1級を持っています!

 

枠が一つなくなるかも!?と覚悟して勉強に励んでくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ