僕の成績が飛躍的に伸びたとき

  • LINEで送る

 

こんにちはコシャリです。

いつもメルマガをご覧いただきまして
ありがとうございます。

今日も外語大に向けて頑張っていきましょう!
============================
今日の英熟語 解答は下にあります
congratulate A on B
supply Awith B
remind A of B
accuse A of B
============================

僕の成績が飛躍的に伸びた時

ちょっと昔物語になりますが、

(先ほどまで源氏物語を訳していたので
こんな言い回しになってます)

源氏物語夕顔なにがしの院品詞分解現代語訳

http://wp.me/p4l3iv-15E

僕の成績が飛躍的に伸びた時の
話をしたいと思います。

とはいえ、
コシャリの恥ずかしすぎるお話も
入っています。

同じ轍は踏まないでくださいね。
私が先に失敗しておきましたから。

英語編

僕は高校に入ったあと、
それなりに英語には
時間をかけていました。
というか、
ほとんどの時間は英語と
数学にかけてました。
といっても、
数学はあんまり
できなかったのですが。(泣)
高2の秋ごろから、通学路にある
わりと評判のいい
塾に行っていて、

(今から考えれば、
そう大したことはなかったですね)
予習と復習をしていて、
まわりとくらべてもそこそこの点数は
とっていました。
学校の授業で文法は
一通り終わっていたので、

長文の授業をとっていました。

授業で行われる単語についての解説、

漢字のへんとつくりみたいな解説や
派生語をまとめて覚えるとか、
そういうのは結構役に立ったし、
授業もそれなりに
面白かったので、
満足していたのですが、、、

今考えると、

成績が伸びるのが
ずいぶん遅かったです。

入った時(高2の秋)
のセンター模試は、
確か、120点台だった気がします。

それから、
160点台にもっていくのに、
半年近くかかった気がします。

今考えると
ありえない遅さです。

ここでは
その原因を晒してみようと
思います。

おいおい飛躍的に伸びた頃の
話じゃないのかよ!
と思われるかもしれませんが、
ちゃんと聞いてくださいね。
後から解説しますから・・・

まずは、当時の僕が
何に時間を使っていたかを
確認していきます。

反面教師にしてください。

ずばり、一番時間を使っていたのは、
英語の授業の予習ですね。
まだまだ単語や熟語が
入っていなかったので、
長文の授業に参加するときに、
めちゃくちゃ予習に時間がかかりました。

今から考えると、
本当に、ありえない時間の使い方を
していたなと思います。

辞書を引くこと自体は
決して悪いことではないし、

むしろ、辞書をひくこと=勉強だと
世間では思われていますが、、、、
英語の担当の先生の
ボロボロになった辞書を見て、
(英語の本を出版するような先生でした。)

こうやって勉強していくものなんだと
思い込んでいました。

辞書に引かれた先の数=勉強した数
だと思っていたんですね。
ヤバイ勉強法3選でも
書きましたね。
そういう勉強法に汚染されていた
ので、、、

僕はほとんどの時間を
辞書をひくことに使っていた気がします。
完全にアホでした。
部活もやっていたし、
ただでさえ時間がなかったのに、

その貴重な時間を辞書をひくことに
使うとか、ほんともったいなかったです。

最初はしょうがなかったかもしれませんが、
どこかで気がついて、

単語・熟語を集中的に
覚えていく必要がありました。
この時、他のことは一切やらないで、
とにかく単語と熟語に集中するべきでした。

実は高1の2学期から
『速読英単語標準編』を少しずつ
読んで、聞いて、

単語も覚えてはいました。
片道1時間くらいかかる通学中は
いつも聞いていたし、

電車のなかでも、基本的に
単語集は開いていました。

毎日1つずつ進めていきましたが、、、

使い方のところに、
音読20回みたいなことが書いてあって、
真に受けてました。

音読自体はすごくいいことなんですが・・・
別に音読の素材は速読英単語でなくても
良かったですね。

1つにつき音読20回のやり方だと、
いつまでたっても、終わらないんですよね。
ちなみに、

当時、高校に入ったくらいからかな?
私はZ会信者だったので、
ほとんどの参考書がZ会でした。

完全にZ会のマーケティングに
ひっかかっていましたね。

参考書を選ぶのにも、
Z会で推薦されているものを
買っていました。

たしか、『参考書の参考書』とか
そんな名前の冊子があった気がします。

まだあるのかな?

高偏差値の高校にかよっている方は、
Z会のステージ感に、

つまり、
Z会をやっている自分=エリート意識に
やられないようにしてくださいね。
かつてのコシャリの遺言です。(笑)

ホント死にましたから。
Z会(通信の方ね)の問題は結構いいのがありますが、
実力がついていない段階、
辞書を引かないと、
解けない段階でやると
膨大な時間をとられるので、
気をつけてください。

僕の屍を越えて行ってくださいね。

しつこいですね。

ついでに、、

高2でそろそろ塾に行かないと
不安と言う方もいるかもしれません。

そして、
塾に入ると、一番大切だから
と言って、長文系の講座を勧められる
と思います。
もしあなたが
外語大志望なんて言ったら
それこそ大変です。

長文だけでなく、
作文が難しいからとか、

高度なリスニングが必要だから、
とか、いろいろ不安にさせて、

講座を取るはめになるでしょう。

今入らなくて大丈夫ですか?
と揺さぶってくるかもしれません。
ライバルに差をつけられて
大丈夫ですか?
と来るかもしれません。

でも気をつけてください。

単語や熟語が入っていない段階で、
長文の勉強を先にやっていると、

膨大な時間を、辞書とともに
過ごすことになります。

同時進行はある程度はいいですが、
(集中したほうがいいです)
とにかく先に単語熟語を詰め込んでください。

読解系の問題集をやるなら
必ず自分で単語を調べなくていいもの
をつかってください。

安河内先生のは比較的単語の意味が
充実している気がします。
駿台系は全体的にかなり簡素です。

単語も熟語もリスト型の
ターゲットでいいですから。
先にやってくださいね。
文で覚えないと・・・
と思われるかもしれませんが、
後からいくらでも過去問を読みますから
大丈夫です!!

※ちなみに、外大の先生は、
言語大好き=辞書ひき大好きな人が
多数なので、

目的のために効率化しようとか
他の方法でもっと早くできないかとか
そういう意識はあまりありません。
辞書をひくのが呼吸するのと同じくらい
自然になっているからです。

あと、マイナー言語の場合は、
単語集自体が存在しない場合があります。

外大のモジュールとかには
単語が載ってますけどね。

先に単語集で覚えちゃったほうが、
絶対早いんですけどね。

しばしば登場する青山先生は
わりと単語集を作ってくれます。

そのあたり、
社会科学系の先生は、
言語を道具として捉えているので、

言語学系の先生より
話がわかる感じがします。

※個人的な感想です

脱線しまくりましたが、
とにかく単語熟語を詰め込む

それから、
長文の勉強をするほうが、
圧倒的に効率的ですね。
で、まあ、伸びは遅かったのですが、
一応まじめにやっていたので、
高3のセンター本番では、英語は191点でした。

 

あなたが外大の英文科を受けるなら、
もっと獲りにいきましょう。

他の語科なら、このくらいでいいと思います。

ただ他がボロボロだったので、
しかも記述はできなかったので、
浪人してしまったのですが、、、、
高校生だった自分に今いいたいことは、

自分でもっと真剣に
勉強法について勉強するべきだ!

最初に過去問を
見るべきだ!
信頼の置ける人のアドバイスを
真剣に聞いて、それを真剣に実行するべきだ!

とにかく自己流というか、
正確には他に知らなかったし、
勉強法というジャンルがあることも
意識していなかったです。

浪人が決まった私は、
とにかく勉強法にハマりました。

勉強法オタクはたいてい
勉強していませんが、

正しい勉強法で勉強すると
ほんとに成績が上がるんですね。

で、その後、やって飛躍的に
英語ができるようになったことがあります。

ようやく本題ですね。
結論からいうと、

それが、参考書の〇〇◯と
過去問をメインの教材にすることですね。
じつは他にも〇〇
なんかもあるのですが・・・

ここでは割愛します。
次回かその次ぐらいに紹介します。

以前から僕は、
問題は解かなくていいということを
強調していますが、

この時も、
過去問は解いていません。
で、夏ごろだったと思いますが、
早大プレという代ゼミの早稲田向けの
模試を受けました。

その時やったのは、
文学部の過去問を
解かずにひたすら分析したことですね。

どういう点が狙われやすいか?
どの順番で解くと早く終わりそうか?
このパターンの選択肢は間違いになりやすいな

とかを考えていきました。

で、その結果は、、、、、
しっかり模試で名前が載りました。
3科目だと大したことなかったですが、
(世界史が全然ダメだった)
英語は1ケタだった気がします。

随分昔で記憶が曖昧なので、ひょっとしたら
二桁前半だったかもしれません。

というわけで、

今度大学別の模試を受けるなら、
それまでに、過去問をすべて分析してみてくださいね。

とにかく解かずに
分析→読み込んで復習
繰り返していくだけで、
相当点が取れるようになりました。

私大模試かなんかでは、
200点中197点も取れましたしね。
私大模試は結構簡単だったので、
あんまりあてにはならないかも知れませんが。
まとめると

とにかく単語と熟語を先に詰め込む
過去問を解かずに分析する

となるでしょうか。
明日、重要なお知らせをしますね。
絶対にあなたの役にたつので
楽しみにしていてください。
============================
今日の英熟語 解答
congratulate A on B BのことでAを祝う
supply Awith B AにBを供給する
remind A of B AにBを思い出させる
accuse A of B BのことでAを非難する

============================

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ