源氏物語賢木野宮の別れ品詞分解現代語訳助動詞敬語2

  • LINEで送る

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

むつましき御前、十余人ばかり、

御随身、ことことしき姿ならで、いたう

忍び給へれど、ことにひきつくろひ給へる御用意、いとめでたく見え

給へば、御供なる好き者ども、所からさへ身にしみて思へり。御心にも、

「などて、今まで立ちならさざりつらむ」と、過ぎぬる方、悔しう思さる。

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ