上智大学の公募推薦を狙う高2生が4月にやりたいこと

上智大学の公募推薦を狙う高2生が4月にやりたいこと

 

 

どうもこんにちは。コシャリです。

 

今回は上智大学公募推薦を目指す高二生が4月にやっておきたいことについてお話します。

上智大学の公募推薦を目指すなら定期テストで点数を取れるように準備しよう

上智大学公募推薦高2

上智大学の公募推薦を目指すなら、基本的には全科目の平均が4.0以上の成績をとる必要があります。

外国語学部なら英語や国語、文学部なら歴史科目といった、専攻と直接関係のある科目は4.3必要です。

※文学部英文学科は4.5必要

※必ず最新の募集要項で確認してくださいね。

成績が必要になりますので、定期テスト対策はもちろん、

日々の課題、小テストなど、成績につながる要素は確実に消化していきましょう。

まあ、これは推薦を目指す方には言わずもがなかと思います。

定期テストの出題のされ方を研究しよう

たかが定期テストといってはなんですが、おそらく多くの高校生はそこまでやらないだろうというところまで頑張りましょう。

具体的には、担当の先生の癖を見直したり、先輩から過去問をもらったり、SNSで前の学校の生徒に連絡をとってそれぞれの科目のテストの出題のくせを見抜きたいですね。

おそらく、中学生のときや高1のときも、1学期の最初のテストよりも、3学期のテストのほうが、出題されやすいポイントが掴めてきたのではないかと思います。

先生の説明で出そうなところやここは余談だけど。。。なんて言ったところが意外と出たり、板書の赤よりも黄色が出るなど、

仮説を立ててみると先生ごとの傾向が見えてきたりします。

説明が難しかったり、独自資料を使って授業を進める先生(歴史に多い)も、思いの外テストは教科書の太字から出ているなど、発見があるかもしれませんよ。

持ち上がりの場合は、以前のテストとノートや教科書、資料集等副教材の確認、

別の学年からの先生なら、先輩から過去問をもらったり、新たに赴任してきた先生なら、SNSで前の学校の生徒さんとコンタクトを取ってみるなど、

僕が高校生のころはできなかったことも容易な時代となっています。

仮説を立てたり、他校から情報を集めたりすると、タダの定期テストも、攻略すべきイベントになります。

せっかく情報デバイスをお持ちなのですから、有益に使っていきましょう。

 

そうそう、先輩から過去問をもらうにしろ、他校からもらうにしろ、お礼やお返しは忘れずに。

上智大学の公募推薦を目指すなら英語検定やTEAPの対策を始めよう

部活をやりつつ、定期テストの準備もしながら、なおかつ英語検定やTEAPの対策を始めるのは大変ですが、

上智大学の公募推薦を目指すくらい優秀なあなたなら、きっとできると思います。

上智大学公募推薦を高1から目指すならやるべきことという動画をご覧頂いた方でしたら、英単語の暗記は進めているかもしれませんが、

本格的に、受験勉強、英語資格検定対策をはじめていきましょう。

 

英検は2016年以降の問題、TEAPは高2高3で受けたものという受験年度の制限がありますが、高2で受験資格のある年度に入りますので、
心置きなく受験しにいきましょう。

まずは汎用性の高い英検の2級から始めるといいと思います。

過去問は専用教材を使わないといけませんが、それ以外は通常の受験勉強で使う教材でいいと思います。

英検対策TEAP対策は受験勉強と同様に英単語、英熟語、英文法、英文解釈の順に進める

英単語や英熟語の暗記にもれがないか確認し、英文法はおそらく高1の段階である程度進んでいると思いますので、残っている部分があれば、ご自身で進めるのがいいと思います。

また、高2の今の段階ではおそらく構文解釈の勉強を進めている人はほとんどいないと思いますので、

英文解釈の70等を使って練習していくといいでしょう。


英単語、英熟語、英文法、構文解釈を同時にすすめるのではなく、

一度に進めるのは一つに絞って濃く復習していくことが大切です。

志望動機や自己推薦書類、面接対策で課外活動がない場合は、部活や習い事への加入も検討する

対策のために無理をしていやいや部活に入る必要はありません。

というのも、やはりいやなもので主体的な活動をするのは大変ですので。

とはいえ、勉強は頑張っているけど、自宅と学校の往復だけですというのも考えものです。

 

主体的な活動をできそうな組織が見つからなさそうであれば、

学校の部活や習い事に高2のこのタイミングで入ることを検討してもいいと思います。

出来上がったコミュニティに後から入るのは勇気がいりますが。

ご自身が楽しめるものに入るのが大前提です。

 

高2の英検準1級に合格するためにやってもらったこと

 

参考になれば幸いです。

コシャリの個別指導で合格を確実なものにする方法はこちら