語学を活かす3つのキャリアパターン

  • LINEで送る

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

このサイトは受験生を主な対象としていますが、できることなら将来やりたいことを考えて、志望校を選んでいきたいですよね。

正直、日本の大学は就職のため、稼ぐ力をつけるのに最適な環境かと言われれば、もちろんそうではありません。

 

学問をするところですし、なんだかんだでお金を求めるような人たち、お金を生み出すことを生業とする人たちが集まっているわけではないからですね。

研究する場所、或いは教育する機関であって、就職予備校ではないので、それは当たり前なのですが。

 

ただ、現実には大学の卒業と言うのが、就職のための要件、資格になっているのも事実ですので、

 

ちょっと趣向を変えて、職業シリーズを始めていこうと思います。

まあ思いつきなので、いつまで続くかわかりませんが。

 

僕のサイトに来てくださる方は、古文対策や、東京外国語大学対策で来てくださる方がほとんどですので、

まずは外国語に関するお仕事について、考えてみたいと思います。




 

さて、語学に関する仕事というと、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?

 

真っ先に浮かぶのは、通訳や翻訳でしょうか?

翻訳家というと、外国からまだ陽の目を浴びていない文学作品を見つけてきて、翻訳し出版するというイメージがありそうですが、なかなかハードルが高かったりします。

 

通訳は2020年にはオリンピックもあるので、ある程度の需要が見込まれますね。といっても一過性な感じに思えますが・・・

 

さてさて、では語学を活かすといった場合どういったパターンが考えられるのでしょうか。

 

ここから先は、猪浦道夫さんの『語学で身を立てる』を大いに参考にしています。

語学を活かす3つの方法

  1. 語学のエキスパート
  2. 語学のできるビジネスマン
  3. 語学を活かした起業家

通常語学を活かした仕事というと1の語学のエキスパートを想像すると思いますが、実は活かし方には種類があります。

1語学のエキスパートコース

純粋に語学力で勝負するとなると、やはり、1が思い浮かびますよね。通訳・翻訳になります。

ただ、通訳の仕事をするにしろ、翻訳の仕事をするにしろ、もちろん実力があることは前提ですね。

 

 

さらにその上で、仕事を獲得する能力、つまり営業力だったり、自身を通訳として、或いは翻訳家として売り込む能力、簡単に言えばマーケティング力が必要になってくると思います。

2語学のできるビジネスマンコース

主に海外との取引のある貿易会社や輸出、輸入を伴うメーカー、商社などの企業内で働くコースですね。

一番間口が広く、一般的で社内で「語学のデキる人」というポジションです。

1年のウチ半分は外国で買い付けなんて聞くとちょっとかっこいいですね。大変そうですが。

 

3語学を武器に起業するコース

自分で語学教室を開いたり、海外との取引を始めたり、誰かの作った組織の中で働くのではなく、自力で仕事をつくり、価値を提供して、お金をいただく形です。

この場合、ビジネスの事を真剣に勉強して、というか事業内容にたまたま外国語が入っていたくらいにマーケティングや経営的な視点が必要になってくると思います。

以前にくらべ、自分の存在を知ってもらったり、人に拡散する事が容易になっているので、ハードルは下がっているのではないでしょうか。

 

僕はこのサイトを通じて、何人かの受験生=生徒さんを担当しましたが、そういった形でもし僕が英会話を教えたりしたら、それも語学を武器に起業する一つの形態になるでしょう。

その場合、ネットの知識やマーケティングを先に勉強するのがいいですね。

 

 

いずれにしても、マーケティング力は必須だと思っています。

 

語学で飯を食うというとひたすら資格をとったり、実力を磨いたりするので、ともすると実力さえ磨いていれば、仕事が勝手に舞い込んでくると思ってしまいがちですが、実はいかにして人を集め、興味をもってくれる人を見つけられるか、そして見つけた人にお金を払っていただくかが勝負の分かれ目です。

 

ちなみに、外語大の卒業生はほとんどが2の企業内の「語学のデキる人」か、「かつて語学がデキた人」というおよそ語学と関係のない仕事をしている人ですね。

慶應の人はもともと語学語学していませんが、英語が出来て海外に行く話は結構聞いたりしています。

 

 

次回以降は、各コースでどのような仕事があるか、そしてどのような準備が必要かを掘り下げていこうと思います。

 

お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

_

 

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

2 Responses to “語学を活かす3つのキャリアパターン”

  1. より:

    コシャリさん、いつもメルマガの配信ありがとうございます!

    自分は今年、東京外大言語文化学部に合格したものです。
    コシャリさんの独学受験のホームページは、その存在に気づいたのがセンター直前頃だったのです!
    それでも休憩の時間とかに眺めていて、参考になった点は数多くあります。
    センターに限って言えば、世界史の重要会議編は非常にありがたかったです!ああいう分かりやすいまとめって、実は意外とないものだと思うので、同じようなシリーズが増えれば、世界史受験者は相当負担が軽くなるのではと思いました。

    今日、言語を活かした仕事について、思いつきで書いたからやめるかも…っておっしゃってましたよね?ぜひ続けてください!もっと詳細が知りたいです!続きを楽しみにしております

    それと、Nさんの合格体験記も読ませていただきました。同じ学年に、そのように苦労された方がいると思うと、自分もよりいっそう勉強頑張らないとな、と思わされました。

    ここまでお読みいただき、ありがとうございます!
    数ヶ月間にわたりコシャリさんのメルマガを読ませていただいたので、自分にもなにかお力になれることがあったら、協力させていただきたいです!
    ありがとうございました。

    • コシャリ より:

      島さん

      いやー最近送っていなかったので、こんなに熱い感想コメントをいただけて嬉しいです!!
      >自分は今年、東京外大言語文化学部に合格したものです。
      そうだったんですね!!
      遅ればせながらおめでとうございます!!

      >センターに限って言えば、世界史の重要会議編は非常にありがたかったです!ああいう分かりやすいまとめって、実は意外とないものだと思うので、同じようなシリーズが増えれば、世界史受験者は相当負担が軽くなるのではと思いました。
      貴重なご意見ありがとうございます!!記事や動画を広げてみますね

      >今日、言語を活かした仕事について、思いつきで書いたからやめるかも…っておっしゃってましたよね?ぜひ続けてください!もっと詳細が知りたいです!続きを楽しみにしております
      意外と需要あったんですね。ありがとうございます。

      というか受験が終わったのに見てくださるなんて感激です!

      メールも受験が終わった方はドンドン解除するものだと思っていたので、
      合格の連絡を頂いた方は外していったのですが、解除なさらずにいらしたんですね。
      ありがとうございます

      ちょっと配信の内容も調整していきますね!或いは合格者通信でもつくろうかな

      >数ヶ月間にわたりコシャリさんのメルマガを読ませていただいたので、自分にもなにかお力になれることがあったら、協力させていただきたいです!
      ありがとうございます。ではお言葉に甘えて。

      ぜひぜひ合格体験記(スケジュールや参考書)や今の授業時間割や一日の過ごし方等をお書きただければ嬉しいです!
      個別にメールしますね。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ