センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

今回は上智大学文学部哲学科の試問対策です。

神学部や総合人間学部の心理学科、外国語学部の英語学科は2次試験がありますが、

文学部の哲学科や新聞学科、史学科は試問という形でいわゆる受験科目の英語や国語、世界史・日本史の他に「本気度」が問われます。

 

しかも、上智のHPには難しそうなことが書いてあるし・・・

【哲学科】

本学科では、以下のような学生を求めています。
1. 社会の流動的な動きに注目し、その事情説明や表面的な知識に満足することよりも、様々な事柄の本質的な理解に意義を見いだす学生、答えを発見することよりも問題意識を深めることに大きな意義を見いだす学生、自らの理性の力を磨き、その思索力を深めたいと思う学生。
2. 異なる文化をもつ他者に対し、公共的な理性の使用に基づいて、適切な言葉や文章の選択を訓練し、また相互理解を目指すコミュニケーション能力を研ぎ澄まし、哲学研究に寄与する高度な学術的な表現などを獲得したいと思う学生。
3. 他者のために他者と共に生きることを、本学の建学理念であるキリスト教的ヒューマニズムに基づきつつ、哲学(知恵への愛)において実現させようと試みる、意志の強い学生。哲学研究の動機を重視するため、入試は、カトリック系高校の推薦入試、一定の成績を前提にした指定校および公募の推薦入試、多様な個性を求めるための海外就学経験者および編入学など、一般入試に加えた多様な入学者選抜を行っています。

出典:http://www.sophia.ac.jp/jpn/program/UG_policy/admission_policy_UG/admission_policy_Humanities

残念ながら赤本には、解答(例)が載っておらず、対策をどうすればいいのか悩むかもしれません。

本当は哲学科に興味があったけど、対策方法がわからないので、諦めようなんて思っていたそこのアナタ!!

 

 

コシャリ
 君、本当に行きたい志望校を諦めることなかれ!

 

という感じです。

 

哲学なんて役に立たない?大いにけっこうじゃないですか!そもそも大学に実生活で役立つスキルを期待しても多くの場合裏切られます。(笑)

大学って自分で勉強するところなんで「裏切られる」なんて「被害者意識」や「依存マインド」をもっているとヤバイですけどね。

 

「被害者意識」や「依存マインド」をもっていると自分の成長が見込めませんので、身に覚えがある人は今すぐ捨てていきましょうね!

「被害者意識」や「依存マインド」がいかに有害で人や国の未来をダメにするかは「歴史を直視(笑)」するとわかります。

教え子に勧められて読んだ『ワンパンマン』第106話の一節

運命なんてものはない。未来は自分の手で作るもの

There is no fate but what we make for ourselves.

運命なんてものはない。未来は自分の手で作るもの。BYサラ・コナー『ターミネーター2』

僕が「独学受験」と謳っているところも自分で判断し、自分で選び、自分で調べて、自分で決断し、自分で行動して欲しいからなんですよね。

 

※まず自分で調べてみたり、やってみたりしてわからない時に人に頼るのは全く問題ありません。

 

話がそれましたので戻りますね。

哲学科の立場

欧米だと哲学ってもっと立場がいいんですけどね。

起業家にも哲学出身者がいたりと。

 

さっき立ち読み&斜め読みしたPRESIDENTに書いてあったのは内緒です笑

 

確かに業務中、特にいわゆる作業なんかをやっているときに、このクライアントに電話をかける私の意味とは?

クライアントは本当に存在するのだろうか?本当はクライアントなんて存在しなくて、クライアントが存在すると思い込んでいる自分がいるだけなんじゃないだろうか?

 

なんて考えだしたら、「いいからさっさと電話かけろよ」ってなりますもんね。

 

上智対策

 

上智大学文学部哲学科の試問形式

  • 制限時間は60分
  • 600字~800字の小論文形式
  • だいたい2題
  • 小問が入ることもある
  • 2012年には100字以内で用語説明を求める

 

まずは形式の確認です。

2012年には用語説明の問題が出ていますが、その際には、選択肢があって、その中から好きな用語を選んで100字以内で説明するというものでした。

ただ、2013年以後は出ていませんね。

 

多くの場合は600字以上800字以内の小論文を2題程度をこなしていきます。

しかも60分で!!

時間きっついですね!

 

全部書くのは無理な感じがしますが・・・

 

試問はまず、英語や国語、世界史もしくは日本史などいわゆる受験科目で足きりされて残った受験生のみ採点されます。

そして試問は本気の受験生とそうでない受験生を選別するためのものですが、

そこまで出来は気にしなくてもいい気もします。

 

もちろんデキる対策は全部やらなくてはいけないのですが。

 

上智大学文学部哲学科対策に必要な2つのこと

上智の哲学科の試問対策には倫理の知識小論文の書き方、文章の構成法いわゆる「型」が必要です。

 

上智大学文学部哲学科対策に必要ことその1:倫理の知識

これは言わずもがな、まず書く材料がないと始まりません。

過去問を見る限り、西洋の哲学についての部分を覚えておけば問題ありません。

 

設問を解く際に、仏教の考え方等々でも対応できることがあるような気もしますが。

「色即是空、空即是色」なんかはうまく使えばかなり使い勝手いい気がします。

 

ひとまずは西洋の部分を詰め込んでおけばいいですね。

 

倫理の知識を効率的に詰め込むには

がオススメです。

山川の用語集なんかもそばにあると心強いですね。

 

現代の倫理ノートは西洋の部分の答えを書き込んで音読していくといいでしょう。

何かわからないことがあった時に用語集を確認して行く感じですね。

ネットで検索という手もありますが、使い方に注意ですね。

 

上智大学文学部哲学科対策に必要ことその2:小論文の知識

600字~800字の文章を書くとなると、やはり一定の型がないと書きにくいです。

形式は色々あってもいいのでしょうが、汎用性があって対応し易いので、小論文の神様とも言われた樋口裕一先生の樋口式四部構成をそのまま使うといいです。

 

  1. 問題提起:全体の10%くらい
  2. 意見提示:全体の30~40%
  3. 展開:全体の40~50%
  4. 結論:全体の10%くらい

第一部の問題提起では設問をイエス・ノーで答えられるような形にします。

 

第二部の意見提示では、自分の立場を決めます。

ここで「確かに・・・しかし・・・」をつかって反対意見を潰します。

特にイエス・ノーによって点数が決まるのではなく、論理的に整合性があるかどうかで決まりますので、そこは気にしなくても大丈夫です。

自分の書きやすい立場をとればOKです。

ちなみに、自分の書きやすいようにある程度恣意的な問題提起をすることが大切です。

めちゃくちゃ壮大な問題提起をしても、そもそも書ききれませんので。

 

第三部の展開では、全体の40%から50%を使って、問題の背景や、原因、歴史的な経過、結果、背後にある価値観や思想等を書いて、自分の立場をサポートしています。

 

第四部の結論では、再度第一部の問題提起でのイエス・ノーを断定します。

樋口先生は様々な本をお書きになっているのですが、ひとまず1冊読んで具体的な例を読んでみてくださいね。

参考になれば幸いです。

上智大学世界史対策西洋文化史中世40問はこちら

上智大学関連記事まとめはこちら


お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ