いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

間違いを見つけた時には、

こっそり教えていただけると光栄至極であります。笑

かく言ひてながえつつ来るあひだに、

ゆくりなく風吹きて、こげどもこげども、

しりへ退きに退きて、ほとほとしくうちはめつべし。

かく 副詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
接続助詞
ながめ マ行下二段活用動詞「ながむ」連用形
つつ 接続助詞
来る カ行変格活用「来」連体形
あひだ 名詞
に、 格助詞
ゆくりなく ク活用形容詞「ゆくりなし」連用形
名詞
吹き カ行四段活用動詞「吹く」連用形
て、 接続助詞、
こげ ガ行四段活用動詞「こぐ」已然形
ども 接続助詞
こげ ガ行四段活用動詞「こぐ」已然形
ども、 接続助詞
しり 名詞
格助詞
退き カ行四段活用動詞「退く」連用形
格助詞
退き カ行四段活用動詞「退く」連用形
て、 接続助詞、
ほとほとしく シク活用形容詞「ほとほとし」連用形
うちはめ 接頭語+マ行下二段活用動詞「はむ」連用形
強意の助動詞「つ」終止形
べし。 推量の助動詞「べし」終止形

楫取りのいはく、「この住吉の明神は、例の神ぞかし。

欲しきものぞおはすらん。」とは、いまめくものか。

さて、「幣をたてまつりたまへ。」と言ふ。

楫取り 名詞
格助詞
いはく、 名詞
「こ 「こ
格助詞
住吉 名詞
格助詞
明神 名詞
係助詞
名詞
格助詞
名詞
係助詞終助詞
かし。 終助詞(強意)
欲しき シク活用形容詞「ほし」連体形
もの 名詞
係助詞(係り結び)
おはす サ行変格活用動詞「おはす」終止形
らん。」 現在推量の助動詞「らむ」連体形(「ぞ」結び)
格助詞
は、 係助詞
いまめく カ行四段活用動詞「いまめく」連体形
もの 名詞
か。 終助詞(詠嘆)
さて、 接続詞
「幣 名詞
格助詞
たてまつり ラ行四段活用動詞「たてまつる」連用形
たまへ。」 尊敬語補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」命令形
格助詞
言ふ。 ハ行四段活用動詞「言ふ」終止形。

言ふに従ひて、幣たいまつる。

かくたいまつれども、もはら風やまで、いや吹きに、

いや立ちに、風波のあやふければ、

言ふ。 ハ行四段活用動詞「言ふ」終止形。
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
格助詞
従ひ ハ行四段活用動詞「従ふ」連用形
て、 接続助詞、
名詞
たいまつる。 たいまつる。
かく 副詞
たいまつれ ラ行四段活用動詞「たてまつる」已然形「たてまつれ」イ音便
ども、 接続助詞
もはら 副詞
名詞
やま マ行四段活用動詞「やむ」未然形
で、 接続助詞
いや吹き 接頭語+カ行四段活用動詞「吹く」連用形
に、 格助詞
いや立ち 接頭語+タ行四段活用動詞「立つ」連用形
に、 格助詞
名詞
名詞
格助詞
あやふけれ ク活用形容詞「あやふし」已然形
ば、 接続助詞

楫取りまたいはく、

「幣には御心のいかねば、御船も行かぬなり。

なほうれしとおもひたぶべきものたいまつりたべ。」と言ふ。

楫取り 名詞
また 副詞
いはく、 名詞
「幣 名詞
格助詞
係助詞
御心 名詞
格助詞
いか カ行四段活用動詞「いく」未然形
打消の助動詞「ず」已然形
接続助詞
御船 名詞
係助詞
行か カ行四段活用動詞「行く」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
なり。 断定の助動詞「なり」終止形
なほ 副詞
うれし シク活用形容詞「うれし」終止形
格助詞
おもひ ハ行四段活用動詞「思ふ」終止形
たぶ 尊敬語補助動詞バ行四段活用動詞「たぶ」終止形
べき 推量の助動詞「べし」連体形
もの 名詞
たいまつり ラ行四段活用動詞「たてまつる」連用形「たてまつり」イ音便
たべ。」 尊敬語補助動詞バ行四段活用動詞「たぶ」命令形
格助詞
言ふ。 ハ行四段活用動詞「言ふ」終止形。

UV塗装 スタンドミラー 3倍拡大鏡付 L ブラック YHC-013

また言ふに従ひて、「いかがはせん。」とて、

「眼もこそふたつあれ。ただひとつある鏡をたいまつる。」

とて、海にうちはめつれば口惜し。

 

また 副詞
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
格助詞
従ひ ハ行四段活用動詞「従ふ」連用形
て、 接続助詞、
「いかが 副詞(係り結び)
係助詞
サ行変格活用「す」未然形
ん。」 意志の助動詞「む」連体形(「いかが」結び)
格助詞
て、 接続助詞、
「眼 名詞
係助詞
こそ 係助詞(係り結び)
ふたつ 名詞
あれ。 ラ行変格活用動詞「あり」已然形(「こそ」結び)
ただ 副詞
ひとつ 名詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
名詞
格助詞
たいまつる。」 ラ行四段活用動詞」「たてまつる」終止形イ音便
格助詞
て、 接続助詞、
名詞
格助詞
うちはめ 接頭語+「マ行下二段活用動詞「はむ」連用形
つれ 完了の助動詞「つ」已然形
接続助詞
口惜し。 シク活用形容詞「くちをし」終止形

UV塗装 スタンドミラー 3倍拡大鏡付 L ブラック YHC-013

されば、うちつけに、海は鏡の面のぼとなりぬれば、

ある人のよめる歌、

 

ちはやふる神の心を荒るる海に鏡を入れて

かつ見つるかな

されば、 接続詞
うちつけに、 ナリ活用形容動詞「うちつけなり」連用形副詞
名詞
係助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
ごと 比況の助動詞「ごとし」語幹
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
ぬれ 完了の助動詞「ぬ」已然形
ば、 接続助詞、
ある 連体詞
名詞
格助詞
よめ マ行四段活用動詞「よむ」已然形
完了の助動詞「り」連体形
歌、 名詞
ちはやふる 枕詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
荒るる ラ行下二段活用動詞「荒る」連体形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
入れ ラ行下二段活用動詞「入る」連用形
接続助詞
かつ 副詞
マ行上一段活用「見る」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形
かな 終助詞

UV塗装 スタンドミラー 3倍拡大鏡付 L ブラック YHC-013

いたく住之江、忘れ草、騎士の姫松など言ふ神にはあらずかし。

眼もうつらうつら、鏡に神の心をこそは見つれ。

楫取りの心は神の御心なりけり。

 

いたく ク活用形容詞「いたし」連用形副詞
住之江、 名詞
忘れ草、 名詞
名詞
格助詞
姫松 名詞
など 副助詞
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
名詞
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形補助動詞
打消の助動詞「ず」終止形
かし。 終助詞強意
名詞
係助詞
うつらうつら、 副詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
こそ 係助詞(係り結び)
係助詞
マ行上一段活用「見る」連用形
つれ。 完了の助動詞「つ」已然形(「こそ」已然形)
楫取り 名詞
格助詞
名詞
係助詞
名詞
格助詞
御心 名詞
なり 断定の助動詞「なり」連用形
けり。 詠嘆の助動詞「けり」終止形

今回出てきた助動詞

強意の助動詞「つ」終止形
べし。 推量の助動詞「べし」終止形
らん。」 現在推量の助動詞「らむ」連体形(「ぞ」結び)
打消の助動詞「ず」已然形
打消の助動詞「ず」連体形
なり。 断定の助動詞「なり」終止形
べき 推量の助動詞「べし」連体形
ん。」 意志の助動詞「む」連体形(「いかが」結び)
つれ 完了の助動詞「つ」已然形
ごと 比況の助動詞「ごとし」語幹
ぬれ 完了の助動詞「ぬ」已然形
完了の助動詞「り」連体形
つる 完了の助動詞「つ」連体形
断定の助動詞「なり」連用形
打消の助動詞「ず」終止形
つれ。 完了の助動詞「つ」已然形(「こそ」已然形)
なり 断定の助動詞「なり」連用形
けり。 詠嘆の助動詞「けり」終止形

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら