伊勢物語東の五条月やあらぬ四段品詞分解

  • LINEで送る

高貴で優秀な、才気あふれるみなさん

どうもこんにちは、コシャリです。

 

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

男の恋は名前をつけて保存、

女の恋は上書き保存とか言われますが、

今回はそんな話ですね。

むかし、東の五条に大后の宮おはしましける、

西の対に住む人ありけり。

それを本意にはあらで心ざしふかかりける人、

行きとぶらひけるをむ月の十日ばかりのほどに、

ほかにかくれにけり。片想い (文春文庫)

むかし 名詞
名詞
格助詞
五条 名詞
格助詞
大后 名詞
格助詞
名詞
おはしまし 尊敬語本動詞サ行四段活用動詞「おはします」作者⇒大后の宮 いらっしゃる
ける 過去の助動詞「けり」連体形
西 名詞
格助詞
名詞
格助詞
住む マ行四段活用動詞「住む」連体形
名詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。
それ 代名詞
格助詞
本意 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
接続助詞
心ざし 名詞
ふかかり ク活用形容詞「ふかし」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
名詞
行きとびらふ ハ行四段活用動詞「行くとぶらふ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
格助詞
む月 名詞
格助詞
十日 名詞
ばかり 副助詞
格助詞
ほど 形式名詞
格助詞
ほか 名詞
格助詞
かくれ ラ行下二段活用動詞「かくる」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。

ムリめの彼・気のない彼・愛が冷めた彼 大好きな人が振り向いてくれる本 (大和出版)

ありどころは聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、

猶憂しと思ひつつなんありける。

又の年のむ月に、むめの花盛りに、去年を恋ひていきて、

立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。

ありどころ 名詞
係助詞
聞け カ行四段活用動詞「聞く」已然形
接続助詞
名詞
格助詞
行き通ふ ハ行四段活用動詞「行き通ふ」終止形
べき 可能の助動詞「べし」連体形
名詞
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
ざり 打消の助動詞「ず」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
接続助詞
副詞
憂し ク活用形容詞「うし」終止形
格助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
つつ 接続助詞
なん 係助詞(係り結び)
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形(「なん」結び)
副詞
格助詞
名詞
格助詞
む月 名詞
格助詞
むめ 名詞
格助詞
花盛り 名詞
格助詞
去年 名詞
格助詞
恋ひ ハ行四段活用動詞「恋ふ」連用形
接続助詞
いき カ行四段活用動詞「いく」連用形
接続助詞
立ち タ行四段活用動詞「立つ」連用形
接続助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
ワ行上一段活用動詞「ゐる」連用形
接続助詞
マ行上一段活用「見る」連用形
見れ マ行上一段活用動詞「見る」已然形
接続助詞
去年 名詞
格助詞
似る ナ行上一段活用動詞「似る」終止形
べく 当然の助動詞「べし」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形

うち泣きて、あばらなる板敷に月のかたぶくまでふせりて、

去年を思ひいでてよめる。

うち泣き カ行四段活用動詞「うち泣く」連用形
接続助詞
あばらなる ナリ活用形容動詞「あばらなり」連体形
板敷 名詞
格助詞
名詞
格助詞
かたぶく カ行四段活用動詞「かたぶく」連体形
まで 副助詞
ふせ サ行四段活用動詞「ふす」已然形
完了の助動詞「り」連用形
接続助詞
去年 名詞
格助詞
思ひいで ダ行下二段活用「思ひ出づ」連用形
接続助詞
よめ マ行四段活用動詞「よむ」已然形
る。 完了の助動詞「り」連体形

ムリめの彼・気のない彼・愛が冷めた彼 大好きな人が振り向いてくれる本 (大和出版)

つきやあらぬ春や昔のはるならね

わが身ひとつはもとの身にして

とよみて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。

つき 名詞
係助詞(係り結び)(疑問)
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形(「や」結び)
名詞
係助詞(係り結び)(疑問)
名詞
格助詞
名詞
なら 断定の助動詞「なり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
代名詞
格助詞
名詞
ひとつ 名詞
係助詞
もと 名詞
格助詞
名詞
断定の助動詞「なり」連用形
して 接続助詞
格助詞
よみ マ行四段活用動詞「よむ」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
ほのぼのと 副詞
明くる カ行下二段活用動詞「明く」連体形
格助詞
泣く カ行四段活用動詞「泣く」連用形
泣く カ行四段活用動詞「泣く」連用形
帰り ラ行四段活用動詞「帰る」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ