スクロールが面倒な方は動画で御覧ください。

秋のけはひ入り立つままに、土御門殿のありさま、言はむ方なくをかし。

池のわたりの梢ども、鑓水のほとりの草むら、おのがじし色づきわたりつつ、

おほかたのそらも艶なるにもてはやされて、普段の御読経の声々、あはれまさり

けり。

名詞
格助詞
けはひ 名詞
入り立つ タ行四段活用動詞「入り立つ」連体形
まま 名詞
格助詞
土御門殿 名詞
格助詞
ありさま 名詞
言は ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形
婉曲の助動詞「む」連体形
名詞
なく ク活用形容動詞「なし」連用形
をかし。 シク活用形容動詞「をかし」終止形
名詞
格助詞
わたり 名詞
格助詞
梢ども 名詞+接尾語
鑓水 名詞
格助詞
ほとり 名詞
格助詞
草むら 名詞
おのがじし 副詞
色づきわたり ラ行四段活用動詞「色づきわたる」連用形
つつ 接続助詞
おほかた 名詞
格助詞
そら 名詞
係助詞
艶なる ナリ活用形容動詞「艶なり」連体形
格助詞
もてはやさ サ行四段活用動詞「もてはやす」未然形
受け身の助動詞「る」連用形
接続助詞
不断 名詞
格助詞
御読経 接頭語+名詞
格助詞
声々 名詞
あはれ ナリ活用形容動詞「あはれなり」語幹
まさり ラ行四段活用動詞「まさる」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

やうやう涼しき風のけはひに、例の絶えせぬ水のおとなひ、夜もすがら聞きまがはさる。

やうやう 副詞
涼しき シク活用形容詞「涼し」連体形
名詞
格助詞
けはひ 名詞
格助詞
名詞
格助詞
絶えせ サ行変格活用動詞「絶えす」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
名詞
格助詞
おとなひ 名詞
夜もすがら 副詞
聞きまがはさ サ行四段活用動詞「聞きまがはす」未然形
る。 自発の助動詞「る」終止形

御前にも、近う候ふ人々、はかなき物語するを、

聞こし召しつつ、なやましうおはしますべかめるを、さちげなくもて隠させたまへる御ありさまなどの、いとさらなることなれど、

御前 名詞
格助詞
係助詞
近う ク活用形容詞「近し」連用形「近く」ウ音便
候ふ ハ行四段活用動詞「候ふ」連体形
人々 名詞
はかなき ク活用形容詞「はかなし」連体形
物語する サ行変格活用動詞「物語す」連体形
格助詞
聞こし召し サ行四段活用動詞「聞こし召す」連用形 尊敬語 本動詞 作者→中宮 お聞きなる
つつ 接続助詞
なやましう シク活用形容詞「なやまし」連用形「なやましく」ウ音便
おはします サ行四段活用動詞「おはします」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→中宮 いらっしゃる
べか 推量の助動詞「べし」連体形「べかる」撥音便「べかん」の「ん」の無表記形
める 推定の助動詞「めり」連体形
接続助詞
さりげなく ク活用形容詞「さりげなし」連用形
もて隠さ サ行四段活用動詞「もて隠す」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「たまふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→中宮 ~なさる
存続の助動詞「り」連体形
御ありさま 接頭語+名詞
など 副助詞
格助詞
いと 副詞
さらなる ナリ活用形容動詞「さらなり」連体形
こと 名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
接続助詞

憂き世の慰めには、かかる御前をこそ尋ね参るべかりけれと、

現し心をばひき違へ、たとしへなくよろづ忘たるるも、かつはあやし。

憂き世 名詞
格助詞
慰め 名詞
格助詞
係助詞
かかる ラ行変格活用動詞「かかり」連体形

※副詞「かく」+ラ行四段活用動詞「あり」

御前 接頭語+名詞
格助詞
こそ 係助詞(係り結び)
尋ね ナ行下二段活用動詞「尋ぬ」連用形
参る ラ行四段活用動詞「参る」終止形
べかり 当然の助動詞「べし」連用形
けれ 詠嘆の助動詞「けり」已然形(「こそ」結び)
格助詞
現し心 名詞
格助詞
係助詞
ひき違へ ハ行下二段活用動詞「ひき違ふ」連用形
たとしへなく ク活用形容詞「たとへしなし」連用形
よろづ 名詞
忘ら ラ行四段活用動詞「忘る」未然形
るる 自発の助動詞「る」連体形
係助詞
かつは 副詞
あやし。 シク活用形容詞「あやし」終止形

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解現代語訳記事一覧はこちら