いみじく/心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、

手洗ひなどして、人まにみそかに入りつつ、

 

作者

「京にとく上げ給ひて、物語の多く候ふなる

ある限り見せ給へ。」

と、

身を捨てて額をつき、祈り申すほどに、

十三になる年、上らとて、九月三日、

門出して、いまたちといふ所に移る。

テストにでそうなところ

敬語の部分は文法的に説明できるようになっておこう

  • 給ひ

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

尊敬語

補助動詞

敬意の方向:作者⇒薬師仏

ーなさる

  • 候ふ

ハ行四段活用動詞「候ふ」終止形

丁寧語

本動詞

敬意の方向:作者⇒薬師仏

ーございます

  • 給へ

ハ行四段活用動詞「給ふ」命令形

尊敬語

補助動詞

敬意の方向:作者⇒薬師仏

ーなさる

  • 作者はどんな少女だったと考えられる?

薬師仏を作ってまで、物語がたくさんある京都に上ることを祈願する点から、ひたむきな情熱家だと考えられる。

品詞分解

いみじく シク活用形容詞「いみじ」連用形

非常に、たいそうに

ゴロゴ93番

心もとなき ク活用形容詞「こころもとなし」連体形

「こころもとなし」はこころが落ち着かない状態

「気がかりだ、心配だ、じれったい、待ち遠しい」など

ここはじれったい

ゴロゴ234番

まま 名詞
に、 格助詞
等身 名詞
格助詞
薬師仏 名詞

薬師瑠璃光如来の略称。

十二の誓願を発して衆生の苦しみを癒やしてくれる。

特に病気を癒やし、現世の希望を叶えてくれると信じられていた。

格助詞
造り ラ行四段活用動詞「造る」連用形
て、 接続助詞
手洗ひ 名詞
など 副助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
て、 接続助詞
人間 「ひとま」名詞

人のいない間、雨間=雨の降っていない間と同じ使い方

格助詞
みそかに ナリ活用形容動詞「みそかなり」連用形

ひそかに こっそりと

ゴロゴ472番

入り ラ行四段活用動詞「入る」連用形
つつ 接続助詞
「京 名詞
格助詞
とく ク活用形容詞「とし」連用形

早く、「疾し」と書く。音便化すると「とう」ともなる。

ゴロゴ370番

あげ ガ行下二段活用動詞「あぐ」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

尊敬語

補助動詞

作者⇒薬師仏

ーなさる

ゴロゴ335番

て、 接続助詞
物語 名詞
格助詞
多く ク活用形容詞「多し」連用形
候ふ ハ行四段活用動詞「候ふ」終止形

丁寧語

本動詞

作者⇒薬師仏

ーございます

ゴロゴ265番

なる、 伝聞の助動詞「なり」連体形

接続は終止形・ラ変型は連体形
◯/なり/なり/なる/なれ/◯

「多く候ふなる」でたくさんございますと聞いている

ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
限り 名詞
見せ サ行下二段活用動詞「見す」連用形
給へ。」 ハ行四段活用動詞「給ふ」命令形

尊敬語

補助動詞

作者⇒薬師仏

ーなさる

ゴロゴ335番

と、 格助詞
名詞
格助詞
捨て タ行下二段活用動詞「捨つ」連用形
て、 接続助詞
額(ぬか) 名詞 額 ひたい
格助詞
つき カ行四段活用動詞「つく」連用形
祈り申す 謙譲語

本動詞

サ行四段活用動詞「祈り申す」連体形

お祈り申し上げる

ほど 名詞
格助詞
十三 名詞
格助詞
なる ラ行四段活用動詞「なる」連体形
年、 名詞
上ら ラ行四段活用動詞「上る」未然形
意志の助動詞「む」終止形

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

格助詞
て、 接続助詞
九月三日 名詞
門出し サ行四段活用動詞「門出す」連用形
て、 接続助詞
いまたち 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
名詞
格助詞
移る。 ラ行四段活用動詞「移る」終止形