手書き訓練が足りないと文章作成能力が低下?

手書き訓練が足りないと文章作成能力が低下?

 
 

 

EduAの記事によると、漢字の書きが文章作成能力に影響を与えるといいます。

YouTubeはこちら
ストーリーズハイライト国語から飛べます
@koshari001

EduAの記事↓

https://www.asahi.com/edua/article/14573765

研究の概要

京都と大阪の複数の大学から募集した大学生・大学院生30人に漢検の問題を解いてもらい、漢字能力と、言語的知識の習得や文章作成能力といった高度な言語能力との関係性を調べました。
漢字の読字、書字、意味理解のスコアと、語彙や教養などの知識の習得度と文章作成能力との関連性を分析し、3側面のどの力が、高度な言語能力の発達にどの程度影響しているかを調べました。

文章作成能力にまで影響したのは書字だけ

漢字の意味理解よりも漢字の書きのほうが、文章作成能力には影響が大きいんですね。意外です。

この研究から東京外国語大学志望の受験生におすすめしたいこと

さて、それを踏まえて、#東京外大志望 のあなたや、#国際系、#外国語系 の学部を目指すあなたの受験に際しては、英語の勉強はみなさん一生懸命やると思うんですが、国語の勉強の重要性を強調したいと思います。

東京外国語大学の受験で求められる能力

#東京外国語大学 の入試 に関して言うと、高度な言語運用能力、具体的に言えば、英語と日本語のスムーズな変換が求められていると僕は考えています。

しかも、通常の大学なら目で見てそれを筆記でアウトプットできればいいのですが、

視覚情報からのインプットだけでなく、リスニングなら聴覚情報からのインプットを、

読解なら日本語の筆記を通してアウトプット、また、英作文なら英語の筆記で、スピーキングなら英語を口からアウトプットしなくてはいけません。

そう考えると、日本語の漢字で引っかかっては、アウトプットもおぼつかなくなってしまいます。

東京外国語大学の受験生が普段の勉強で気をつけたいこと

自分で参考書を解くときに、漢字を書くのが億劫で、ひらがなで済ませていませんか?

その積み重ねが本番に活きてくるかもしれませんよ。少なくとも答え合わせのときには、正しい漢字を書いておいてくださいね。

国語が苦手、記述が苦手な受験生へ

#記述問題が苦手 という方も、ひょっとしたら、#漢字 の練習で活路が見いだせるかもしれません。

また、#国語が苦手 なかたは、よくよく聞いてみると、地域のトップレベルの高校に通っていても、高校入試で聞かれる漢字,四字熟語、慣用句やことわざなどの基礎的な語彙がやや不足していることが多いです。

春休みにおすすめしたいこと

 
#春休み はともすれば何もせずにあっという間に過ぎ去ってしまいます。まだやることを決めていない方は、3日や5日の短期間で、一気に高校入試や大学入試の漢字、現代文の語彙を詰め込むのもいい考えです。
高校入試の漢字、語彙、意外とバカにできません。短期で集中して、ぜひぜひやってみてください。

 

 画像をクリックするとアマゾンに飛びます
 画像をクリックするとアマゾンに飛びます

PSそれにしても、漢字検定申し込みまで1ヶ月のこの時期にこの記事、#漢字検定 のプロモーションじゃないかと勘ぐってしまいます。