十訓抄行成と実方品詞分解

  • LINEで送る

東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

助動詞:薄緑のマーカーです
敬語:緑のマーカーです
係り結び:オレンジのマーカーです。

この作品のこんな話が欲しいというのがあったら、

ぜひ教えてくださいね!

 

今回は、突然無礼なことをされても、

冷静でいられる男性って素晴らしいよね!というお話です。

本文

大納言行成卿、いまだ殿上人おはしましける時、

実方の中将、いかなる憤りありけん

殿上に参り合ひて言ふこともなく。行成の冠を打ち落として、

小庭に投げ捨ててけり

品詞分解

大納言行成卿 名詞
いまだ 副詞
殿上人 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
て、 接続助詞
おはし サ行変格活用補助動詞「おはす」連用形 尊敬語 補助動詞 作者⇒行成 いらっしゃる
ける 過去の助動詞「けり」連体形
名詞
実方の中将 名詞
いかなる ナリ活用形容動詞「いかなり」連体形
憤り 名詞
係助詞(係り結び)
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けん 過去推量の助動詞「けむ(ん)」連体形(「か」結び)
殿上 名詞
格助詞
参り合ひ ハ行四段活用動詞「参り合ふ」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒殿上(帝) (行き合ふ、来合う)参上して出会う
接続助詞
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
こと 名詞
係助詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
行成 名詞
格助詞
名詞
格助詞
打ち落とし サ行四段活用動詞「打ち落とす」連用形
接続助詞
小庭 名詞
格助詞
投げ捨て タ行下二段活用動詞「投げ捨つ」連用形
完了の助動詞「つ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

本文

行成、少しも騒がずして、主殿寮を召して、「冠取りて参れ。」

とて、冠して、守り刀より笄抜き出だして、鬢かいつくろひて、

居直りて、「いかなることさうらふ

たちまちにかほどの乱罰にあづかるべきことこそ

おぼえはべらね。

そのゆゑを承りて後のことはべるべからん

と事うるはしく言はれけり。実方はしらけて、逃げにけり

品詞分解

行成 名詞
少しも 副詞
騒が ガ行四段活用動詞「騒ぐ」未然形
打消 の助動詞「ず」連用形
して 接続助詞
主殿寮 名詞
格助詞
召し サ行四段活用動詞「召す」連用形
接続助詞
「冠 名詞
取り ラ行四段活用動詞「取る」連用形
接続助詞
参れ。」 ラ行四段活用動詞「参る」命令形 謙譲語 本動詞 行成⇒行成 (来)参る
格助詞
接続助詞
冠し サ行変格活用動詞「冠す」連用形
接続助詞
守り刀 名詞
より 格助詞
名詞
抜き出だし サ行四段活用動詞「抜き出だす」連用形
て、 接続助詞
名詞
かいつくろひ ハ行四段活用動詞「かいつくろふ」連用形「かきつくろふ」のイ音便
接続助詞
居直り ラ行四段活用動詞「居直る」連用形
て、 接続助詞
「いかなる ナリ活用形容動詞「いかなり」連体形
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続助詞
さうらふ ハ行四段活用動詞「さうらふ」連体形 丁寧語 補助動詞 行成⇒実方 (あり)ございます
係助詞(係り結び)
ラ行変格活用動詞「あり」未然形「あら」省略形
ん。 推量の助動詞「む(ん)」連体形(「や」結び)
たちまちに 副詞
かほど 副詞
格助詞
乱罰 名詞
格助詞
あづかる ラ行四段活用動詞「あづかる」終止形
べき 当然の助動詞「べし」連体形
こと 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
おぼえ ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」連用形
はべら ラ行変格活用動詞「はべり」未然形 丁寧語 補助動詞 行成⇒実方 (あり)ございます
ね。 打消 の助動詞「ず」已然形(「こそ」結び)
代名詞
格助詞
ゆゑ 名詞
格助詞
承り ラ行四段活用動詞「承る」連用形 謙譲語 本動詞 行成⇒実方 (聞く)うかがう
接続助詞
名詞
格助詞
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞(係り結び)
はべる 丁寧語補助動詞ラ行変格活用「はべり」連体形
べから 当然の助動詞「べし」未然形
ん。」 推量の助動詞「ん」連体形(「や」結び)
格助詞
事うるはしく シク活用形容詞「事うるはし」連用形
言は ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形
尊敬の助動詞「る」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
実方 名詞
係助詞
しらけ カ行下二段活用動詞「しらく」連用形
接続助詞
逃げ ガ行下二段活用動詞「逃ぐ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

本文

折しも、小蔀より、主上御覧じて、「行成はいみじき者なり。

かくおとなしき心あらこそ思はざりしか。

とて、そのたび、蔵人の頭空きけるに、

多くの人を越えてなされにけり。

品詞分解

折りしも 副詞
小蔀 名詞
より 格助詞
主上 名詞
御覧じ サ行変格活用動詞「御覧ず」連用形 尊敬語 本動詞 作者⇒主上 (見る)御覧になる
接続助詞
「行成 名詞
係助詞
いみじき シク活用形容詞「いみじ」連体形
名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形
かく 副詞
おとなしき シク活用形容詞「おとなし」連体形
名詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
推量の助動詞「む」終止形
格助詞
こそ 係助詞(係り結び)
思は ハ行四段活用動詞「思ふ」未然形
ざり 打消 の助動詞「ず」連用形
しか。」 過去の助動詞「き」已然形(「こそ」結び)
格助詞
接続助詞
代名詞
格助詞
たび 名詞
蔵人の頭 名詞
空き カ行四段活用動詞「空く」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続助詞
多く ク活用形容詞「多し」連用形
格助詞
名詞
格助詞
越え ヤ行下二段活用動詞「越ゆ」連用形
接続助詞
なさ サ行四段活用動詞「なす」未然形
尊敬の助動詞「る」連用形 尊敬語 助動詞 作者⇒主上 ~なさる
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

本文

実方をば、中将を召して、「歌枕見て参れ。」とて、

陸奥の守になして流し遣はされける。

やがて、かしこにて失せにけり。

品詞分解

実方 名詞
格助詞
ば、 係助詞
中将 名詞
格助詞
召し サ行四段活用動詞「召す」連用形 尊敬語 本動詞 作者⇒主上 (差し出させる)お取り上げになる
て、 接続助詞
「歌枕 名詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
接続助詞
参れ。」 ラ行四段活用動詞「参る」命令形 謙譲語 本動詞 主上→主上 (行く)参る
格助詞
接続助詞
陸奥の守 名詞
格助詞
なし サ行四段活用動詞「なす」連用形
接続助詞
流し サ行四段活用動詞「流す」連用形
遣はさ サ行四段活用動詞「遣はす」未然形 尊敬語 本動詞 作者⇒主上 (遣る)お遣わしになる
尊敬の助動詞「る」連用形 尊敬語 助動詞 作者⇒主上 ~なさる
ける。 過去の助動詞「けり」連体形
やがて ふくし
かしこ 代名詞
にて 格助詞
失せ サ行下二段活用動詞「失す」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

本文

実方、蔵人の頭にならでやみにけるを恨みて、

執とまりて、雀になりて、殿上の小台盤に居て、

台盤を食ひけるよし、人言ひけり。

品詞分解

実方 名詞
蔵人の頭 名詞
格助詞
なら ラ行四段活用動詞「なる」未然形
接続助詞
やみ マ行四段活用動詞「やむ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
格助詞
恨み マ行上二段活用動詞「恨む」連用形
て、 接続助詞
名詞
とまり ラ行四段活用動詞「とまる」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
接続助詞
殿上 名詞
格助詞
小台盤 名詞
格助詞
ワ行上一段活用動詞「居る」連用形
接続助詞
台盤 名詞
格助詞
食ひ ハ行四段活用動詞「食ふ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
よし、 名詞
名詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

本文

一人は、忍に耐へざるによりて前途を失ひ、

一人は、忍を信ずるによりて褒美にあへるたとひなり。

品詞分解

一人 名詞
係助詞
名詞
格助詞
耐へ ハ行下二段活用動詞「耐ふ」未然形
ざる 打消 の助動詞「ず」連体形
格助詞
より ラ行四段活用動詞「よる」連用形
接続助詞
前途 名詞
格助詞
失ひ、 ハ行四段活用動詞「失ふ」連用形
一人 名詞
係助詞
名詞
格助詞
信ずる サ行変格活用動詞「信ず」連体形
格助詞
より ラ行四段活用動詞「よる」連用形
接続助詞
褒美 名詞
格助詞
あへ ハ行四段活用動詞「あふ」已然形
完了の助動詞「り」連体形
たとひ 名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ