更級日記鏡の影鏡のお告げ母、一尺の鏡を品詞分解

  • LINEで送る

ヴェローナクラシック 猫脚象嵌ドレッサー&スツール イタリア 家具 ヨーロピアン アンティーク風

母、一尺の鏡を鋳させて、えゐて参らぬかはりにとて、

僧を出だしたてて、初瀬に詣でさすめり。

「三日さぶらひて、この人のあべからむさま、夢に見せ給へ。」

など言ひて、詣でさするなめり。

そのほどは精進せさす。

名詞
一尺 名詞
格助詞
名詞
格助詞
ヤ行上一段活用動詞「鋳る」未然形
させ 使役の助動詞「さす」連用形
て、 接続助詞
副詞
ワ行上一段活用動詞「ゐる」連用形
接続助詞
参ら ラ行四段活用動詞「参る」未然形 謙譲語 本動詞 作者⇒寺 お参りする
打消 の助動詞「ず」連体形
かはり 名詞
格助詞
格助詞
接続助詞
名詞
格助詞
出だしたて タ行下二段活用動詞「出だしたつ」連用形
て、 接続助詞
初瀬 名詞
格助詞
詣で ダ行下二段活用動詞「詣づ」未然形
さす 使役の助動詞「さす」終止形
めり。 推量の助動詞「めり」終止形
「三日 名詞
さぶらひ ハ行四段活用動詞「さぶらふ」連用形 謙譲語 本動詞 母→僧 (行く)参る、お籠りする
て、 接続助詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
ラ行変格活用動詞「あり」連体形「ある」撥音便「あん」の「ん」無表記形
べから 当然の助動詞「べし」未然形
仮定婉曲の助動詞「む」連体形
さま、 名詞
名詞
格助詞
見せ サ行下二段活用動詞「見す」連用形
給へ。」 ハ行四段活用動詞「給ふ」命令形 尊敬語 補助動詞 母→僧 ~なさる
など 副助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
接続助詞
詣で ダ行下二段活用動詞「詣づ」未然形
さする 使役の助動詞「さす」連体形
断定の助動詞「なり」連体形「なる」撥音便「なん」の「ん」無表記形
めり。 推量の助動詞「めり」終止形
代名詞
格助詞
ほど 名詞
係助詞
精進せ サ行変格活用動詞「精進す」未然形
さす。 使役の助動詞「さす」終止形

この僧帰りて、「夢をだに見でまかでなむが本意なきこと、

いかが帰りても申すべきと、いみじう額づき行ひて寝たりしかば、

御張の方より、いみじう気高う清げにおはする女の、

うるはしくさうぞき給へるが、奉りし鏡をひきさげて、

代名詞
格助詞
名詞
帰り ラ行四段活用動詞「帰る」連用形
て、 接続助詞
「夢 名詞
格助詞
だに 副助詞
マ行上一段活用動詞「見る」未然形
接続助詞
まかで ダ行下二段活用動詞「まかづ」連用形 謙譲語 本動詞 僧→寺 (退く)退出する
確述(強意)の助動詞「ぬ」未然形
仮定婉曲の助動詞「む」連体形
格助詞
本意なき ク活用形容詞「本意なし」連体形
こと 名詞
いかが 副詞(係り結び)
帰り ラ行四段活用動詞「帰る」連用形
接続助詞
係助詞
申す サ行四段活用動詞「申す」終止形 謙譲語 本動詞 僧→(母) (言ふ)申し上げる
べき 当然の助動詞「べし」連体形(「いかが」結び)
と、 格助詞
いみじう シク活用形容詞「いみじ」連用形「いみじく」ウ音便
額づき行ふ ハ行四段活用複合動詞「額づき行ふ」連用形
接続助詞
寝(ね) ナ行下二段活用動詞「寝(ぬ)」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
しか 過去の助動詞「き」已然形
ば、 接続助詞
御張 接頭語+名詞
格助詞
名詞
より、 格助詞
いみじう シク活用形容詞「いみじ」連用形「いみじく」ウ音便
気高う 接頭語+ク活用形容詞「高し」連用形「高く」ウ音便
清げに ナリ活用形容動詞「清げなり」連用形
おはする サ行変格活用動詞「おはす」連体形 尊敬語 補助動詞 作者⇒女 (いる)いらっしゃる
名詞
格助詞
うるはしく シク活用形容詞「うるはし」連用形
さうぞき カ行四段活用動詞「さうぞく」連用形
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者⇒女 ~なさる
完了の助動詞「り」連体形
が、 格助詞
奉り ラ行四段活用動詞「奉る」連用形 謙譲語 本動詞 作者⇒女(寺) (贈る)献上する
過去の助動詞「き」連体形
名詞
格助詞
ひきさげ ガ行下二段活用動詞「ひきさぐ」連用形
て、 接続助詞

『この鏡には、文や添ひたりし。』と問ひ給へば、かしこまりて、

『文もさぶらはざりき。「この鏡をなむ奉れ」と侍りし。』と答へ奉れば、

『あやしかりけることかな。文添ふべきものを』とて、

『この鏡を、こなたに写れる影を見よ。これを見れば、

あはれに悲しきぞ。』とて、さめざめと泣き給ふを見れば、

臥しまろび泣き嘆きたる影写れり。

代名詞
格助詞
名詞
格助詞
は、 係助詞
名詞
係助詞(係り結び)
添ひ ハ行四段活用動詞「添ふ」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
し。』 過去の助動詞「き」連体形(「や」結び)
格助詞
問ひ ハ行四段活用動詞「問ふ」連用形
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者⇒女 ~なさる
ば、 接続助詞
かしこまり ラ行四段活用動詞「かしこまる」連用形
接続助詞
『文 名詞
係助詞
さぶらは ハ行四段活用動詞「さぶらふ」未然形 丁寧語 本動詞 僧→女 (あり)あります
ざり 打消 の助動詞「ず」連用形
き。 過去の助動詞「き」連体形
「こ 代名詞
格助詞
名詞
格助詞
なむ 係助詞(係り結び)
奉れ」 ラ行四段活用動詞「奉る」命令形(係り結びは流れている) 謙譲語 本動詞 母→寺 (贈る)献上する
格助詞
侍り ラ行変格活用動詞「侍り」連用形 丁寧語 本動詞 僧→女 (あり)ございます
し。』 過去の助動詞「き」連体形
格助詞
答へ ハ行下二段活用動詞「答ふ」連用形
奉れ ラ行四段活用動詞「奉る」已然形 謙譲語 補助動詞 作者⇒女 ~申し上げる
ば、 接続助詞
『あやしかり シク形容詞「あやし」連用形
ける 詠嘆の助動詞「けり」連体形
こと 名詞
かな。 終助詞
名詞
添ふ ハ行四段活用動詞「添ふ」終止形
べき 当然の助動詞「べし」連体形
もの 名詞
を。』 接続助詞
格助詞
て、 接続助詞
『こ 代名詞
格助詞
名詞
格助詞
こなた 代名詞
格助詞
写れ ラ行四段活用動詞「写る」已然形
完了の助動詞「り」連体形
名詞
格助詞
見よ。 マ行上一段活用動詞「見る」命令形
これ 代名詞
見れ マ行上一段活用動詞「見る」已然形
ば、 接続助詞
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
悲しき シク活用形容詞「悲し」連体形
ぞ。』 係助詞終助詞的な用法
格助詞
て、 接続助詞
さめざめと 副詞
泣き カ行四段活用動詞「泣く」連用形
給ふ ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者⇒女 ~なさる
格助詞
見れ マ行上一段活用動詞「見る」已然形
ば、 接続助詞
臥しまろび バ行四段活用動詞「臥しまろぶ」連用形
泣き嘆き カ行四段活用動詞「泣き嘆く」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
名詞
写れ ラ行四段活用動詞「写る」已然形
り。 完了の助動詞「り」終止形

『この影を見れば、いみじう悲しな。これを見よ。』とて、

いま片つ方に写れる影を見せ給へば、御簾ども青やかに

几帳おし出でたる下より、いろいろの衣こぼれ出で、

梅、桜咲きたるに、鶯木伝ひ鳴きたるを見せて、

『これを見るは嬉しな。』とのたまふとなむ見えし。」と

語るなり。いかに見えけるぞとだに、耳もとどめず。

代名詞
格助詞
名詞
格助詞
見れ マ行上一段活用動詞「見る」已然形
ば、 接続助詞
いみじう シク活用形容詞「いみじ」連用形「いみじく」ウ音便
悲し シク活用形容詞「悲し」終止形
な。 終助詞 詠嘆
これ 代名詞
見よ。』 マ行上一段活用動詞「見る」命令形
格助詞
て、 接続助詞
いま 副詞
片つ方 名詞
格助詞
写れ ラ行四段活用動詞「写る」已然形
完了の助動詞「り」連体形
名詞
格助詞
見せ サ行下二段活用動詞「見す」連用形
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者⇒女 ~なさる
ば、 接続助詞
御簾ども 名詞+接尾語
青やかに ナリ活用形容動詞「青やかなり」連用形
几帳 名詞
おし出で ダ行下二段活用動詞「おし出づ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
に、 格助詞
名詞
木伝ふ ハ行四段活用動詞「木伝ふ」連用形
鳴き カ行四段活用動詞「鳴く」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
格助詞
見せ サ行下二段活用動詞「見す」連用形
て、 接続助詞
『これ 代名詞
格助詞
見る マ行上一段活用動詞「見る」連体形
係助詞
嬉し シク活用形容詞「嬉し」終止形
な。』 終助詞
格助詞
のたまふ ハ行四段活用動詞「のたまふ」終止形 尊敬語 本動詞 作者⇒女 (言ふ)おっしゃる
格助詞
なむ 係助詞(係り結び)
見え ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」連用形
し。」 過去の助動詞「き」連体形
格助詞
語る ラ行四段活用動詞「語る」終止形
なり。 伝聞推定の助動詞「なり」終止形
いかに ナリ活用形容動詞「いかなり」連用形(係り結び)
見え ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
係助詞終助詞的な用法
格助詞
だに、 副助詞
名詞
係助詞
とどめ マ行下二段活用動詞「どどむ」未然形
ず。 打消 の助動詞「ず」終止形

古文全訳品詞分解記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ