源氏物語賢木野宮の別れ品詞分解現代語訳助動詞敬語5

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

御息所「 神垣はしるしの杉もなきものをいかにまがへて折れる榊ぞ 」

と聞こえ給へば、

源氏「 少女子があたりと思へば榊葉の香をなつかしみとめてこそ折れ 」

おほかたのけはひわづらはしけれど、御簾ばかりはひき着て、長押にお

しかかりてゐ給へり。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*