源氏物語賢木野宮の別れ品詞分解現代語訳助動詞敬語9

  • LINEで送る

こんにちは。『逆転合格メーカー』コシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

「 暁の別れはいつも露けきをこは世に知らぬ秋の空かな 」

出でがてに、御手をとらへてやすらひ給へる、いみじうなつかし。

風、いと冷やかに吹きて、松虫の鳴きからしたる声も、折知り顔なるを、

さして思ふことなきだに、聞き過ぐしがたげなるに、まして、わりなき御

心惑ひどもに、なかなか、こともゆかぬにや。

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ