本文

麓に一つの柴のいほりあり。すなはち、この山守(やまもり)がを(居)る所なり。かしこに、小童(こわらわ)あり。ときどき(時々)来たりて、あひ訪ふ(とぶらふ)。もし、(1)つれづれなる時は、これを友として、遊行す。かれは十歳、これは六十、その齡(よわい)ことのほか(外)なれど、心をなぐさ(慰)むること、これ同じ。ある(或)いは茅花(つばな)を抜き、岩梨を採り、零余子(ぬかご)をも(盛)り、芹(せり)を摘む。あるいは裾廻(すそわ)の田居(たい)に至りて、落ち穂を拾ひて、穂組(ほぐみ)をつくる。もし、うららかなれば、峰によぢのぼりて、はる(遥)かに故郷(ふるさと)の空を望み、木幡山(こはたやま)・伏見の里・鳥羽・羽束師(はつかし)を見る。(2)勝地は主なければ、心をなぐさ(慰)むるにさは(障)りなし。歩み煩ひなく、志遠くいたる時は、これより峰つづき、炭山を越え、笠取を過ぎて、あるいは石間(いはま)にまうで、あるいは石山を拝む。

 

駒澤大学ではこう聞かれた

(1)つれづれなる時の意味は?

何もすることがない時

「つれづれなり=何もすることがなく手持ち無沙汰だ」を暗記しておこう

(2)勝地は主なければ、心をなぐさ(慰)むるにさは(障)りなしとはどういうことか?

きれいな景色は本来誰のものでもないので、遠慮なくたのしむことができる、ということ

「主なけれ⇒持ち主がいない」「さはり(障り=障害)なし」で判断しよう

本文

帰るさには、折につけつつ、桜を狩り、紅葉をもとめ、蕨(わらび)を折り、木の実を拾ひて、かつは仏にたてまつり、かつは家土産(いえづと)とす。もし夜静かなれば、窓の月に故人をしのび、猿の声に袖をうるほす。草むらの蛍は、遠く槇(まき)の篝火(かがりび)にまがひ、曉の雨は、おのづから木の葉吹く嵐に似たり。山鳥のほろと鳴くを聞きても、父か母かと疑ひ、峰の鹿かせぎの近く馴れたるにつけても、世にとほざかる程を知る。あるいはまた、埋み火(うずみび)をかきおこして、老いの寝覚めの友とす。恐ろしき山ならねば、梟(ふくろふ)の声をあはれむにつけても、山中の景気折につけて尽くることなし。(3)いはむや、深く思ひ、深く知らむ人のためには、これにしも限るべからず。

帰り道は、春には桜狩りをしたり、秋は紅葉拾いをしたり、蕨を折り採ってみたり、木の実を拾ったりもした。それらは仏様へのお供え物になったり、自分の家に持ち帰るお土産になったりもした。

 

駒澤大学ではこう聞かれた

(3)いはむや、深く思ひ、深く知らむ人のためには、これにしも限るべからず。の意味内容は?

山には四季折々の風情があるが、深いものの見方をする人にとっては、他にも味わい深いものがあるだろう

「いはむや」は「いうまでもなく、まして」

ラ行四段活用動詞「知る」未然形+婉曲の助動詞「む」連体形で「物事を深く知るような人」

本文

おほかた、この所に住み始めし時は、(4)あからさまと思ひしかども、今すでに五年いつとせを経たり。仮の庵も、ややふるさとと①なりて、軒に朽葉くちば深く、土居つちゐこけむせり。おのづからことの頼りに都を聞けば、この山に籠りゐ(居)て後、(5)やむごとなき人の隠れたまへるも、あまた聞ゆ。まして、その数②ならぬたぐひ、尽くしてこれを知るべからず。たびたびの炎上に滅びたる家またいくばくぞ。ただ仮の庵のみのどけくして恐れなし。ほど狭しといへども、夜ゆかあり、昼居る座あり。一身を宿すに不足なし。寄居(かむな)は小さき貝を好む。これ、こと知れるによりて③なり。みさごは荒磯にる。すなはち、人を恐るるがゆゑ④なり。我またかくのごとし。

ことを知り世を知れれば、願はず、わしらず。ただ静か⑤なるを望みとし、憂へ無きを楽しみとす。

 

駒澤大学ではこう聞かれた

(4)あからさまと思ひしかどもの意味は?

短い間だと思ったが

「あからさま」急な様子、一時的な様子を表す。

ゴロゴだと「あからさまではついちょっと」で覚えておこう

 

 

①から⑤の「なり」のうち同じ品詞はどれとどれ?

③と④(と②。実際の問題は選択肢の組み合わせのため②は入っていません)

①動詞ラ行四段活用動詞「なる」の連用形become

②断定の助動詞「なり」の未然形

③断定の助動詞「なり」の終止形

④断定の助動詞「なり」の終止形

⑤ナリ活用形容動詞「静かなり」の連体形活用語尾

(5)やむごとなき人の隠れたまへるを現代語訳すると?

高貴なお方がお亡くなりになったこと

「やむごとなし」は「やむを得ない、並々でない、高貴である、尊い」

「隠る」は「亡くなる」

「る」は完了の助動詞「り」の已然形

「たまへ」の尊敬表現を忘れないようにしよう。